« ベトナム人との偽装結婚仲介容疑、ブローカーら逮捕 (15日)TBS | トップページ | 島根県警が誤認逮捕…防犯カメラ映像にアリバイ(15日)読売 »

2015年7月15日 (水)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(15、16日単位・レベル)
〝組織殺人事件〟だ
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1010935列車にはねられ自殺した中学2年の男子生徒の通っていた岩手県矢巾町の中学校を組織的な「殺人」で摘発せよ
 15日夕のテレビ朝日のJチャンネルで、自殺した男子生徒の友達だった女子生徒のインタビューを報じていた。
 女子生徒は同じクラスの生徒から無視されたり掃除の時は閉じこめられるなど、いじめを具体的に語り、不登校なっていたという。女子生徒の手首には複数の傷があり、リストカットを繰り返していたことが分かる。
 男子生徒は担任との連絡ノートでいじめを訴え、死ぬ場所まで決まっていると必死にSOSを出していた。そして女子生徒のリストカット。いずれも、学校に相談していたという。それなのに、学校は教育委員会に「いじめ無し」の報告をしていた。
 平成25年6月に「いじめ防止対策推進法」が公布され、文部科学省から通達が出されている。同法は「いじめの防止等のための対策を総合的かつ効果的に推進するため……防止対策に関し,基本理念を定め,国及び地方公共団体等の責務を明らかにし……」としている。
 この学校に「いじめ防止法のための基本的理念」はあったのか甚だ疑問である。
 あれば、事前に対処はできていて、自殺者まで出さずに済んだはずた。文章による訴えもさることながら、女子生徒がリストカットするという苦しみをなんでくみ取れなかったのかもはや「教育」機関ではない。組織的殺人だ。
 敢えて言う。この「事件」では、男子生徒の父親が真相の究明を求めて地元の警察署に被害届を提出している。
 学校は故意の責任逃れをしており、警察は学校全体を家宅捜索するなどして、しっかり立件することだ。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« ベトナム人との偽装結婚仲介容疑、ブローカーら逮捕 (15日)TBS | トップページ | 島根県警が誤認逮捕…防犯カメラ映像にアリバイ(15日)読売 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベトナム人との偽装結婚仲介容疑、ブローカーら逮捕 (15日)TBS | トップページ | 島根県警が誤認逮捕…防犯カメラ映像にアリバイ(15日)読売 »