« 同級生の耳たぶに画びょう“突き刺し” 名古屋市(14日)テレビ朝日 | トップページ | 収賄で警官追起訴、上司処分=速度違反もみ消し事件-奈良県警(14日)時事 »

2015年7月14日 (火)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(14、15日単位・レベル)
7月の火災
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011002 火災の少ない月と言われる7月-ところが火災が目立ちすぎる。
 14日朝、東京・新宿区のJR新大久保駅近くで、住宅などあわせて8棟が焼ける火事があり、男性3人が軽傷を負った。
 13日夜には仙台市太白区で2階建て住宅の1階から出火、80代の住民1人が焼死した。同日未明には岐阜市鏡島精華の市立精華中の敷地で乗用車燃えた。
 7日にも東京・新宿でマンションの一室が焼け、住民の男性が死亡。同日東京・中野区でも住宅3棟が焼ける火事があった。
 総務省消防庁によると平成26年に全国で発生した火災は4万3632件で、1日に換算すると120件もあるという。最も多かった月は4月の853件、1月の816件、5月の794件と続き、7月は1年中で最も少ない530件だった。
 やはり建物火災が多く2万3569件。次いで車両火災4457件と続く。
 火災による死者は1675人。うち住宅火災による死者は1002人で、65歳以上の死者数は7割近い693人だった。
 出火原因の1位は放火で4825件。続いてたばこの火で4062件、コンロが3472件、たき火が2887件の順。
 都道府県別ではワースト1が東京で4828件。以下、愛知の2551件、大阪2478件、神奈川2366件、埼玉2361件など。
 8月からはまた多くなるので「火の元に十分気を付けましょう」と言っても、放火が多いのでは、如何ともしがたい問題ですね。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 同級生の耳たぶに画びょう“突き刺し” 名古屋市(14日)テレビ朝日 | トップページ | 収賄で警官追起訴、上司処分=速度違反もみ消し事件-奈良県警(14日)時事 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 同級生の耳たぶに画びょう“突き刺し” 名古屋市(14日)テレビ朝日 | トップページ | 収賄で警官追起訴、上司処分=速度違反もみ消し事件-奈良県警(14日)時事 »