« 駐車場に猫の切断死骸  東京・板橋、周辺で相次ぐ(24日)産経 | トップページ | 銀行で拳銃発砲か 男が逃走 福岡・久留米(24日)NHK »

2015年7月24日 (金)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(24、25日単位・レベル)
クレセントはずし?
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1011013 ドライバーで窓ガラスを割って侵入して空き巣を働く侵入盗-ガラスを割ると言っても、ガラス窓のクレセントの位置3カ所を割って侵入することから「クレセントはずし」として知られるドロボウの手口だと思われる。
 この犯行を繰り返していた33歳の中国籍の会社員が警視庁に逮捕された。警視庁は昨年10月以降、およそ60件300万円相当の余罪があるとみているという。
 この手口は古くかある手口だが、中国人の犯行と言えば「ピッキング盗」がある。平成11年から13年にかけて日本中で発生した。
 このころ日本警察は神奈川県警の覚醒剤使用事件や埼玉県警のストーカー事件、新潟県警と関東管区警察局幹部の〝雪見酒〟事犯など不祥事が相次いだ時期だ。
 12年には侵入盗の認知件数が29万6486件で13年には30万3698件と最悪を記録。警察は事件発生処理に追われて検挙活動ができない状態だった。
 以来、犯罪抑止策もあってドロボウは減少を続け、平成26年の侵入盗の認知件数は9万3566件と激減した。
 そして今年上半期(1~6月)の認知件数は2万2735件で、昨年同期より2748件も減らした。しかし、検挙率は1.3ポイント減らし53.6%だった。
 認知件数は東京の3196件を頭に福岡の2318件、埼玉の1637件、神奈川の1456件、茨城の1406件と続く。
 検挙率は山形の126.7%をトップに100%台が3県。認知件数断トツの東京の検挙率は92.6%と全国でも高かった。
 検挙率の低いのは大阪の24.2%、鹿児島の26.4%、愛知の27.6%、新潟の30.0%、宮城の31.2%の順。侵入盗は治安に与える影響が大きいので頑張ってほしい。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 駐車場に猫の切断死骸  東京・板橋、周辺で相次ぐ(24日)産経 | トップページ | 銀行で拳銃発砲か 男が逃走 福岡・久留米(24日)NHK »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 駐車場に猫の切断死骸  東京・板橋、周辺で相次ぐ(24日)産経 | トップページ | 銀行で拳銃発砲か 男が逃走 福岡・久留米(24日)NHK »