« 2015年7月22日 | トップページ | 2015年7月24日 »

2015年7月23日

2015年7月23日 (木)

同僚女性教諭の胸触り、キス…セクハラ教諭を停職 横浜(23日)産経

横浜市教育委員会は23日、同僚の女性教諭2人に計4回のセクハラをしたとして、市立川和中の男性教諭(35)を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。男性教諭は同日付で依願退職した。
 市教委によると、平成24年6月~今年1月、同僚と飲酒した際、20代と30代の女性教諭2人の胸を触ったり、キスしたりした。女性教諭の1人が今年2月、校長に相談していた。
 市教委の調査に男性教諭は一部を否定したが、市教委は同席した教職員の証言からセクハラがあったと認定した。男性教諭は「酒が入り軽い気持ちだった」と話しているという。http://www.sankei.com/affairs/news/150723/afr1507230028-n1.html

| コメント (0)

女子生徒とみだらな行為、県立高男性教諭2人を懲戒免職 埼玉(23日)産経

埼玉県教育委員会は23日、女子生徒にみだらな行為をしたとして、県立高の男性教諭2人を懲戒免職処分にした。
 県教委によると、32歳の男性教諭は平成26年9月から12月にかけ、当時高校3年の女子生徒に対し、公園で抱きしめたり、自宅でみだらな行為をしたりした。別の県立高に勤務していた52歳の男性教諭は24年8月、当時高校2年の女子生徒を呼び出し校内でキスをし、同年9月から約1年半の間、ホテルで複数回みだらな行為をした。
 このほか、県教委は23日、14年9月から今年3月にかけ当時中学1年の男子生徒を蹴るなどしたとして、公立中の27歳男性教諭を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にした。http://www.sankei.com/affairs/news/150723/afr1507230034-n1.html

| コメント (0)

東京・板橋、また切断されたネコの死骸 (23日)TBS

都内でネコの不審死が相次ぐ中、23日午前、板橋区の住宅の駐車場で、また切断されたネコの死骸が見つかりました。
 23日午前8時半すぎ、板橋区徳丸の住宅で、「自宅の敷地にネコの死骸があった。首と手足がばらばらだった」と住人から通報がありました。
 警察官が駆けつけたところ、住宅の駐車場に停めてあった車の下に、複数のネコの切断された頭や手足などが置かれていたということです。
 警視庁は、別の場所でネコに危害を加え、死骸を運んだ可能性もあるとみて、動物愛護法違反の疑いを視野に詳しく調べています。
 現場近くのマンションでは、今月2日と先月23日にも首が切断された子ネコが見つかるなど、都内でネコの不審死が相次いでいます。(23日16:05)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2546925.html

| コメント (0)

飲酒運転の警部補2人、懲戒免職と戒告処分に 福岡県警(23日)朝日

福岡県警は23日、飲酒運転をしたとして、小郡署の筬島(おさじま)武志警部補(49)=道交法違反罪で在宅起訴=を懲戒免職、柳川署の男性警部補(58)を戒告の懲戒処分とし、発表した。男性警部補は同日、依願退職した。
 監察官室によると、筬島警部補は今月4日未明、酒気を帯びて同県粕屋町内で車を運転したとして現行犯逮捕された。直前に知人女性と2軒の飲食店をはしごし、ビールや焼酎、カクテルを飲んだといい、逮捕時、呼気から酒気帯び運転の基準値(1リットルあたり0・15ミリグラム)を大幅に上回る0・59ミリグラムのアルコールが検出された。「酒の影響で心のたがが外れ、飲んでいるけど大丈夫だろうと思って運転した」と説明しているという。
 男性警部補は同5日夜、酒を飲んで同県八女市内の大型量販店の駐車場で車を運転。検出されたアルコールは呼気1リットルあたり0・13ミリグラムで、基準値に満たず立件はされなかったが、直前に缶ビールと缶チューハイを飲んだという。
 県警は3大重点目標の一つに「飲酒運転の撲滅」を掲げ、特に7月は飲酒運転の取り締まり強化月間だった。

Logo2
http://www.asahi.com/articles/ASH7R619YH7RTIPE033.html

| コメント (0)

県警、生徒聞き取りへ 岩手中2いじめ自殺(23日)共同

岩手県矢巾町の中学2年村松亮君(13)がいじめを苦に自殺したとみられる問題で、岩手県警が月内に同級生や同じ部活の生徒らから、事情を聴く方針を固めたことが23日、捜査関係者への取材で分かった。いじめに関わった可能性があると名前が挙がった複数の生徒も含まれており、暴行容疑に当たる事案がなかったか慎重に捜査を進める。
 捜査関係者によると、県警は村松君が担任に提出していた生活記録ノートの提供を受け、既に教職員からは聞き取りを始めた。

2010_0123_11120247newslogo1_3
http://www.47news.jp/CN/201507/CN2015072301001510.html

| コメント (0)

国交省職員を逮捕=病院でパソコン窃盗容疑-新潟県警(23日)時事

病院からパソコンを盗んだとして、新潟県警新発田署は23日、建造物侵入と窃盗の疑いで新潟市中央区笹口、国土交通省北陸地方整備局港湾空港部職員の中宮正人容疑者(46)を逮捕した。容疑を認めているという。
 逮捕容疑は3月28日、同県新発田市の県立新発田病院7階の会議室に侵入し、ノートパソコン1台(10万円相当)を盗んだ疑い。
 同署によると、中宮容疑者の自宅からは聴診器や注射針、他人名義の保険証などが見つかっており、他にも病院で盗みを繰り返していたとみて調べている。同病院によると、パソコンには入院患者約450人分の氏名や病名などのデータが入っていたが、悪用された形跡はないという。
 藤山秀章北陸地方整備局長の話 事実が明らかになり次第、厳正に対処する。(2015/07/23-19:16)

2015/07/23-19:16

| コメント (0)

台湾:ドローンが超高層ビルに衝突 中国人観光客が操縦(23日)毎日

【台北・鈴木玲子】台北市の観光地区にある超高層ビル「台北101」の周辺で21日、中国人観光客の男性(30)が操縦していたドローンがビルに衝突し、墜落した。ドローンの墜落事故は同ビル周辺で6月15、20日にも発生し、台湾高速鉄道の軌道や松山空港の滑走路付近でも相次いでいる。台湾にはドローンの運航ルールがないため、交通部(交通省)などはルール策定の検討を含め、対応を協議する。
 台湾メディアによると、中国人男性は21日、カメラ搭載のドローンを同ビル近くの公園から飛ばして風景を撮影していた。ドローンはビル35階付近の窓ガラスに激突し、植え込みに墜落した。カメラで撮影していた映像がネットに流れたため、交通部民用航空局と警察は22日、男性を事情聴取した。
 台湾の民用航空法では、空港近くで航空機の運航に支障を与える恐れのある物体を規制の高さを超えて飛ばしていた場合、30万〜150万台湾ドル(約120万〜600万円)の罰金が科せられる。男性は規制の高さ60メートルを大幅に超えて飛ばしていた。

Logo_mainichi_s1http://mainichi.jp/select/news/20150724k0000m030045000c.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(23、24日単位・レベル)
中国、ベトナム人が…
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1010999_2 茨城県警は22日、中国人技能実習生の男性を殺害したとして、いずれもベトナム国籍の元農業技能実習生(24)ら男女5人を逮捕した-
 来日外国人による刑法犯・特別法犯全体は減少しているものの、殺人や強盗、強姦など重要犯罪が増加している。
 警察庁がまとめた今年上半期(1~6月)の刑法犯・特別法犯の検挙人員は4850人で前年同期に比べて226人減少した。
 最も多かったのは東京の1481人。続いて愛知の523人、神奈川の480人、埼玉の309人、大阪の295人など。総数では減っているが、増加したのは愛知の109人を筆頭に神奈川の56人、大阪の47人、栃木の40人、茨城の28人の順。都会とその近郊に集中している。
 国別では相変わらず中国人が最も多く52人。以下、ベトナム人45人、ブラジル人24人、韓国・朝鮮人19人、スリランカ人15人と続いた。
 特徴は重要犯罪のうちの凶悪犯の増加だ。最も増加したのは強盗で17人増えて46人。殺人と強姦がそれぞれ7人増えて19人、20人となっている。
 茨城の事件だけではない。最近では不正に入手したキャッシュカードを使って横浜市のコンビニで200万円を引き出した中国人3人が逮捕された。
 一方、ベトナムに23億円以上を不正に送金したとしてベトナム国籍の男女2人が広島、山口県警に逮捕されるなど、依然としてこの2カ国の外国人の検挙者が多い。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

高熱放置で生後9カ月女児死亡 容疑で保育施設関係者らを逮捕 栃木県警(23日)産経

宿泊保育で預かった生後9カ月の女児に下痢や高熱の症状が出ていたのに適切な医療措置を取らずに放置し死亡させたとして、栃木県警は23日、保護責任者遺棄致死の疑いで、宇都宮市の認可外保育施設「といず」元施設長、木村久美子容疑者(58)=横浜市神奈川区=ら3人を逮捕した。調べに対し、いずれも容疑を否認している。
 県警によると、木村容疑者らは昨年7月23日から生後9カ月の山口愛美利(えみり)ちゃんを預かり、保育していたが、愛美利ちゃんに継続して下痢の症状があり、同25日には38度以上の高熱が出ていたにもかかわらず医師の診察を受けさせないなど放置し、同26日未明に熱中症で死亡させた疑いが持たれている。
 この施設をめぐっては愛美利ちゃんの死亡前、「子供をひもで縛るなど不適切な保育をしている」などと内部告発が寄せられていたが、調査に入った市側は「問題なし」と判断していた。
 愛美利ちゃんの両親は「死亡したのは施設の不適切な対応が原因」として、久美子容疑者らを保護責任者遺棄致死罪などで告訴していた。また、施設側や同市を相手取り、賠償請求訴訟も起こしている。http://www.sankei.com/affairs/news/150723/afr1507230017-n1.html

| コメント (0)

障害者施設で性的虐待か、準強制わいせつ容疑で経営者の男逮捕 (23日)TBS

埼玉県深谷市にある障害者施設の60代の経営者が、知的障害がある20代の女性に性的な虐待をしたとして、警察に逮捕されました。
 準強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、深谷市のグループホーム「ケアホーム花園」の経営者、高荷昌次容疑者です。
 警察などによりますと、高荷容疑者は今年5月、深谷市のホテルで、知的障害がある20代の女性に性的な虐待をした疑いが持たれています。女性が知人に、経営者に性的虐待を受けたことを相談したことで事件が発覚、警察が捜査していました。
 警察は23日午前、施設を家宅捜索し、裏づけ捜査をしています。これまでのところ、警察は、高荷容疑者の認否について明らかにしていません。
 ホームページによりますと、ケアホーム花園は、障害者の日常生活の援助をする施設だということです。(23日14:35)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2546769.html

| コメント (0)

(皇室トリビア)皇宮警察、女性が活躍 射撃の名手も(23日)朝日

天皇、皇后両陛下や皇族方の護衛や皇居などの関係施設の警備を担うのが「皇宮警察本部」です。明治19(1886)年、宮内省に皇宮警察署として誕生しました。昭和29(1954)年に警察庁の付属機関になり、皇宮警察本部と改称されました。

 組織としては、両陛下や皇族方のお出ましに同行する「護衛部門」、皇居や関連施設を担当する「警備部門」、四つの護衛署(坂下、吹上、赤坂、京都)などがあります。
 勤務地は皇居と赤坂御用地(東京・元赤坂)のほか、栃木県(那須御用邸、御料牧場)、神奈川県葉山御用邸)、静岡県(須崎御用邸)、京都府京都御所、桂離宮、修学院離宮)、奈良県正倉院)など1都1府4県に及びます。都内に限らず、両陛下や皇族方が地方や海外を訪れる際には、護衛部が一番近くで護衛にあたります。
 皇宮警察本部によると、879人の定員中、女性の比率は10・2%(2015年4月現在)。全国の警察で1割を超えている唯一の組織だそうで、女性が活躍する場が広がっています。残り:2721文字/本文:3154文字
詳細は以下をクリックdownwardleft

http://www.asahi.com/articles/ASH7H3FT7H7HUTIL010.html

| コメント (0)

住吉会本部を家宅捜索=詐欺容疑で傘下組員逮捕-京都府警(23日)時事

京都府城陽市の無職女性(63)ら2人から現金3450万円をだまし取ったとして、京都府警生活経済課などは23日、詐欺容疑で、指定暴力団住吉会傘下の組員武元春樹容疑者(31)=埼玉県草加市=と無職長島泰明容疑者(67)=東京都葛飾区=を再逮捕し、東京都港区の住吉会本部を家宅捜索した。
 府警によると、武元容疑者は「身に覚えがない」と容疑を否認し、長島容疑者は一部認めているという。(2015/07/23-14:21)

2015

| コメント (0)

芸能人らの偽サイン色紙を僧りょや学校職員にネット販売 容疑で2人逮捕 福岡県警(23日)共同

福岡県警は23日、芸能人やスポーツ選手の偽サイン入り色紙を、僧りょや学校職員らに販売したとして、福岡県桂川町の警備員男(54)、愛知県春日井市の会社員男(44)を詐欺容疑で逮捕した。
 警備員男は昨年9月から10月にかけ、インターネットのオークションサイトに、芸能人やスポーツ選手が書いたように見せかけた偽のサイン入り色紙を出品。閲覧して申し込んできた北海道札幌市北区の僧りょ(40)らに販売し、合計1万3000円をだまし取った疑い。会社員男も同様の手口で、昨年5月に名古屋市穂積区の男性学校職員(57)らに販売し、合計1万7934円をだまし取った疑い。 =2015/07/23 西日本新聞=http://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/183873

| コメント (0)

警察の懲戒わずかに減り132人 上半期、セクハラ増え16人(23日)共同

今年上半期に免職や停職などの懲戒処分を受けた警察官、警察職員は前年同期より7人少ない132人だったことが23日、警察庁のまとめで分かった。パワーハラスメントが10人減って1人になったが、セクハラは12人増え16人になった。
 セクハラの増加について、警察庁の担当者は「処分は全員男性。女性が活躍するため、一つでも減らすよう取り組みたい」と話している。業務に関する処分は23人(30人減)だったが、私生活に関する処分は109人(23人増)だった。
 処分の内訳では、免職14人(3人減)、停職20人(10人減)、減給73人(11人増)、戒告25人(5人減)。

2010_0123_11120247newslogo1_2
http://www.47news.jp/CN/201507/CN2015072301000722.html

| コメント (0)

油井さん乗せたソユーズ 打ち上げ成功(23日)NHK

日本人10人目の宇宙飛行士、油井亀美也さんを乗せたロシアの宇宙船「ソユーズ」が日本時間の23日午前6時2分、中央アジア・カザフスタンにあるバイコヌール宇宙基地から打ち上げられました。「ソユーズ」はおよそ9分後、予定どおり、地球に回る軌道に入り、打ち上げは成功しました。
元航空自衛隊のパイロットで日本人10人目の宇宙飛行士となる油井亀美也さんは、日本時間の23日午前0時すぎ、滞在先のホテルを出発し、油井さんの家族など多くの人たちが見守るなか、バイコヌール宇宙基地に向かうバスに乗り込みました。
油井さんは、両手でガッツポーズをしながら、「頑張ります。行ってきます」と大きな声で応えていました。油井さんを見送った父親の※すけ司さんは「うれしいですね」と話していました。
このあと、油井さんは、宇宙服に着替え、日本時間の23日午前3時すぎ、ロシアとアメリカの2人の宇宙飛行士とともにロシアの宇宙船「ソユーズ」に乗り込みました。
「ソユーズ」を載せたロケットは打ち上げの20秒前にエンジンが点火され、午前6時2分、ごう音とともに発射台を離れました。ロケットはオレンジ色の光を放ちながら上昇を続け、燃焼を終えた1段目と2段目を次々に切り離していきました。そして、打ち上げからおよそ9分後、高度200キロ付近で3段目を切り離し、「ソユーズ」は予定どおり、地球を回る軌道に入り打ち上げは成功しました。
「ソユーズ」はこのあと、日本時間の午前11時46分ごろ、国際宇宙ステーションとドッキングする予定です。
油井さんは国際宇宙ステーションにおよそ5か月間、長期滞在し、生命の起源となる物質が宇宙空間に漂っていないか調べる実験や、宇宙空間を満たしていると考えられている未知の物質、「ダークマター」の発見に向けた実験など、さまざまな科学実験に携わる予定です。
また、来月、日本の宇宙輸送船「こうのとり」を国際宇宙ステーションに迎えるときには油井さんみずからロボットアームを操作して、地上で管制を務める宇宙飛行士の若田光一さんと協力しながらドッキングの作業を担う予定です。
※「すけ」は言偏に「甫」

油井さんのこれまで

油井亀美也さんは長野県川上村の出身の45歳です。
防衛大学校を卒業したあと、平成4年に航空自衛隊に入隊し、パイロットとしてF15戦闘機の部隊の編隊長や、高度な技術が必要とされるテストパイロットを務めました。
そして6年前、日本国内で10年ぶりに行われた宇宙飛行士の選抜試験で、およそ1000人の応募者の中から選ばれました。
JAXA=宇宙航空研究開発機構に入った油井さんは、およそ2年にわたってNASA=アメリカ航空宇宙局などで訓練を受け、4年前に宇宙飛行士に認定されました。その後、宇宙飛行士どうしの会話に欠かせないロシア語を学ぶとともに、国際宇宙ステーションでの長期滞在に向けたさまざまな訓練に参加しました。
3年前に、アメリカで受けた訓練では深さ20メートルの海底に設けられた施設で、およそ10日間生活し、閉じた空間に慣れるとともに惑星探査を模擬した作業やチームワークを養う活動に臨みました。
また、去年1月には宇宙船での火災などの緊急事態への対処や、宇宙船を手動で操縦する訓練などを積みました。
ことしに入ってからも油井さんはJAXAの筑波宇宙センターやアメリカ、ロシア、ドイツで打ち上げに向けた準備を進め、ロシアにある「ガガーリン宇宙飛行士訓練センター」での最終試験を経て23日、「ソユーズ宇宙船」に乗ってカザフスタンのバイコヌール宇宙基地から国際宇宙ステーションに向けて飛び立ちました。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150723/k10010162961000.html

| コメント (0)

【拉致再調査】またも報告延期通告 被害者家族の思いに政府は応えることができるのか(23日)産経

「われわれがこれまでやってきたことは何の意味もなかったのか!」-。拉致被害者らの再調査開始から1年となるのを前に、北朝鮮が再び、報告の先送りを日本に通告してきた。これまでと変わりない誠意のない北朝鮮の対応に対し、拉致被害者家族からは期限を設け北朝鮮に対する制裁強化を訴える声が出ている。自民党では6月25日、13項目に上る対北朝鮮制裁強化案がまとめられ、政府に報告された。被害者帰国を北朝鮮に促すための“カード”を切ることはできるのだろうか。

口では「誠実に調査」も誠意なき行動の北朝鮮

 「包括的調査を誠実に行っているが、今しばらく時間がかかる」。北朝鮮は2日夜、北京の大使館ルートを通じ、日本に対し再調査報告の延期を伝達した。
 北朝鮮が昨年7月4日に特別調査委員会を設置したことを受け、日本政府は同日、北朝鮮に対する独自の経済制裁の一部を解除した。再調査に関しては当初、「夏の終わりから秋の初め」に初回報告が行われる見込みだった。だが、北朝鮮は9月に「現時点で調査の初期的段階を超える説明はできない」として、報告の先送りを通告した。
 その後も報告は一切ないまま、時間だけが過ぎ、再調査から間もなく1年になろうとする7月2日に再び、報告の延期を知らせてきた。
 本来、特別管理されている拉致被害者の安否に関して調査する必要もないはず。だが、北朝鮮は平成14年9月の日朝首脳会談で、拉致被害者8人について、根拠もなく「死亡した」と説明しており、その説明を覆す“方便”としてだけ、再調査は意味を持っている。

| コメント (0)

「覚醒剤打ちました」出頭の男性が取り調べ中死亡(23日)テレビ朝日

警視庁の小金井警察署で、覚醒剤を使用した疑いで取り調べ中だった男性が突如倒れ、病院に搬送されましたが死亡しました。警視庁は司法解剖を行うなどして死因を調べる方針です。
 20日午後9時ごろ、東京・小金井市の小金井警察署で、覚醒剤を使用した疑いで取り調べを受けていた20代の男性が、意識を失った状態で椅子から転げ落ち、病院に搬送されましたが22日に死亡しました。警視庁によりますと、男性は20日、JR国分寺駅前の交番に「覚醒剤を打ちました」と出頭し、警察署で任意で事情を聴かれていたということです。取り調べ中に警察官と身体の接触はなく、司法解剖を行うなどして詳しい死因を調べる方針です。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000055263.html

2009_1229_211958annlogo1

| コメント (0)

住宅全焼 親子3人連絡取れず 1人の遺体見つかる(23日)NHK

23日未明、長崎市で住宅1棟が全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。この家に住む親子3人と連絡が取れなくなっていることから、警察は亡くなったのは親子のうちの1人とみて確認を急ぐとともに、ほかの2人も逃げ遅れたおそれがあるとみて調べています。
23日午前1時40分ごろ、長崎市文教町で住宅が燃えていると近くを通りかかった人から消防に通報がありました。
消防車18台が出て消火に当たり、火はおよそ4時間後に消し止められましたが、木造2階建ての住宅1棟が全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。また、隣の住宅1棟も一部が焼けました。
警察によりますと、全焼した住宅には増田清子さん(85)と息子の正信さん(61)、それに娘の政子さん(59)の親子3人が住んでいますが、いずれも連絡が取れなくなっているということです。
警察は亡くなったのは親子3人のうちの1人とみて確認を急ぐとともに、ほかの2人も逃げ遅れたおそれがあるとみて調べています。
現場は長崎大学に近い住宅街で、警察と消防は午前10時から現場検証をして火事の原因についても調べることにしています。

News_pic1
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150723/k10010162881000.html

| コメント (0)

渋谷で女児転落死か=12階ベランダから-警視庁(23日)時事

22日午後8時25分ごろ、東京都渋谷区東のマンションで、「女の子が落ちてきたようだ」と目撃した女性から110番があった。警視庁渋谷署によると、3~4歳とみられる女児がマンション付近で倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。同署は、女児が転落した可能性が高いとみて、詳しい状況を調べている。
 渋谷署によると、母親が1人でコンビニを訪れた間に、女児がマンション12階の自宅ベランダから転落したとみられる。女児は母親と2人暮らしだったという。(2015/07/23-02:34)

2015

| コメント (0)

中国人実習生の殺害容疑で逮捕 ベトナム国籍5人、茨城県警(23日)共同

茨城県警は22日、中国人技能実習生の男性を殺害したなどとして、殺人と殺人未遂の疑いで、いずれもベトナム国籍の元農業技能実習生で無職タン・バン・タン容疑者(24)=同県筑西市=と建築作業員グエン・バン・タイン容疑者(26)=岐阜県羽島市=ら男女5人を逮捕した。
 県警によると、5人とも事件現場にいたことは認めており、被害男性と面識があったかどうかや動機などを調べる。
 逮捕容疑は2月22日午後9時40分ごろ、茨城県鉾田市の路上で、中国人技能実習生2人を包丁で切りつけ、孫文君さん=当時(33)=を失血死させ、もう1人の男性(32)に軽傷を負わせた疑い。

2010_0123_11120247newslogo1
http://www.47news.jp/CN/201507/CN2015072201001818.html

| コメント (0)

犯罪の二次的被害防止へ法整備を 兵庫の団体、国に要望書(23日)日経

 1997年に神戸市で起きた連続児童殺傷事件の加害男性が手記を出版したことなどを巡り、犯罪被害者を支援する公益社団法人「ひょうご被害者支援センター」は22日までに、犯罪の二次的被害防止のための法整備が必要とする要望書を上川陽子法相と有村治子内閣府特命担当大臣に送付したと発表した。
 同センターは二次的被害について「配慮に欠けた対応による新たな被害」と定義。要望書では「社会一般において、二次的被害についての理解は不十分」と指摘。犯罪被害者等基本法の基本理念に二次的被害の防止を盛り込むことなどを求めている。
 同センター理事の中川勘太弁護士は「同法には二次的被害についての定義がないので取り入れてほしい」としている。http://www.nikkei.com/article/DGXLASHC22H3V_S5A720C1AC8000/

| コメント (0)

藤田嗣治の絵、横領容疑で逮捕…作品は行方不明(23日)読売

 パリで活躍した洋画家、藤田

嗣治

(1886~1968年)の水彩画を預かったまま行方をくらましたとして、広島県警福山西署は22日、千葉市美浜区、元美術商、山崎功一容疑者(46)を横領容疑で逮捕した。
 「間違いありません」と容疑を認めているという。
 調べでは、山崎容疑者は2012年9月、広島県福山市の会社役員男性(74)から、「1年以内に売却してほしい」との依頼を受け、水彩画「裸婦」(縦59センチ、横52センチ、時価1600万円)を預かったが、横領した疑い。
 山崎容疑者と連絡が取れなくなったため、男性が昨年1月、同署に被害届を出した。同署によると、水彩画の行方は分かっていないという。

2015年07月22日 23時55分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

電圧上げる変圧器、感電原因の電気柵に 西伊豆の事故(23日)朝日

静岡県西伊豆町で、川遊びをしていた家族連れら7人が感電し2人が死亡した事故で、感電の原因となった電気柵に電圧を上げる変圧器が取り付けられていたことが、捜査関係者への取材でわかった。電圧を上げるのに一般的に使われる「電源装置」は設置されておらず、県警は、所有者の男性(79)が変圧器を独自に取り付けたとみて調べている。
 県警は22日、司法解剖の結果、死亡した尾崎匡友(まさとも)さん(42)と岩村知広さん(47)はいずれも感電死だったと発表した。
 捜査関係者などによると、電気柵は、土手の対岸の納屋内にある家庭用電源の100ボルトのコンセントにつながっていた。変圧器は、電源近くに取り付けられていて、440ボルトまで電圧が上げられるようになっていた。県警は、事故当時の電圧を調べている。
残り:288文字/本文:633文字

http://www.asahi.com/articles/ASH7Q5JX6H7QUTIL02X.html

| コメント (0)

« 2015年7月22日 | トップページ | 2015年7月24日 »