« 2015年7月27日 | トップページ | 2015年7月29日 »

2015年7月28日

2015年7月28日 (火)

多摩信金がプレミアム商品券を職員らに優先販売(28日)NHK

東京・立川市に本店がある多摩信用金庫の8つの支店が、東京・八王子市のプレミアム商品券150万円分余りを行列に並んでいた人たちに公平に販売せず、職員50人以上や顧客に優先的に販売していたことが分かり、八王子市は近く抗議することにしています。
八王子市は5000円で購入すれば6000円分の買い物ができるプレミアム商品券を3万500セット用意し、今月15日から市内の金融機関などに委託して第2次の販売を始めました。
購入は先着順で、このうち多摩信用金庫の大和田支店では400セットを用意し、1世帯5セットまで買えることから少なくとも80世帯の80人は購入できたはずですが、70人しか買えませんでした。
このため、多摩信用金庫が調査したところ、大和田支店を含む市内8つの支店でプレミアム商品券合わせて302セット、購入金額で151万円分を職員56人や顧客5人に優先的に販売していたことが分かったということです。
多摩信用金庫によりますと、購入した職員のうち9人は限度を超える5セット以上を購入していて、中には「知人に頼まれた」として、25セットも購入した職員がいたということです。
多摩信用金庫は302セットの商品券のうち、まだ使われていない260セットを回収して市に返したほか、すでに使われた商品券や顧客に販売した42セット分については、上乗せの1000円分、合わせて4万2000円を返金するということです。
多摩信用金庫は「6月の1次販売の際に商品券が売れ残ったため2次販売も売れ残るとみて職員や顧客に優先的に販売した」と説明していて、「市民の皆様や関係先にご迷惑をおかけしたことを深く反省し、おわび申し上げます。関与した職員を厳正に処分する方針です」と話しています。
八王子市は公平な販売が行われていなかったとして、近く多摩信用金庫に抗議するとしています。

これまでの経緯

八王子市は、ことし6月の1次販売の際、市内の全世帯に整理券を郵送して全世帯の半数近くが購入するという予測のもと、およそ13万3000セットのプレミアム商品券を用意し、1世帯1セット限定で販売しました。
ところが、3万500セットが売れ残ったため、残った分の販売を2次販売として、今月15日から先着順で始めました。
市によりますと、2次販売の3万500セットはその日のうちに完売し、購入できなかった人から市に問い合わせが相次いだということです。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150728/k10010169781000.html

News_pic1_6

| コメント (0)

コンビニ強盗容疑の男、職務質問受け自分の首刺す 岐阜(28日)産経

28日午前2時50分ごろ、岐阜市柳津町上佐波5丁目のコンビニ店に40代の男が押し入り、刃物で店員を脅し、商品を奪って車で逃げた。
 県警岐阜羽島署員が店から約7キロ離れた路上で、目撃情報と一致する車を発見。停車させ運転席の男に職務質問すると、男は車外に出て自分の首や腹を刃物で刺した。病院に運ばれたが、意識はあり会話はできる状態という。
 岐阜羽島署によると、男は店員を粘着テープのようなもので縛ろうとしたが、ほかの客が来たためおにぎり数個と飲み物を奪って逃走した。 同署は男の回復を待って強盗容疑で調べる。http://www.sankei.com/west/news/150728/wst1507280029-n1.html

| コメント (0)

3歳の娘を殴り死なせた疑い 沖縄県警、義父を逮捕(28日)朝日

3歳の娘に暴行を加えて死なせたとして、沖縄県警は28日、義父で同県宮古島市内の建設作業員、伊良部和士容疑者(21)を傷害致死の疑いで逮捕し、発表した。県警によると「言うことを聞かなかったので腹が立って暴力を振るった」と容疑を認めているという。
 県警によると、伊良部容疑者は26日午後6時10分ごろ、自宅で娘を床に突き倒すなどして死亡させた疑いがある。娘は頭を強く打ち、搬送先の病院で翌27日朝に亡くなった。妻が119番通報し、病院から警察に連絡があったという。
 伊良部容疑者は妻と子ども4人の6人暮らし。妻は今年5月、「夫が長男にけがを負わせた」と警察に通報したが被害届を出さなかった。県警は同月、子ども4人を虐待している恐れがあるとして児童相談所に通告。6月には児童相談所からの依頼で警察官が自宅を訪ねたが、妻は「夫は落ち着いている」と説明したという。

Logo2
http://www.asahi.com/articles/ASH7X5WFJH7XTPOB003.html

| コメント (0)

自販機に火、現金窃盗 容疑の22歳男逮捕 富士宮(28日)共同

自動販売機に火を付け、現金を盗んだとして、富士宮署と静岡県警特捜イーグル、捜査3課、機動捜査隊は28日、窃盗の疑いで富士宮市舞々木町、建設作業員の男(22)を現行犯逮捕した。

■連続不審火への関与供述
 富士宮、富士両市で6月下旬から、小銭の窃盗目的とみられる自販機の不審火が相次いでいた。捜査関係者によると、容疑者はほかの6件についても関与をほのめかしているという。県警が裏付け捜査を進める。
 逮捕容疑は同日午前3時15分ごろ、富士宮市東阿幸地の食品販売店敷地内で、自販機から5200円を盗んだ疑い。同署によると、自販機の釣り銭口付近を燃やし、現金を盗む手口。釣り銭口にティッシュを詰め込み、ライターで火を付けたとみられる。
 自販機の不審火は6月27日以降、このほかに富士宮市で4件、富士市で2件あった。いずれも午前3〜4時台に発生し、同署などは同一犯の可能性も視野に捜査していた。

■連夜の張り込み結実
 富士宮、富士市で6月下旬から連続発生していた小銭の窃盗目的とみられる自動販売機の不審火。警察は連日、地道な捜査を続けてきた。28日未明、他の自販機の不審火についても関与が疑われる容疑者逮捕の一報を受け、住民は安堵(あんど)の声を上げた。
 逮捕現場となった真夜中の食品販売店駐車場。「動くな」―。捜査員の怒号が響いた。火の付いた自販機から硬貨を盗み、車で逃走しようとする容疑者の男(22)=富士宮市舞々木町=。追い掛ける捜査員。緊迫の逮捕劇が繰り広げられた。
 自販機の不審火が相次いだ国道139号沿いを中心に、捜査員は十数人態勢で連夜の張り込みを続けた。捜査関係者によると、自販機が燃えるオレンジ色の光を見つけ、そばにいた同容疑者の身柄確保に踏み切った。
 現場近くの70代男性は「怒鳴り声が数回聞こえ、外を見ると騒ぎになっていた。(容疑者が)捕まって本当に良かった」と胸をなで下ろした。

2010_0123_11120247newslogo1_2
http://www.at-s.com/news/detail/1174218363.html

| コメント (0)

ZOO元メンバーを再逮捕=覚せい剤など使用容疑-警視庁(28日)時事

覚せい剤とコカインを使用したとして警視庁組織犯罪対策5課は28日、覚せい剤取締法、麻薬取締法違反(いずれも使用)容疑で、ダンスユニット「ZOO」の元メンバー坂井俊浩容疑者(46)=東京都渋谷区広尾=を再逮捕した。同課によると容疑を認めている。
 逮捕容疑は6月下旬~今月7日、都内またはその周辺で覚せい剤とコカインを使用した疑い。
 同課は7日、昨年12月に新宿区歌舞伎町のホテルで密売人から覚せい剤を買ったとして、麻薬特例法違反容疑で坂井容疑者を逮捕していた。逮捕後の尿鑑定で陽性反応が出たという。(2015/07/28-19:21)

2015/07/28-19:21

| コメント (0)

アニメ歌手のチケット譲ると嘘 少年が現金“詐取”(28日)テレビ朝日

アニメ歌手のコンサートチケットを譲ると持ち掛け、現金をだまし取った疑いです。
 無職の少年(17)は、ツイッターに人気アニメソング歌手のコンサートチケット4枚を譲るなどと嘘の書き込みをして、男性2人からチケット代として合わせて2万4000円をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、少年は「だまし取った金は、別のアニメソング歌手のチケット代などに使った」と話しています。警視庁は、少年が同様の手口で約120万円をだまし取ったとみて調べています。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000055635.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(28、29日単位・レベル)
被害者の立場になって
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011011 性犯罪の罰則強化について議論を進めている審議会が名付けたのは「魂の殺人」だという。卑劣極まりない「魂の殺人」はあいもかわらず続いている。
 就寝中に侵入し男に約10時間にわたって監禁されたうえ乱暴され、その上で現金を奪われるという熾烈な事件があった。警視庁は50歳の男を逮捕した。
 さらに東京・中野区の路上では、帰宅途中の20代の女性を押し倒して口にタオルを入れたうえ、スカートの中に手を入れるなど、わいせつな行為をした24歳の男が警視庁に逮捕された。
 そればかりではない。目黒区内の路上で帰宅途中の23歳の女性に声を掛け、近くの駐車場に連れ込んで乱暴したとして30歳の男が警視庁に逮捕されたが、周辺では女性に声をかける同様事件が多数目撃されている。
 警察庁によると今年上半期(1~6月)の強姦の認知件数は584件。強制わいせつは3217件。強制わいせつの検挙率58.9%に対して強姦は90.1%を誇る。
 いずれの事件も卑劣きわまりない許せない行為だ。こうした行為を「許さない」「逃がさない」対処方も進められている。
 埼玉県警が電車内などて痴漢被害に遭った場合、特殊なインクを使った「痴漢対策ツール」の開発に取り組んでいるが、今度は大阪府が強姦された場合、女性から採取した加害者の体液を長期間保存するという制度を始めたという。
 目的は被害に遭った直後に警察に相談することをためらう女性が多いことから、時間をおいた告訴でも、体液の証拠を保全できるようにするもの。
 もちろん、被害者が病院に相談した場合に同意を得て採取するという。即、検挙に繋がるものではないが、「魂の殺人」被害者の心情を思い図っての制度と言える。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

駅でスカート内盗撮容疑 田代まさしさん書類送検 警視庁(28日)産経

女性のスカート内を盗撮したとして、警視庁玉川署は28日、東京都迷惑防止条例違反容疑で、都内に住む元タレントの田代まさしさん(58)を書類送検した。同署によると、容疑を認めている。
 送検容疑は6日、東急田園都市線二子玉川駅(世田谷区)のホームで、女性のスカートの中を携帯電話で盗撮したとしている。
 目撃者の通報を受けて駆けつけた警察官が近くにいた田代さんから事情聴取したところ、盗撮を認めたため同署が捜査を進めていた。女性はその場を立ち去り、被害届は出ていない。
 田代さんは覚せい剤取締法違反などの罪で実刑判決を受け、昨年出所した後は薬物依存症更生施設「日本ダルク」で活動している。

関連ニュース

田代まさしさん、スカート内盗撮の疑い 二子玉川駅で 警視庁が聴取、書類送検へ

| コメント (0)

山口・周南5人殺害で死刑判決(28日)NHK

おととし山口県周南市で男女5人を殺害したなどとして殺人と放火の罪に問われた65歳の被告に対し、山口地方裁判所は検察の求刑どおり、死刑を言い渡しました。
山口県周南市の無職、保見光成被告(65)はおととし7月、同じ集落に住む男女5人を木の棒で殴って殺害し、住宅2棟に火をつけて全焼させたとして、殺人と放火の罪に問われました。
山口地方裁判所で行われてきた裁判員裁判で、保見被告の事件当時の責任能力が主な争点になり、検察は「精神障害があったものの影響は著しいものではなく被告の責任能力はあった。社会を震かんさせた凶悪な事件で、残忍な犯行だ」として死刑を求刑しました。
これに対し、弁護側は「当時、被告は周囲が自分に危害を加えようとしているなどと誤った思い込みをする『妄想性障害』の影響を強く受けていて、判断能力はほとんどないに等しい」として無罪を主張していました。
午後3時から始まった判決の言い渡しで、大寄淳裁判長は冒頭で刑の重さを告げず、理由から先に読み上げ始めました。
この中で、裁判長は検察の求刑どおり、保見被告に死刑を言い渡しました。

News_pic1_5http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150728/k10010169401000.html

| コメント (0)

JR所有雑木林で大麻草栽培か (28日)NHK

東京・瑞穂町のJR東日本が所有する雑木林で、大麻草50本あまりを栽培していたとして、40歳のアルバイトが警視庁に逮捕されました。
大麻草は雑木林に目立たないように栽培されていたということで、警視庁が詳しいいきさつを調べています。
逮捕されたのは、東京・福生市のアルバイト、秋山貴洋容疑者(40)です。
警視庁の調べによりますと、秋山容疑者は、東京・瑞穂町にあるJR東日本が所有する雑木林で、勝手に大麻草54本を栽培していたなどとして、大麻取締法違反の疑いがもたれています。
ことし5月「大麻草のようなものが植えられている」という情報が寄せられ、捜査を進めたところ、秋山容疑者が頻繁に出入りして大麻草に肥料を与えたり、雑草を抜いたりしている姿を確認したということです。
警視庁によりますと、調べに対し、秋山容疑者は「自分で吸うために栽培した」と、容疑を認めているということです。
大麻草はほかの雑草にまぎれて雑木林に目立たないように大量に栽培されていたことから、警視庁は、どのような目的で栽培していたのか詳しいいきさつを調べています。

News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20150728/3683851.html

| コメント (0)

登山道でナイフ強盗、67歳女性が携帯奪われる 出雲(28日)産経

27日午前9時40分ごろ、島根県出雲市の旅(た)伏(ぶし)山(やま)登山道で、1人で登山をしていた近くの無職の女性(67)が突然現れた男性にナイフのようなものを突きつけられ、携帯電話機1台を奪われた。男性はそのまま登山道を下って逃走。女性にけがなどはなかった。島根県警で強盗事件として捜査している。
 出雲署によると、男性は身長約170センチの細身で、灰色と黒色のまだらの目出し帽に灰色の半袖シャツなどを身につけていた。http://www.sankei.com/west/news/150728/wst1507280014-n1.html

| コメント (0)

「自販機に千円詰まった」と電話し詐欺未遂容疑(28日)読売

神奈川県警浦賀署は27日、横須賀市の無職の男(61)を詐欺未遂容疑で逮捕した。発表によると、男は6月下旬、同市内の自動販売機管理会社に電話をかけ、「自販機に1000円札を入れたが商品が出てこず、お金も詰まった」などとうそを言い、自分の銀行口座に1000円を振り込ませようとした疑い。調べに対し「会社に金を借りようとしただけ」と供述し、容疑を否認している。男の口座には、同業の他の会社からの入金記録が複数あるといい、同署は余罪を調べている。

2015年07月28日 11時12分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

警視総監に警察庁の高橋警備局長が就任へ(28日)NHK

高綱直良警視総監が退任し、警察庁の高橋清孝警備局長が新しい警視総監に就任することになりました。
第92代の警視総監に就任することが決まった高橋氏は千葉県出身の58歳。昭和55年に警察庁に入り、北海道警察本部の本部長や警視庁の警備部長、副総監などを歴任したあと、おととし1月から警察庁の警備局長を務めていました。被害があとを絶たない振り込め詐欺などの「特殊詐欺」への対策や重要未解決事件の捜査のほか、2020年の東京オリンピックとパラリンピックの警備に向けた準備などが課題となります。
退任する高綱警視総監は危険ドラッグの摘発強化などに取り組んだほか、去年のアメリカのオバマ大統領の来日に伴う警備などを指揮しました。
この人事は来月4日に発令されます。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150728/k10010169051000.html

| コメント (0)

熱中症搬送、今年最多に=先週は7392人-総務省消防庁(28日)時事

総務省消防庁は28日、20~26日の1週間に熱中症で救急搬送された人数が今年最多の7392人に上ったと発表した。先週までに各地で梅雨明けが発表され、35度以上の猛暑日となる地点が多かったためとみられる。同庁は小まめな水分補給や適切な室温調整を呼び掛けている。
 搬送された人のうち、死亡したのは3人で、3週間以上の入院が必要な重症患者は156人だった。年齢区分別では、65歳以上の高齢者が3418人で全体の46.2%を占めた。
 都道府県ごとに見ると、搬送者が最も多かったのは東京の827人で、埼玉721人、千葉522人と続く。死者が出たのは千葉、石川、佐賀の3県。 (2015/07/28-11:35)

2015

| コメント (0)

小諸署、旧罪名で男性逮捕 刑法改正で変更 地検不起訴処分に (28日)共同

小諸署と県警捜査1課が、2011年の刑法改正に伴う新罪名「強制執行妨害目的財産損壊等」ではなく、旧罪名「強制執行妨害」の疑いで小諸市の男性を逮捕し、いったん釈放して新罪名の容疑で再逮捕していたことが27日、分かった。男性は送検されたが、地検上田支部は22日付で男性を不起訴処分とし、釈放した。長野地検は不起訴処分の理由を明らかにしていない。
 同署などは今月1日、裁判所による賃料債権の差し押さえを免れるため、12年に不動産物件を賃貸経営している事実を隠したとして、小諸市市の農業、清水孝雄さん(66)を強制執行妨害の疑いで逮捕した。同署によると、上田簡裁への逮捕状の請求もこの罪名で行い、発付された。
 だが、逮捕翌日に長野地検から条文との食い違いを指摘され、正規の罪名で逮捕状の再発布を受け、清水さんを釈放して再逮捕した。「強制執行妨害」は11年7月に施行された改正刑法で「強制執行妨害目的財産損壊等」に変更されていた。
 小諸署の碓井千尋署長は「刑法改正で罪名が細分化されたものの、『強制執行妨害』が包括的な罪名として当てはまると判断した。疑いの事実が変わったわけではない」と主張している。
 取材に対し、清水さんは逮捕容疑の内容を否定。再逮捕について「最初の逮捕は何だったのか、おかしいと思った」とし、「不起訴になったが、(受けた)社会的制裁は大きい」と話している。

2010_0123_11120247newslogo1http://www.shinmai.co.jp/news/20150728/KT150727FTI090034000.php

| コメント (0)

複数による犯行の可能性も(28日)NHK 佐賀

佐賀市の残土置き場で、去年夏から行方不明になっている山口県の男女2人とみられる遺体が見つかった事件で、警察は、2人の身元の確認を急ぐとともに複数が犯行に関わった可能性もあるとみて、男性の交友関係を中心に調べを進めています。
佐賀市久保泉町の残土置き場で、27日から28日にかけて軽乗用車とともに2人の遺体が埋められているのが見つかり、警察では、遺体は山口県下関市の不動産会社経営の70代の男性と知り合いの40代の女性とみて確認を急ぐとともに、死体遺棄事件として捜査しています。
警察は、27日遺体が見つかった残土置き場で、建設用の大型機械を使って土を掘り起こすなどして遺留品などがないかを調べました。
警察のこれまでの調べで、2人のうち男性は、行方不明になる前、自分の会社の従業員に「佐賀の知人に会いに行く」と話していたほか、佐賀県に複数の知人がいて金銭面でのトラブルなどもあったことが分かっています。
警察では、車ごと土の中に埋めるなど犯行が大がかりに行われていることから、複数が関わった可能性もあるとみて、男性の交友関係を中心に、調べを進めています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/5083655101.html?t=1438036294185

| コメント (0)

「右折禁止」規制時間の標識欠落 40年以上? 誤って摘発も(28日)産経

長野県警は27日、長野県安曇野市の県道と市道の交差点にある右折禁止の標識に、規制時間を示す補助標識が取り付けられておらず、記録が残る平成21年から男女3人を誤って時間外に摘発していたと明らかにした。県警は3人に既に謝罪。反則金の返金や違反点数抹消の手続きを進める。
 県警によると、規制が決まったのは昭和47年10月で、規制時間は午前7時から午後9時まで。当時、業者に依頼した書類に補助標識の記載が欠落していることから、当時の担当者が発注を誤り、40年以上不適切な状態だったとみられる。
 今年6月上旬に規制場所で交通取り締まりをするに当たり、安曇野署員が規制内容を確認したことからミスが分かった。
 現場は現状の標識通り24時間規制に変更された。その後、県警が地元住民に意見を聴き、合意を得られたという。http://www.sankei.com/affairs/news/150727/afr1507270040-n1.html

| コメント (0)

少女を旅行かばんに入れ連れ去りか 監禁の容疑者起訴(28日)朝日

奈良県香芝市のリサイクルショップで今月初め、小学6年の少女(11)が行方不明になり、翌日保護された事件で、監禁容疑で逮捕された同県橿原市南八木町1丁目、無職伊藤優(まさる)容疑者(26)が、店の女子トイレの個室で少女を旅行かばんに押し込み、車で連れ去った疑いのあることがわかった。奈良地検は27日、伊藤容疑者を逮捕監禁致傷、未成年者略取、建造物侵入の罪で起訴した。
 起訴状などによると、伊藤容疑者は今月4日午後、香芝市のリサイクルショップのトイレ付近にミニバンを止め、運転席でトイレに向かう女児を物色した。同1時56分ごろ、少女を見て後を追い、トイレの個室に侵入。少女の両手首を結束バンドで縛り、口を粘着テープで塞いだうえで、用意していた旅行かばんに押し込んで連れ去った。
 伊藤容疑者は連れ去りから5日夜に逮捕されるまでの約32時間、少女を車の後部座席に監禁したまま奈良県内を約237キロにわたり走行。少女は縛られていた両手首に約2週間のけがを負った。
残り:305文字/本文:734文字

http://www.asahi.com/articles/ASH7W5CQ5H7WPOMB01G.html

| コメント (0)

障害者給付金詐取容疑で女2人逮捕、中核派か (28日)TBS

障害者の就労訓練の給付金およそ16万円を不正に受給したとして、NPO法人職員の女2人が警視庁に逮捕されました。警視庁は、中核派の活動家とみて、金の使いみちなどを詳しく調べています。
 詐欺の疑いで逮捕されたのは、東京・練馬区のNPO法人「オープンスペース街」の職員・赤羽則子容疑者(62)と水戸由紀子容疑者(60)の2人です。赤羽容疑者らは、おととし12月から去年6月にかけて、障害者に就労訓練を行った際に受け取ることができる給付金を練馬区に対し28日分水増し請求し、およそ16万円をだまし取った疑いが持たれています。
 取り調べに対し、赤羽容疑者らは黙秘していますが、警視庁は、中核派の活動家とみて、金の使いみちなどを詳しく調べています。(27日23:49)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2550065.html

| コメント (0)

高松の市営団地に銃弾、男2人組が発砲か (28日)TBS

高松市の市営団地で、4階の部屋のベランダに銃弾が撃ち込まれる事件がありました。
 27日の午前7時ごろ、高松市田村町の市営すみれ団地で「銃声のような大きな音が聞こえた」と警察に通報がありました。警察が調べたところ、団地4階の一室のベランダの柵に拳銃の弾が貫通したような穴があり、銃弾がベランダで見つかりました。
 この部屋には35歳の無職の男性が1人で暮らしていますが、けがはありませんでした。
 近所の人によりますと、発砲音がした後、近くの道路から男2人が車で立ち去ったということです。警察では、この2人組が道路から発砲した疑いが強いとして、行方を追っています。(27日19:47)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2550077.html

| コメント (0)

通信記録は“異常なし” 調布・小型機墜落(28日)テレビ朝日

東京・調布市で小型機が墜落して3人が死亡した事故で、機体からトラブルを知らせるような連絡がなかったとみられることが分かりました。
 国の運輸安全委員会が機体と運航支援センターの交信記録を調べたところ、特に異常はなく、通常のやり取りだったということです。墜落までに機体からトラブルを知らせるような連絡はなかったとみられます。一方、離陸直後の映像には、高度が上がらずにほぼ水平に飛んでいる機体が映っていて、運輸安全委員会は高度が上がらなかったことが墜落につながったとみています。また、警視庁によりますと、事故で死亡したとみられる川村泰史機長(36)と搭乗者の早川充さん(36)、巻き込まれた住民の鈴木希望さん(34)の死因が焼死だったことが分かりました。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000055581.html

| コメント (0)

秋田市 DV被害女性の住所を誤って夫に(28日)NHK

夫の暴力、いわゆるドメスティックバイオレンスから逃れるため、秋田市から県外に引っ越した女性の住所が記載された証明書を、市が誤って夫に渡していたことが分かりました。このため、女性はさらに別の自治体に引っ越したということで、市は女性に謝罪するとともに、慰謝料として77万円を支払いました。
秋田市によりますと、夫の暴力、いわゆるドメスティックバイオレンスから逃れるため、秋田市から県外に引っ越した女性が、夫に新しい住所を知られないよう、住所が記載された証明書などの発行を制限するよう市に申請しました。
これに基づいて市は住民票などの発行を禁止する措置を取りましたが、ことし4月以降に夫が秋田市の窓口で、女性の新しい住所が記載された所得や課税に関する証明書の発行を申請した際、市の50代と60代の職員2人が確認を怠り、誤って証明書を渡してしまったということです。
この結果、女性はさらに別の自治体に引っ越したということで、市は女性に謝罪するとともに、引っ越し費用を含む慰謝料として77万円を支払いました。
秋田市市民生活部の堀井満部長は、「職員の不手際で多大なご迷惑をおかけし、深くおわび申し上げます」と述べました。
再発防止策として、市は今後、住所が記載された書類の発行禁止の措置が取られている場合、本人以外からの申請には応じないことにしています。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150727/k10010168601000.html

| コメント (0)

日本は「人身売買の送り先」=11年連続、評価変わらず-米年次報告(28日)時事

 【ワシントン時事】米国務省は27日、世界各国の人身売買の実態をまとめた年次報告書を公表した。日本については「強制労働や、子供を含む売春の人身取引の被害者が送られる国」と改めて明記。各国の取り組みに対する4段階の格付けで、11年連続して上から2番目の評価に据え置いた。
 ケリー国務長官は27日、国務省で記者団に対し、報告書の公表で「1500億ドル(約18兆5000億円)の違法人身売買市場」に人々が関心を払うよう望むと述べた。
 報告書は、東アジアや南米、東欧、ロシアなどからの女性の中に、偽装結婚などのために訪日し、売春を強要される者がいると指摘。また、政府が運営する技能実習制度で訪日した人も含め、外国人労働者が強制労働の被害者になりやすい実態があると重ねて強調した。
 日本で売春につながる事例としては、いわゆる「援助交際」や、女子高生とデートできるとうたった「JKお散歩」と呼ばれる接客サービスなどを挙げた。
 ロシアや北朝鮮、イランは前年の報告に引き続き、制裁対象となり得る23の最低評価国に含まれた。20日に国交回復したキューバは、最低評価から1段階上昇。イスラム系少数民族ロヒンギャの迫害問題が表面化したミャンマーは、下から2番目のままだった。(2015/07/28-01:10)

| コメント (0)

左旋回で低空飛行、失速=破裂音も、機体トラブルか-小型機墜落事故・警視庁(28日)時事

東京都調布市の住宅街に小型プロペラ機が墜落し、乗員の男性2人と民家の女性の計3人が死亡した事故で、機体は低空で左旋回しながら高度を下げて失速したことが27日、捜査関係者への取材で分かった。墜落直前に破裂音がしていたことも判明。警視庁調布署捜査本部は、エンジンや燃料系統の不具合などで出力低下した可能性もあるとみて詳しく調べている。
 捜査関係者によると、小型機は調布飛行場を南に向けて発進する際、滑走路を長目に滑走し離陸。その後、低空飛行で横揺れし、少しずつスピードを落としながら左旋回し失速。飛行場から約500メートル離れた民家に墜落した。
 飛行場を管理する東京都によると、南向きに離陸した際は、滑走路の南端から約900メートル離れた中央自動車道を越え、安全な高度に達した後に旋回するように定められている。
 現場近くの公園にいた中学2年の男子生徒(14)は、「『パシッ』という破裂音がした。小型機はグラグラ揺れていて、1回立て直したように見えたが左旋回で落ちていった」と証言した。
 捜査本部は28日も現場民家を検証し、機体や家屋の損傷具合を調べて、墜落の状況などを詳しく捜査する。(2015/07/28-06:11)

2015/07/28

| コメント (0)

« 2015年7月27日 | トップページ | 2015年7月29日 »