カテゴリー

« 三社祭で入れ墨見せ威圧の疑い、組幹部ら逮捕(25日)読売 | トップページ | スマホ大量契約詐欺、中国人の契約社員ら再逮捕(25日)読売 »

2015年7月25日 (土)

介護施設送迎車の交通事故相次ぐ ことし10人死亡(25日)NHK

急速に進む高齢化のなか、介護施設を利用する高齢者などのために運転される送迎車の交通事故について、NHKが全国の警察に取材したところ、ことしに入って少なくとも120件以上の事故が起き、10人が死亡していたことが分かりました。死亡事故はいずれも専門の運転手ではなく、介護施設の職員が送迎車を運転中に発生したということで、専門家は対策の必要性を指摘しています。
厚生労働省によりますと、デイサービスを利用する高齢者は全国で年々増加し、昨年度はおよそ185万人に上っています。
デイサービスなどを行う施設の多くは、自力で通うことが難しい利用者のために車で送り迎えを行っていて、送迎中の事故が各地で起きています。NHKが全国の警察に取材したところ、ことし1月から先月までの半年間で介護施設の送迎車が関係した事故は、確認できただけで122件起きていたことが分かりました。
また、ことしに入ってからの死亡事故は、山形県や東京都、大阪府などで8件発生し、送迎中の高齢者など10人が死亡しました。8件の死亡事故について警察や施設などに取材したところ、送迎車を運転していたのは、専門の運転手ではなく、いずれも介護などを担当する施設の職員だったことも分かりました。
介護施設による車の送迎は、普通自動車の免許を持っていれば職員でも行うことができますが、厚生労働省は安全確保のために、運転を専門とする事業者に委託することが望ましいとしています。
介護の問題に詳しい淑徳大学の結城康博教授は、「介護の現場では、経営状況が厳しいため、施設の職員が日常業務と兼務して運転を行うケースが多い。仕事で大きな負担を抱える施設の職員が今後も運転を続ければ、事故が起き続けるおそれがある」と指摘したうえで、「介護と送迎を分けて行うことができるよう、国が財政措置を含めた対策を急ぐ必要がある」と話しています。

死亡の多くは施設利用の高齢者

介護施設の送迎車が関係する事故で死亡した10人のうち、8人が施設を利用した高齢者でした。
このうち、先月17日には埼玉県川越市で、デイサービスを行う施設の職員が運転する軽乗用車が道路脇のポールに衝突し、自宅から送迎中だった93歳の女性が死亡しました。警察によりますと、死亡した女性は骨粗しょう症で、シートベルトをしていましたが、事故の衝撃で胸を締めつけられて骨が折れ、大動脈りゅうを損傷して死亡したということです。
詳細は以下をクリック

« 三社祭で入れ墨見せ威圧の疑い、組幹部ら逮捕(25日)読売 | トップページ | スマホ大量契約詐欺、中国人の契約社員ら再逮捕(25日)読売 »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三社祭で入れ墨見せ威圧の疑い、組幹部ら逮捕(25日)読売 | トップページ | スマホ大量契約詐欺、中国人の契約社員ら再逮捕(25日)読売 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

留置所

無料ブログはココログ