« ASKAさんに“覚醒剤”渡した暴力団ナンバー2の男逮捕 (27日)TBS | トップページ | 高さ6m「度胸試しの場」…橋から飛び込み死亡(27日)テレビ朝日 »

2015年7月27日 (月)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(27,28日単位・レベル)
なさけなや…あ~なさけなや
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011035 病院からパソコンを盗んだとして国土交通省の46歳の職員が逮捕されたり、依頼人から預かった2億2千万円を横領した弁護士がいたり、女子生徒にみだらな行為をした埼玉県立高校の男性教諭2人が懲戒免職になるなど今月に入って各界で不祥事が相次いでいる。そんな中で目立つのが警察官による不祥事だ。
 神奈川県警では、電車で痴漢行為をしたとして40歳の巡査部長、トイレで女性を盗撮した26歳の巡査が懲戒処分。
 福岡県警では、飲酒運転で49歳の警部補と58歳の警部補がそれぞれ懲戒処分を受けて依願退職するなど、犯罪を取り締まる側の警察官の処分も目立っている。
 警察庁がまとめた今年上半期(1~6月)に懲戒処分を受けた警察官は132人もいたという。だが、この数字は前年同期と比べて7人減少し、過去6年間で最も低い数字だった。
 処分で最も多いのはセクハラなどの異性関係の54人。次いで窃盗・詐欺・横領などの刑事事件が26人。交通事故・違反が25人など。このうち逮捕されたのは33人にもなっている。
 処分の内容で最も多いのは減給の73人。戒告の25人などだが、免職も14人いた。
 処分者ランキングではワースト1が警視庁の22人。以下、埼玉県警の11人、千葉県警、大阪府警の各9人、兵庫県警の8人と続いた。
 一方、処分者0の県警は山形、山梨、福井、和歌山、徳島、香川、愛媛、佐賀、沖縄の9県警に及んだ。
 警察官は国民を犯罪から護る「護民官警察」であるべきなのにどうした!しっかりせい
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« ASKAさんに“覚醒剤”渡した暴力団ナンバー2の男逮捕 (27日)TBS | トップページ | 高さ6m「度胸試しの場」…橋から飛び込み死亡(27日)テレビ朝日 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ASKAさんに“覚醒剤”渡した暴力団ナンバー2の男逮捕 (27日)TBS | トップページ | 高さ6m「度胸試しの場」…橋から飛び込み死亡(27日)テレビ朝日 »