« 2015年7月26日 | トップページ | 2015年7月28日 »

2015年7月27日

2015年7月27日 (月)

墜落前に破裂音、機体トラブルか…小型機事故(27日)読売

東京都調布市の住宅街に小型プロペラ機が墜落し、8人が死傷した事故で、小型機は離陸から数十秒で墜落したとみられることが、捜査関係者への取材でわかった。
 墜落前に、複数の人が破裂音のような大きな音を聞いていたことも判明。離陸直後に機体にトラブルが起きた可能性があり、警視庁は27日朝から、業務上過失致死傷容疑で現場検証を開始。国の運輸安全委員会とともに機体の破損状態などを調べ、事故原因の解明を進める。
 墜落したのは、米パイパー社製の小型機「PA―46―350P」(全長8・7メートル、全幅13・1メートル)。東京都によると、調布飛行場の航空機安全運航支援センターが小型機の離陸を目視で確認したのが26日午前10時58分。警視庁によると、住民から最初の110番が入ったのも同58分だった。
 滑走路近くのサッカー場で偶然撮影されていた動画でも、低空飛行する小型機の姿が動画に映り込んでから、わずか20秒ほどで爆発・炎上する音が記録されていた。
 サッカー場にいた住民ら複数の目撃情報によると、小型機は離陸後、高度が上がらないまま、やや左に旋回しながら住宅街の上空にさしかかると、次第に高度を下げた。「パン」という大きな破裂音がした後、飛行場から約700メートル離れた住宅街に墜落した。目撃していた50歳代の男性は、同庁に対し「グライダーのように低空飛行していた」と証言しているという。

2015年07月27日 14時30分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

墜落小型機、数時間分の燃料積載 離陸直後で激しく炎上 (27日)共同

東京都調布市の住宅街に小型プロペラ機が墜落し8人が死傷した事故で、小型機は数時間飛行できるだけの燃料を積載していたことが27日、関係者への取材で分かった。小型機は離陸直後に墜落しており、警視庁調布署捜査本部は残燃料が多かったために一気に激しく炎上したとみて、事故原因を調べている。
 調布飛行場では遊覧飛行は許されておらず、捜査本部は負傷者らから事情を聴くなどして飛行目的についても調べる。
 運輸安全委員会の航空事故調査官は27日、パイロットと調布飛行場の担当者との交信内容が録音されていたことを明らかにしたが、内容は公表しなかった。

2010_0123_11120247newslogo1_3http://www.47news.jp/CN/201507/CN2015072701001830.html

| コメント (0)

大阪府警、北朝鮮拉致疑いの「73歳男性」を発見(27日)産経

大阪府警外事課は27日、「北朝鮮による拉致の可能性を排除できない行方不明者」878人のうち、大阪府豊中市の自宅を出たまま連絡が取れなくなった伊藤三好さん(73)を発見したと発表した。事件や事故には巻き込まれていなかった。
 外事課によると、40歳だった昭和57年に「京都へ仕事に行く」と家族に言って家を出てから失踪した。今年7月、府警の捜査員が関西地方で見つけた。http://www.sankei.com/affairs/news/150727/afr1507270036-n1.html

| コメント (0)

「知人に刺された」助け求める、流血の男性意識不明 (27日)TBS

26日夜遅く、熊本県益城町で、腹などから血を流した男性が発見されました。
 県道の脇から「殺される」と血だらけの男性が助けを求めてきたということです。男性は阿蘇市の森本和博さん(40)で、車で通りかかった男性に病院に運ばれましたが、腹や手などを刃物のようなもので複数回刺されていて、現在、意識がない状態です。
 また、森本さんは「知人の30代男性に刺された」と話していて、警察は、殺人未遂事件とみて、この知り合いの男の行方を追っています。(27日17:37)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2549671.html

| コメント (0)

ウソの水難事故電話、神奈川県で十数件相次ぐ (27日)TBS

神奈川県で水難救助の通報を依頼するウソの電話が相次いでいることがわかりました。
 午前9時ごろ、山北町で「丹沢湖に人が落ちたようだ」などと近所の人から110番通報が相次ぎました。通報をした人のもとには全て男の声で「丹沢湖に人が落ちている」などと電話がかかってきたということですが、警察と消防が現場で捜索を行っても水難事故は確認されなかったということです。
 JNNのまとめで、神奈川県内では26日から27日にかけて、少なくとも6つの警察署の管内で十数件に上るウソの水難事故の電話が相次いでいることがわかり、警察は、同一人物による悪質ないたずらとみて、偽計業務妨害の疑いも視野に捜査する方針です。(27日16:37)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2549646.html

| コメント (0)

エスカレーターで転倒急増 札幌地下鉄、昨年度43件 「片側並び」が一因(27日)共同

札幌市営地下鉄の駅構内のエスカレーターで転倒事故が相次いでいる。昨年度は43件あり、過去5年間で最多。21日には市営地下鉄東西線白石駅で男女3人が負傷した。JR北海道の駅構内でも事故は発生しており、左側に立ち右側を空ける「片側並び」の慣習が事故を誘発しているとみられる。エスカレーター利用は「歩かず手すりにつかまる」が原則だが、ラッシュ時などに右側を駆け抜ける利用者が事故の原因となるケースも多く、札幌市などは注意を呼び掛けている。
 午後7時ごろ、帰宅ラッシュの市営地下鉄東豊線大通駅の下りエスカレーター。人々は左側に立って長い列をつくり、その右脇を小走りで駆け降りるサラリーマンらの姿も目立つ。豊平区の60代女性は「駆け降りてきた男性に後ろからぶつかられたこともある。高齢者には危ない」とこぼす。
 札幌市交通局によると、地下鉄駅構内での転倒事故は2010年度29件、11年度27件、12年度23件、13年度31件と、毎年30件前後で推移していたが、昨年度は43件と前年度比1・4倍になった。
 21日の地下鉄白石駅の事故では、上りエスカレーターで男女3人が高さ約1メートルからあおむけに転倒し、軽傷を負った。札幌白石署によると、左側に立っていた70代の女性2人の間に30代男性が右側から入り、その弾みで先頭の女性が転んで将棋倒しに。男性は「後ろから人が来たので右側を空けようとした」と説明したという。
 市交通局は08年度から、ポスターで片側並びと歩行禁止を呼び掛け、JRも11年度から取り組みに加わっている。ただ「右側に立つ利用者に対し、後ろから『どけ』と怒鳴る人もいる」(交通局担当者)のが現状で、「急いでいる人に片側並びは助かる」(札幌市白石区の30代会社員男性)と歓迎する声も根強い。
詳細は以下をクリックdownwardleft

http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0161433.html

| コメント (0)

全日空社員や雑誌編集者=墜落の小型機搭乗者(27日)時事

東京都調布市の小型プロペラ機墜落事故で、全日空は27日、小型機の搭乗者で死亡したとみられる早川充さん(36)が同社社員であることを明らかにした。
〔写真特集〕東京・調布で軽飛行機墜落
 全日空によると、早川さんは羽田空港のオペレーションマネジメントセンターで運航管理の業務をしていた。事故後、本人と連絡は取れていない。
 一方、月刊誌「GQ JAPAN(ジーキュー・ジャパン)」などを発行するコンデナスト・ジャパンは27日、墜落機の搭乗者で負傷した1人が、同誌の編集者だと発表した。
 同社によると、搭乗していたのは同誌編集部のシニア・ファッション・エディター森口徳昭さん。編集部の業務での搭乗ではなかったといい、同社は「現時点では、緊急手術も無事終了し、生命に危険はないと聞いている」などとコメントした。(2015/07/27-19:36)

2015/07/27-19:36

| コメント (0)

産経前支局長裁判 「刑事訴追は行きすぎ」(27日)NHK

韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領の名誉を傷つけたとして在宅起訴された産経新聞の前ソウル支局長の裁判で、ソウル駐在の日本人記者が証人として出廷し、「国家権力による刑事訴追は行き過ぎだ」などと証言しました。
産経新聞の加藤達也前ソウル支局長は、自社のウェブサイトに掲載したコラムで、去年4月の旅客船沈没事故の当日、パク大統領が一時、所在不明になっていたと伝えた韓国紙「朝鮮日報」の記事を引用し、大統領が元秘書の男性と一緒にいた可能性を示唆して、大統領の名誉を傷つけたとして、インターネットを使って名誉を毀損した罪に問われています。
ソウル中央地方裁判所で開かれた27日の審理には、日本から加藤前支局長が出廷したほか、西日本新聞の植田祐一ソウル支局長が、弁護側の証人として出廷しました。
植田支局長は、コラムは、韓国社会を分析するための記事で、韓国の大手紙が大統領のうわさを取り上げること自体が、当時の政権と世論の関係を表していると思うと述べました。
そのうえで、「大統領が記事の内容を不愉快に思ったとしても、国家権力がメディアに処罰を求める刑事訴追は、公人としての大統領の対処方法としては行き過ぎではないかと思う」などと証言しました。
次の審理には、日本のメディア論の専門家が弁護側の証人として出廷し、言論の自由や報道の公益性を巡る議論が続く見通しです。

「今回の起訴は見過ごせない」

西日本新聞の植田祐一ソウル支局長は審理のあと記者団に対し、「報道と政府当局のトラブルは当事者どうしで解決するのが基本だと思う。しかし国家権力が処罰を求めると全く違う次元の話になる。今回の起訴は見過ごせない」と述べました。
そのうえで、「大統領が処罰を望まないという意思を示せば、検察が訴えを取り下げることもありうるもので、今からでもそうした意思を示していただきたい」と述べました。

News_pic1_2
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150727/k10010168531000.html

| コメント (0)

高さ6m「度胸試しの場」…橋から飛び込み死亡(27日)テレビ朝日

26日午後6時40分ごろ、静岡県河津町の「峰橋」から川に飛び込んで遊んでいた会社員の清水大輔さん(24)が溺れました。病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。清水さんは同僚10人ほどと遊びに来ていて、午前中に海水浴をした後、この橋に来たということです。橋から水面までは5mから6mあり、地元の子どもたちが橋から飛び降りて遊ぶ「度胸試しの場」になっています。

2009_1229_211958annlogo1_3
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000055555.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(27,28日単位・レベル)
なさけなや…あ~なさけなや
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011035 病院からパソコンを盗んだとして国土交通省の46歳の職員が逮捕されたり、依頼人から預かった2億2千万円を横領した弁護士がいたり、女子生徒にみだらな行為をした埼玉県立高校の男性教諭2人が懲戒免職になるなど今月に入って各界で不祥事が相次いでいる。そんな中で目立つのが警察官による不祥事だ。
 神奈川県警では、電車で痴漢行為をしたとして40歳の巡査部長、トイレで女性を盗撮した26歳の巡査が懲戒処分。
 福岡県警では、飲酒運転で49歳の警部補と58歳の警部補がそれぞれ懲戒処分を受けて依願退職するなど、犯罪を取り締まる側の警察官の処分も目立っている。
 警察庁がまとめた今年上半期(1~6月)に懲戒処分を受けた警察官は132人もいたという。だが、この数字は前年同期と比べて7人減少し、過去6年間で最も低い数字だった。
 処分で最も多いのはセクハラなどの異性関係の54人。次いで窃盗・詐欺・横領などの刑事事件が26人。交通事故・違反が25人など。このうち逮捕されたのは33人にもなっている。
 処分の内容で最も多いのは減給の73人。戒告の25人などだが、免職も14人いた。
 処分者ランキングではワースト1が警視庁の22人。以下、埼玉県警の11人、千葉県警、大阪府警の各9人、兵庫県警の8人と続いた。
 一方、処分者0の県警は山形、山梨、福井、和歌山、徳島、香川、愛媛、佐賀、沖縄の9県警に及んだ。
 警察官は国民を犯罪から護る「護民官警察」であるべきなのにどうした!しっかりせい
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

ASKAさんに“覚醒剤”渡した暴力団ナンバー2の男逮捕 (27日)TBS

人気ミュージシャンのASKAさんに覚醒剤などを譲り渡していた「新宿の薬局」と呼ばれる、住吉会系暴力団のナンバー2が警視庁に逮捕されていたことが分かりました。
 逮捕・起訴されたのは住吉会系暴力団大昇會のナンバー2、森義明被告(57)で先月、東京都内で覚醒剤0.6グラムを所持・使用した疑いが持たれています。
 新宿区歌舞伎町にあり「新宿の薬局」と呼ばれる大昇會をめぐってはこれまでに人気ミュージシャンのASKAこと宮崎重明さん(57)に覚醒剤を譲り渡した密売人や客など男女55人が逮捕されています。
 一連の摘発では、末端価格1億円を超える覚醒剤や大麻なども押収され、警視庁が組織の実態解明を進めています。(27日11:39)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2549457.html

| コメント (0)

「知人の男に刺された」熊本の県道、血だらけで保護(27日)テレビ朝日

26日夜、熊本県の路上で、40歳の男性が腹などを刺され、血だらけの状態で保護されました。
 警察によりますと、午後11時すぎ、熊本県益城町の県道で、熊本県阿蘇市に住む森本和博さんが刃物のようなもので下腹部など数カ所を刺され、血だらけの状態で保護されました。森本さんは現在、意識不明の重体ですが、保護された直後に「30代の知人の男に刺された」と話していたということです。現場から30kmほど離れた熊本港の駐車場で知人の男名義の車が見つかっていて、警察は、この男が何らかの事情を知っているとみて行方を捜しています。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000055545.html

| コメント (0)

“新宿の薬局” 薬物密売暴力団を壊滅状態に(27日)NHK

東京・新宿を拠点に覚醒剤や大麻を密売していたなどとして、警視庁は住吉会系の暴力団を摘発し、これまでに幹部ら23人を逮捕しました。この暴力団は、さまざまな薬物を密売することから“新宿の薬局”と呼ばれていて、警視庁は、一連の捜査で壊滅状態に追い込んだとしています。
住吉会系の暴力団「大昇會」は、東京・新宿歌舞伎町に事務所を構え、さまざまな薬物を密売することから“新宿の薬局”と呼ばれていて、警視庁は、去年9月に事務所を捜索するなど100人態勢で捜査を進めてきました。
その結果、覚醒剤や大麻を密売していたなどとして、これまでに幹部や組員23人を逮捕しました。
事務所などの関係先からは末端の密売価格で1億円分にあたる覚醒剤およそ1.5キロが押収されたほか、大麻や合成麻薬MDMAなども見つかりました。
覚醒剤を使った罪などで有罪判決が確定した、CHAGE and ASKAのASKA元被告は、この「大昇會」の暴力団員から覚醒剤などを譲り受けていたということです。
警視庁は、一連の捜査で壊滅状態に追い込んだとしていて、今後ほかの暴力団の薬物の密売についても警戒を強めることにしています。

| コメント (0)

【東京・調布小型機墜落】墜落機の機長、HPで許可なく操縦士訓練を宣伝 飛行目的など調査、安全委(27日)産経

東京都調布市の住宅街に調布飛行場を離陸直後の小型プロペラ機が墜落し8人が死傷した事故で、操縦していた川村泰史機長(36)=死亡=は自身が経営する会社のホームページでパイロット養成をうたう一方、養成事業に必要な国の許可を受けていなかったことが27日、国土交通省への取材で分かった。
 事故機には川村機長以外に4人が搭乗。運輸安全委員会は飛行の詳しい目的や経緯、4人が乗っていた理由などを調べている。
 国交省によると、川村機長の飛行時間は約1500時間。川村機長は訓練の指導に必要な「操縦教育証明」の免許は取得済。自身が社長を務めるシップ・アビエーション(調布市)のホームページで、自家用操縦士コースの場合、訓練期間は約5カ月で費用は約324万円などと紹介している。一方、「関連役所等の理解が得られず許可を受けるに至っておりません」とし、訓練はパイロットを養成する航空機使用事業ではなく「クラブ運営方式」だと主張している。http://www.sankei.com/affairs/news/150727/afr1507270017-n1.html

| コメント (0)

佐賀市2遺体遺棄 「やっぱりここか」(27日)共同

佐賀市久保泉町の残土置き場から2遺体が見つかった死体遺棄事件。県警は現場を管理する産廃業者から事情を聞いているが、26日の会見では「詳細な内容は捜査にかかわる」として、明らかにしなかった。この残土置き場をめぐっては、以前の経営者による不法投棄や暴力団との関係など“黒い噂(うわさ)”が絶えず、地元住民も「怖くて近寄れない」という場所だった。
 県警によると、残土置き場で現場検証が始まったのは22日ごろ。すでにこれまでの捜査で遺体が埋められている場所をほぼ特定し、ピンポイントで掘り起こした。
 25日午前、1人の遺体の一部が発見され、同日午後に軽乗用車を確認。翌26日午後、周辺をさらに掘り起こしているともう1人の遺体も見つかった。遺体の一部はまだ見つかっておらず、27日以降も引き続き検証を行う方針だ。
 現場は長崎自動車道そばの山すそ。人通りは少なく、夜になると真っ暗になるが、数百メートル先には集落がある。県警が事件を発表した26日夕方には報道陣が詰め掛け、上空はヘリコプターも飛んで騒然となった。
 騒ぎを聞きつけて現場を訪れた近くの自営業の男性(42)は「死体が見つかったと聞いたので、やっぱりここだった」ともらした。
 住民らの話によると、残土置き場は1996年ごろ、市内の産廃業者が地主から土地を借りて始めた。経営者の男性は2001年、別の残土置き場に不法投棄したとして実刑判決を受け、収監直前に逃亡する騒ぎを起こした。
 地元の建設業者の一人は「暴力団絡みのうわさも絶えず、地元とのつきあいはほとんどなかった」と明かす。県警によると、産廃業者はこの1年の間に別の経営者となり、社名も変わっているという。
 近くの女性(69)は「被害者は地元の人じゃなかったけど、とても怖い事件。早く解決してほしい」と話した。

2010_0123_11120247newslogo1_2
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10102/212328

| コメント (0)

自爆テロ容疑者は12歳少女、カメルーンとナイジェリアで34人死亡(27日)産経

カメルーン北部マルアとナイジェリア北東部ダマトゥルで26日までに、自爆テロが相次ぎ、計34人が死亡した。ロイター通信などが伝えた。フランス公共ラジオによると、マルアでの容疑者は12歳の少女とみられている。
 犯行声明は出ていないが、ナイジェリアのイスラム過激派ボコ・ハラムの関与が疑われている。
 マルアの飲食店で25日にあった自爆テロでは少なくとも19人が死亡し、62人が負傷した。26日にはダマトゥルの市場で女が自爆し、少なくとも15人が死亡した。マルアでもダマトゥルでも今月、別の自爆テロが発生し、多数の犠牲者が出た。
 ボコ・ハラムは周囲に警戒されにくい女性や子どもを利用した自爆テロを繰り返している。(共同)http://www.sankei.com/affairs/news/150726/afr1507260026-n1.html

| コメント (0)

いじめ重なり苦痛増大 岩手中2自殺、学校が報告書 (27日)日経

岩手県矢巾町の中学2年、村松亮君(13)がいじめを苦に自殺したとみられる問題で、いじめの有無を調べていた中学校は26日、1年~2年にかけて村松君へのいじめが6件あり、その積み重ねが自殺の一因になったとの調査報告書をまとめた。
 学校は行為があった当時は6件全てでいじめとの認識を持てず「判断できない事案もあわせ、積み重ねが苦痛を増大させた」と分析し、「いじめが自殺の一因であったと考えられる」と結論付けた。
 村松君が通っていた中学校の校長は同日夜、記者会見を開き、報告書を公表。「学校の最高責任者として、大きな責任を感じている。心の隙のようなものがあったことは否定できない」と学校の対応についてあらためて謝罪した。
 同日、校長から説明を受けた父親(40)は「いじめが認められほっとしているが、納得いかない部分もある」と話し、詳しいアンケート結果の提出を求めた。その後、県警本部に暴行容疑などで告訴状を提出、受理された。
 報告書では全校生徒が対象のアンケートを基に、いじめが疑われる13件を詳しく検証。全校集会で列に入れない、机に頭を押さえ付けるなどのほか、練習中にわざと強いパスを出すなど、バスケットボールの部活動中も含め、昨年7月~今年6月に起きた6件をいじめと認定した。関わった生徒として7人の名前が挙がり「覚えていない」と話す生徒もいるという。
 一方、2年時の担任については生活記録ノートに気になる記述があるたびに声を掛けるといった対応を取っており「村松君は担任に期待や信頼の念を持っていた」と指摘した。〔共同〕http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG26H91_W5A720C1CC1000/

| コメント (0)

妻らを車ではね殺そうとした疑い、男逮捕 大阪・藤井寺(27日)朝日

妻ら2人を乗用車ではねて殺害しようとしたとして、大阪府警は、東大阪市瓜生堂1丁目の無職、袋谷(ふくろや)椋哉容疑者(21)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕したと27日発表した。「ひき殺そうと思ってはねた」と供述しているという。
 羽曳野署によると、袋谷容疑者は26日午後9時半ごろ、藤井寺市野中2丁目の市道で、歩いていた妻(21)と、妻の知人の陸上自衛隊員(21)を乗用車で後ろからはねて殺そうとした疑いがある。車体に接触した2人は頭を打撲するなどのけがを負った。妻は袋谷容疑者のDV被害を府警に相談し、離れて暮らしていたという。

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASH7W0V47H7VPTIL02Q.html

| コメント (0)

墜落の小型機、以前に事故…空自機とニアミスも(27日)読売

2004年10月、札幌市の

丘珠

空港に着陸する際、滑走路から外れて前輪を破損する事故を起こしていたほか、05年7月には調布飛行場を離陸後、同飛行場の北東約5・5キロの上空で空自機と異常接近(ニアミス)していた。いずれも川村機長とは別の操縦士だった。
 同飛行場は、調布、三鷹、府中の3市にまたがる都営空港。現在は管制官がおらず、東京都の管理事務所が提供する周辺の飛行・気象情報をもとに、操縦士が自身の責任で離着陸を判断している。住宅地から約300メートルと近く、安全確保のために観光目的の「遊覧飛行」などが禁止されている。
 日本エアロテックや国交省によると、川村機長は米国で航空機操縦資格を取得した。国内では06年5月に自家用操縦士資格を、同年8月に事業用操縦士資格をそれぞれ取得。同社で確認している国内の飛行時間は、600~700時間だったという。

2015年07月26日 21時33分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

残土置き場に2遺体=山口の男女か、遺棄容疑-佐賀県警(27日)時事

佐賀市久保泉町川久保の残土置き場で、成人とみられる2人の遺体が埋められているのが見つかり、佐賀県警は26日、死体遺棄事件として佐賀署に捜査本部を設置した。身元や死因を調べるとともに、関係者から事情を聴いている。
 捜査本部によると、2人は昨年8月から行方不明になっている山口県下関市の不動産業の70代男性と同市の40代の無職女性とみられ、男性は不明になる前、「佐賀の知人に会いに行く」と会社の従業員に話していた。男性は金銭など複数のトラブルを抱えていたという。
 2人は知人で、それぞれの家族が同月下旬、山口県警に行方不明届を出した。遺体はいずれも一部が白骨化しており、この女性名義の軽自動車が一緒に埋められていた。(2015/07/26-20:35)

| コメント (0)

海や山で2人死亡、3人行方不明 事故相次ぐ(27日)共同

レジャー客でにぎわった海や山で26日、事故が相次ぎ、各地の警察や消防によると全国で2人が死亡、3人が行方不明となり、30人以上がけがを負った。
 岐阜県下呂市の川では釣りに来ていたとみられる男性(61)が死亡、神奈川県平塚市の相模川河口付近でも、プレジャーボートに乗っていた男性(54)が海に転落して死亡した。
 大阪市此花区のレジャー施設では、大阪府の女児(5)の行方が分からなくなり、警察などは海に転落したとみて捜索。和歌山県紀の川市の川では男子高校生(15)が流され、同県田辺市の川でも会社員の男性(18)が行方不明になった。

2010_0123_11120247newslogo1http://www.47news.jp/CN/201507/CN2015072601001559.html

| コメント (0)

生後1か月女児殴られ重体、26歳父親を傷害容疑で逮捕 (27日)TBS

岐阜県美濃加茂市で生後1か月の長女の顔などを殴った疑いで、26歳の父親が傷害の疑いで逮捕されました。長女は意識不明の重体です。
 逮捕されたのは、美濃加茂市新池町の会社員・内田翔太容疑者(26)です。
 警察によりますと、内田容疑者は25日午後3時半ごろ、自宅で生後1か月の長女の顔などを複数回殴った傷害の疑いが持たれています。長女は病院に運ばれましたが、意識不明の重体です。その後帰宅した内田容疑者の妻が病院へ連れていったところ、不自然なあざがあったことから病院が警察に通報して発覚しました。
 調べに対し内田容疑者は、「娘が泣きやまなくてイライラした」などと容疑を認めているということで、警察では日常的に虐待がなかったかなど調べを進める方針です。(27日05:05)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2549241.html

| コメント (0)

一緒に花火大会に行った後に女性殺害 男を逮捕(27日)テレビ朝日

一緒に花火大会を見に行った22歳の女性を、帰りに東京・福生市の自宅マンションで殺害したとして、24歳の男が逮捕されました。
 井沢拓己容疑者は26日午前0時ごろ、福生市の自宅マンションで、宮田愛花さんの首を絞めて殺害した疑いが持たれています。警視庁によりますと、井沢容疑者は25日、宮田さんと2人で花火大会を見に行き、その後、自宅で犯行に及んだということです。その後、井沢容疑者は警察署に自首し、供述通りマンションで宮田さんの遺体が見つかりました。井沢容疑者は宮田さんとインターネットのサイトで知り合っていて、取り調べに対し、「ささいなことから口論になった」と供述しているということです。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000055518.html

| コメント (0)

小型機の同型機 米でも相次いで墜落(27日)NHK

東京・調布市の住宅街に墜落した小型機の同型機は、アメリカでも、ことしに入って相次いで墜落しています。
今回墜落した小型機と同じ、アメリカ製のパイパーPA46型機という単発のプロペラ機の「350P」と呼ばれるタイプの機体を巡っては、ことし2月、アメリカ西部のワシントン州で、離陸直後に、エンジンにトラブルが起きて空港近くの道路に墜落し、パイロットの男性1人が死亡しました。
この事故について、アメリカのNTSB=国家運輸安全委員会は、誤って異なる種類の燃料が給油されたことが墜落につながったという見方を示しました。
また、NTSBによりますと、同型の機体は、ことし5月にも、同じワシントン州で、空港に緊急着陸しようとして近くを流れる川に墜落し、乗っていた2人が死亡しています。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150727/k10010167551000.html

| コメント (0)

« 2015年7月26日 | トップページ | 2015年7月28日 »