« 2015年7月3日 | トップページ | 2015年7月5日 »

2015年7月4日

2015年7月 4日 (土)

選挙費1300万円未記載 報道圧力発言の井上議員(4日)産経

自民党の井上貴博衆院議員(福岡1区)が、初当選した平成24年の衆院選で、自民党側から寄付を受けた1300万円を選挙運動費用収支報告書に記載していなかったことが4日、分かった。事務所の担当者は「記載を忘れていた」と釈明。外部からの指摘を受け、3日付で福岡県選挙管理委員会に修正を届け出た。選挙にかかった収支は報告書に記載するよう義務付けている公職選挙法に抵触する可能性がある。
 事務所などによると、投開票日前の24年12月、自民党本部から井上氏が代表を務める党福岡県第1選挙区支部に入金があり、全額が選挙関係費の名目で井上氏に寄付された。支部の収支報告書には井上氏の領収書も添付されていたが、選挙運動費用収支報告書に寄付を記載していなかった。
 井上氏は、自民党若手議員が開いた勉強会で、「(報道機関に圧力をかけるには)広告料収入、テレビの提供スポンサーにならないことが一番こたえる」などと発言した。http://www.sankei.com/affairs/news/150704/afr1507040013-n1.html

| コメント (0)

「振り込め詐欺に注意を」 児童らが祖父母に手紙 (4日)TBS

東京・杉並区の小学校で、児童らが振り込め詐欺について学び、祖父母に手紙を書いて注意を呼びかける特別授業が行われました。
 振り込め詐欺について漫画などを通して学ぶ特別授業が行われたのは、杉並区の杉並第一小学校です。授業の中で児童らは、自分の祖父母に振り込め詐欺に注意するよう呼びかける手紙を書きました。
 「(祖父母への手紙には)もし詐欺とかの電話がかかってきたら、すぐに(私に)教えてもらって電話とかで話をして下さいと書きました」(児童)
 児童らが書いた手紙は実際に郵送されるということで、杉並区は「今後も振り込め詐欺について学ぶ授業を実施していきたい」としています。(04日15:11)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2532727.html

| コメント (0)

観光バス横転、14人重軽傷 路面でスリップか 大分(4日)朝日

 4日午後1時半ごろ、大分県別府市南畑の大分自動車道下り線で、日豊観光バス(大分市森町)の中型観光バスが横転し、運転手の男性(47)と広島県から社員旅行で訪れていた乗客13人のうち、30~50代の男性3人が腰や肋骨(ろっこつ)を折るなど14人全員が重軽傷を負った。いずれも命に別条はないという。
 大分県警高速隊によると、現場は片側2車線の緩やかな右カーブ。バスは走行中に横転し、運転手は「ブレーキを踏んだらすべった」と話しているという。事故当時、雨で路面がぬれており、県警はタイヤがスリップした可能性があるとみて調べている。
 乗客は、広島市の自動車部品製造会社の社員ら。4日朝に大分県内に入り、宇佐市の宇佐神宮などを観光し、別府市の宿泊場所に向かう途中だったという。
 横転したバスの撤去作業などのため、大分道の湯布院インターチェンジ(IC)―別府ICと、東九州自動車道の日出ジャンクション―速見ICの下り線が一時通行止めになった。

Logo2_2http://www.asahi.com/articles/ASH7464F9H74TIPE02V.html

| コメント (0)

御嶽山遺族会、行政と意見交換=火山防災対策で要望-長野(4日)時事

57人が死亡し戦後最悪の火山災害となった御嶽山(長野・岐阜県境)噴火の遺族でつくる「山びこの会」は4日、長野県松本市で行政担当者らと意見交換会を開いた。同会は遺族側の立場から、政府の中央防災会議が3月末にまとめた火山防災対策の報告書に対し、行政機関の連携などを要望した。
 参加したのは、7都府県の遺族14組25人と内閣府や気象庁、長野県などの行政担当者7人。冒頭、犠牲者に全員で黙とうをささげ、会合は非公開で行われた。
 終了後記者会見した遺族によると、会合では、中央防災会議火山防災対策推進ワーキンググループ(WG)がまとめた登山届制度導入などを盛り込んだ報告書について、WG座長を務めた藤井敏嗣東京大名誉教授らから説明を受けた。遺族側からは、行政機関間で緊密な連携を取り、迅速に情報を提供することなどを要望したという。(2015/07/04-20:07)

2015/07

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(4,5日単位・レベル)
10歳代に多い行方不明者
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1010960 どこにどうやって生きているのか
 警察庁によると平成26年に全国の警察が行方不明者として受理した人数は8万1193人にのぼるという。男性が5万2736人、女性が2万8457人。
 年齢別で最も多いのは10歳代の1万7763人、20歳代の1万5814人、70歳以上が1万5210人で、全体に占める割合は少年が23.1%、成人が76.9%となる。これを人口10万人当たりに換算すると10歳代がやはり多く151.6。次いで20歳代が122.8となり、次ぎに30歳代が67.0と続いた。
 これに対して「行方不明届け」は出したが、その後に所在が確認されたのは7万9269人。このうち死亡していたのは4115人だった。
 原因別では「その他」の25.7%と「不詳」の17.6%を除いて最も多かったのは疾病関係が20.3%。この中には認知症が13.3%も含まれる。次が家庭関係で20.2%、事業・職業関係が10.8%の順。
 行方不明者が多かったのは昭和の時代。57年が10万5653人と58年が11万5236人もあった。当時は第二次オイルショックの〝谷〟だったので大きく影響しているが、果たして現代は……そま謎は認知症もそうだが10歳代の若者にありそうだ。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

文化祭、爆破予告で中止 千葉の県立高(4日)産経

4日午前8時ごろ、千葉市稲毛区の県立千葉東高に仕掛けた爆弾を爆破すると、県警本部に電子メールで予告があった。県警から連絡を受けた千葉東高は開催予定だった文化祭を中止し、校内にいた約1200人の生徒や教職員は帰宅するなどした。
 千葉北署によると、予告には「今日(4日)正午爆破する」と書かれてあったが、同日正午に校内で爆発はなく、不審物は見つかっていない。同署は威力業務妨害容疑で捜査している。
 千葉東高の河野千津子副校長は「全校生徒が協力して文化祭の準備をしてきたのに残念だ」と話した。http://www.sankei.com/affairs/news/150704/afr1507040008-n1.html

| コメント (0)

捜査関係書類、報道機関に誤送信 福島県警(4日)産経

福島県警は4日、捜査対象の車のナンバーや車種などの情報が記載された書類1枚を、県警記者クラブ加盟の報道機関16社に誤ってファクス送信したと明らかにした。報道機関以外には送信されず、同日回収した。
 県警によると、誤送信したのは、容疑者が乗った車を自動車ナンバー自動読み取り装置(Nシステム)で調べるよう依頼する「検索申請書」。車のナンバーと車種が明記されていた。
 4日午前3時45分ごろ、県警本部の当直担当の男性警察官がよく文面を確認せずに誤送信。本来は高速道路の通行止めに関する報道発表文を送る予定だったという。
 県警は「再発防止に努めたい」としている。http://www.sankei.com/affairs/news/150704/afr1507040010-n1.html

| コメント (0)

郵便局強盗、「少々お待ち下さい」にしびれ切らし逃走 (4日)TBS

東京・豊島区の郵便局に男が押し入り、現金を奪おうとしましたが、局員が対応しなかったため、しびれを切らし、逃走しました。男は、わずか10分後に身柄を確保されました。
 3日午後2時半ごろ、豊島区の雑司が谷郵便局に男が押し入り、窓口にいた局員の女性(28)にカッターナイフを突きつけ、「金を出せ」と脅しました。
 男は「早くしろ」と繰り返しましたが、女性が「少々お待ち下さい」と言って、現金を用意するそぶりを見せないことから、しびれを切らし、何も取らずに逃走しました。
 男は、わずか10分後に200メートル離れた路上を歩いていたところを、警察官に身柄を確保されました。強盗未遂の疑いで逮捕されたのは豊島区の無職・佐藤東明容疑者(66)で、取り調べに対し、「110番で警察を呼ばれたらと思い、怖くなって逃げました」と容疑を認めているということです。(04日15:12)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2532728.html

| コメント (0)

NHK関連団体嘱託職員 危険ドラッグ輸入容疑で逮捕(4日)NHK

NHKの関連団体、NHKインターナショナルの嘱託職員が法律で規制されている指定薬物を含む危険ドラッグを輸入したとして、医薬品医療機器法違反の疑いで関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕されました。
逮捕されたのはNHKインターナショナル国際事業部の契約嘱託職員でエグゼクティブプロデューサーの池尾優容疑者(64)です。関東信越厚生局麻薬取締部によりますと先月10日、法律で規制されている指定薬物を含む液体の危険ドラッグをイギリスから輸入したとして、医薬品医療機器法違反の疑いがもたれています。調べに対し、容疑を認めているということです。
池尾嘱託職員は平成18年にNHKを定年退職し、去年からNHKインターナショナルで海外の放送局の支援などにあたっていました。NHKインターナショナルは「嘱託職員が逮捕されたことは誠に遺憾であり、事実関係を把握したうえで厳正に対処します。当局の捜査には全面的に協力していきます」としています。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150704/k10010138761000.html

| コメント (0)

5月のひき逃げ 実は“待ち伏せ” 殺人未遂だった(4日)テレビ朝日

今年5月、仙台市で男性がひき逃げされる事件がありました。その後の捜査で、元同僚の男が意図的にはねた疑いが強まり、警察は殺人未遂の疑いで男を逮捕しました。
 逮捕された仙台市の無職・芳賀信博容疑者(47)は今年5月、仙台市内の路上で、元同僚の44歳の男性を車ではね、殺害しようとした疑いが持たれています。男性は左足の骨を折る大けがをし、警察はひき逃げ事件として捜査していました。その後、防犯カメラに車で待ち伏せをする男の姿が確認されたため、殺人未遂事件に切り替えて調べを進めていたところ、3日夜に芳賀容疑者が自首したため、緊急逮捕しました。芳賀容疑者は「陰口を言われた」「殺すつもりはなかった」と供述しているということです。

2009_1229_211958annlogo1_4
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000054012.html

| コメント (0)

マンション火災 男女5人が搬送 仙台・北山(4日)共同

4日午前6時50分ごろ、仙台市青葉区北山2丁目のマンション「北山ハイツ」(43世帯、鉄筋コンクリート6階)の106号室、無職柳田寛さん(67)方から出火、室内が焼けて約2時間半後に鎮火した。
 仙台北署によると、柳田さんと60代の妻、30代の息子、息子の知人の30代女性が煙による喉の痛みを訴え、病院に運ばれた。市消防局によると、別の部屋に住む男性(77)も搬送された。
 北署は、柳田さんが利用する酸素呼吸器の酸素に、ストーブの火が引火したのが原因とみている。
 マンション2階に住む女性は「煙は真っ黒で怖かった。吸わないようにかがんで廊下を歩き、近所に避難を呼び掛けた」と話した。
 現場は北山霊園に近い住宅地。消防車など23台が出動し、周辺は一時騒然となった。

| コメント (0)

暴力団担当の元警部銃撃事件 工藤会系組幹部を逮捕(4日)テレビ朝日

2012年、北九州市で福岡県警の元警部の男性が銃撃された事件で、犯行に使ったとみられるバイクを盗んだとして、警察が特定危険指定暴力団工藤会系の組幹部ら4人を逮捕していたことが分かりました。
 この事件は2012年4月、北九州市小倉南区の路上で、福岡県警OBの男性(当時61)がバイクで近付いてきた男に拳銃で左足や腰を撃たれ、重傷を負ったものです。この事件で、犯行に使ったとみられるバイクを盗んだ疑いで、4日までに工藤会系組幹部ら4人を逮捕していたことが捜査関係者への取材で分かりました。OBの男性は、工藤会などの暴力団捜査を担当していたことから、警察は、工藤会トップである野村悟被告の指示によって犯行が行われた疑いがあるとして、野村被告の再逮捕も視野に捜査しています。

2009_1229_211958annlogo1_3http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000054011.html

| コメント (0)

【ZOOM東北】福島県警、2億円超えた特殊詐欺被害に「特別捜査隊」投入(4日)産経

特殊詐欺被害が全国的に目立っているが、福島県内でも激増している。県警によると、今年1~5月の被害件数は81件に上り、被害額は2億円を超えた。前年同期に比べ件数は2倍で、被害額は約5400万円も多い。過去最悪の状況に、県警は「特殊詐欺対策特別捜査隊」を設置するなど摘発と、防犯PRに力を入れている。(黒沢通、写真も)
 県警によると、5月末までに、特殊詐欺のうち「オレオレ詐欺」とみられるとして、県民からあった通報件数は計1585件。前年同期比で1303件も増加した。オレオレ詐欺の1件当たりの被害額は246万円で、昨年の平均額466万円を下回ったが、怪しまれないように要求額を下げている可能性もあるという。
 被害の特徴は、女性の被害が多い▽県中部の「中通り」地域の被害が多発▽東京など関東圏や県内駅周辺で現金手渡しによる被害が増加-など。中通りが多い理由について、県警は「新幹線の沿線で、犯人が(首都圏などから)来やすくて逃げやすい」と指摘する。
 オレオレ詐欺は2日に分けて電話をかけてくるケースが多いという。1回目は夜間で、「風邪をひいて声がおかしい」「携帯を変えた」などと説明し、電話の相手が自分の息子と、高齢者らを信用させる。2日目は昼間で、「会社の金を使い込んだ」「不倫して慰謝料を請求された」などさまざまな理由で金銭を要求するという。
 警察官を名乗る詐欺も発生している。地元の警察署や警察本部の所属と偽り、「詐欺グループから押収したものにあなた名義の通帳があった」「貯金が危ないので下ろした方がいい」「キャッシュカードも新しくした方がいい」「暗証番号を教えて」と説明。警察官を装ってカードを受け取り、現金自動預払機(ATM)から現金を引き出すという。
 特殊詐欺グループは、家族の実名を名乗ることもあるため、何らかの手段で、名簿などの個人情報が渡ってしまった可能性もある。

| コメント (0)

警官が酒気帯び運転の疑い 職質受け車ぶつける 福岡(4日)朝日

 酒を飲んで車を運転したとして、福岡県警は4日、県警小郡署地域課の警部補、筬島(おさじま)武志容疑者(49)=同県宗像市稲元7丁目=を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕し、発表した。容疑を認めているという。
 監察官室によると、筬島容疑者は4日午前0時半ごろ、同県粕屋町長者原西2丁目の町道で、酒気を帯びた状態で軽乗用車を運転した疑いがある。
 交差点で突然後進し、右折する車を、粕屋署の飲酒捜査の車両が見つけて停止を求め、職務質問。呼気から1リットルあたり0・59ミリグラムのアルコールが検出された。職務質問中に筬島容疑者は車をバックさせて捜査車両にぶつけたといい、逃走を図ろうとしたと監察官室はみている。
 筬島容疑者は3日夕に小郡署の勤務を終え、JR博多駅構内の飲食店で50代の知人女性と酒を飲み、この女性を送る途中だったという。「ビール5~6杯と焼酎を飲んだ」と供述しているという。
 鍛治田敬・首席監察官は「県警を挙げて飲酒運転の撲滅に取り組んでいる中、このような事案が発生し、深くおわび申し上げます」とのコメントを出した。

Logo2
http://www.asahi.com/articles/ASH7430RVH74TIPE003.html

| コメント (0)

箱根山で“火山泥流” 気象庁発表の半日前に噴火か(4日)テレビ朝日

ごく小規模な噴火が確認された箱根山の大涌谷で、火山泥流とみられる現象が起きていたことが分かりました。
 先月29日午後3時ごろ、神奈川県温泉地学研究所が許可を得て大涌谷に立ち入り、撮影した映像です。研究所によりますと、勢いよく流れる土砂は小規模な火山泥流とみられ、噴き出した水蒸気が地表付近で急激に冷やされ、土砂とともに流れ出た可能性があるということです。また、この3時間ほど前に、大涌谷の定点カメラに粘着性の水滴が付いているのが確認されました。研究所は、この水滴が水蒸気噴火に伴う火山灰を含んだものと分析しています。気象庁は、噴火したのは先月29日夜から30日にかけてとみられると発表しましたが、研究所は、噴火はそれより半日ほど早い可能性を指摘しています。

2009_1229_211958annlogo1_2
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000053991.html

| コメント (0)

千葉の市立病院 手術患者7人相次ぎ死亡(4日)NHK

千葉市の市立病院の心臓血管外科で、先月までの3か月間に手術を受けた患者7人が相次いで死亡していたことが分かり、病院では、外部の専門家を交えた委員会を設置して詳しい経緯や原因の調査を行うことになりました。
患者が相次いで死亡したのは、千葉市美浜区の千葉市立海浜病院です。
病院の説明によりますと、心臓血管外科でことし4月から先月までの3か月間に、心臓や血管の手術を受けた50代から70代までの患者7人が相次いで死亡したということです。
手術は心臓血管外科の医師2人が執刀し、患者は手術の翌日から20日までの間に死亡したということです。
病院は、短い期間に患者が死亡するケースが続いたことから、近く外部の専門家も加えた委員会を設置して、詳しい経緯や原因の調査を行うことにしています。
また、調査結果が出るまでの間、心臓を切開する手術や大動脈瘤の手術など、患者の負担が重い手術を停止するということです。
千葉市立海浜病院の加藤勝夫事務長は「現時点で医療事故があったとは考えていないが、相次いで患者が死亡したことを重く受け止めており、委員会で詳しく調査していきたい」と話しています。

News_pic1_2
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150704/k10010138661000.html

| コメント (0)

新幹線事件みたいに火を付けると市職員を脅迫容疑 69歳男逮捕(4日)共同

兵庫県の西宮市職員に対して「新幹線の事件みたいに、ガソリンを持って火を付けに行く」などと脅迫したとして、西宮署は4日、同市高須町1、無職露口勝義容疑者(69)を逮捕した。
 逮捕容疑は3日午後3時半ごろ、自宅から市国民健康保険課に電話し、市職員の男性(22)に、東海道新幹線の放火事件を引き合いに「わしもガソリンを持って火を付けに行くからな」などと脅迫した疑い。「電話はしたが脅迫はしていない」と容疑を否認している。
 同署によると、当初は保険料の支払い方法などについて話していたが、次第に激高。露口容疑者は「何であんなやつが市長やねん。やめさせられへんならわしが殺したるわ」などとも脅したという。

2010_0123_11120247newslogo1_2
http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201507/0008178840.shtml

| コメント (0)

【拉致再調査】「説明求めたい」 家族会と救う会、担当相への面会要望へ(4日)産経

拉致被害者の家族会と支援組織「救う会」は近く、山谷えり子拉致問題担当相への面会を要望する方針で、今後の北朝鮮への対応に関して説明を求める。
 3日に両会が発表した声明では、「調査報告など問題ではなく『全被害者の一括帰国』の実現が評価の基準だ」と強調。さらに、昨年5月に日朝両政府が拉致被害者らの再調査をすることを決めた「ストックホルム合意」に関し、「ストックホルム合意に基づく現在の枠組みで『全被害者の一括帰国』が実現するとみているのか」と疑問を投げかけ、説明を求めている。

http://www.sankei.com/affairs/news/150704/afr1507040002-n1.html

| コメント (0)

警察職員、温泉施設に盗撮で侵入容疑 熊本県警が現行犯逮捕(4日)産経

熊本県警は3日、盗撮目的で同県宇城市の温泉施設に侵入したとして、建造物侵入の疑いで、熊本北署会計課職員の木崎伸也容疑者(57)=熊本市西区=を現行犯逮捕した。県警が4日未明、発表した。
 逮捕容疑は、3日午後9時50分ごろ、女湯を盗撮するため、ビデオカメラを持って宇城市の温泉施設に侵入した疑い。
 屋外から女湯を撮影していたところを施設の従業員に見つかり、取り押さえられた。カメラには盗撮した映像が記録されていたという。http://www.sankei.com/affairs/news/150704/afr1507040004-n1.html

| コメント (0)

子どもスマホ、9割ルール必要=犯罪被害防止、アプリ制限で対策-警視庁アンケート(4日)時事

子どもにスマートフォンを利用させる場合に、一定の制限などルールを設けることが必要と考える人が9割以上に上ることが、警視庁が実施したアンケート調査で4日、分かった。必要と回答した人の約6割が、理由として「子どもが犯罪の被害に遭うのを防ぐため」を挙げた。
 調査は警視庁が警察業務の課題について意見を聞く「安全安心モニター」の中で2月に実施。対象は公募した18歳以上の都内在住者ら993人で回答率は約9割だった。
 調査結果によると、子どものスマホ利用のルール作りについては、「必要」または「どちらかというと必要」と回答した人が約93%を占めた。
 理由は「子どもが犯罪被害に遭うのを防ぐ」がトップで、次いで「有害サイトを閲覧させない」や「ゲームやメール利用に依存させない」などが続く。「友人間のトラブルが心配」との回答も2割近くあった。
 具体的に必要だと思うルールは、「利用できるアプリを制限する」が約8割で最も多く、次いで有害なサイトへのアクセスを防止する「『フィルタリング』を外さない」「ルール違反をした場合の約束事を決める」などの順だった。
 警視庁は、少女らがネットを通じて犯罪被害に巻き込まれるのを防止するサイバー補導で2014年度、13~19歳の少女ら約350人を補導。下着販売や援助交際申し込みなどの書き込みをして補導された少女らのうち、過去に補導や非行歴のない者が6割以上だった。同庁はスマホの普及やコミュニティーサイト利用の急増が背景にあるとみている。(2015/07/04-05:17)

2015

| コメント (0)

DV夫に妻の避難先漏えい 関西の警察署でミス (4日)共同

関西地方のある警察署で6月、妻へのドメスティックバイオレンス(DV)で裁判所から保護命令を受けた男性に、妻が避難している一時保護施設を記した書類を見られてしまうミスがあったことが3日、関係者への取材で分かった。
 妻は別の場所に逃れて無事だが、この施設は男性の来訪を恐れ、運営できない状態が続いているという。署は既に謝罪し、署を所管する警察本部は「被害者と施設関係者を不安な気持ちにさせてしまった。大変申し訳ない」としている。

2010_0123_11120247newslogo1
http://www.47news.jp/CN/201507/CN2015070301002078.html

| コメント (0)

工藤会:「犯罪ボーナス」 「上納金」から組員側に(4日)毎日

特定危険指定暴力団「工藤会」(本部・北九州市)を巡る事件で、工藤会が傘下の組員から集めた「上納金」から、事件を起こした組員側に報酬を支払っていたことが捜査関係者への取材で分かった。福岡県警特別捜査本部は、トップで総裁の野村悟容疑者(68)=所得税法違反(脱税)容疑で逮捕=が、金庫番で同会幹部、山中政吉容疑者(64)=同=らに支払いを指示したとみている。上納金を厳しく取り立てる一方、凶悪事件を起こすと報酬を渡す「アメとムチ」とも言える支配実態が明らかになった。

 報酬の支払いが明らかになったのは、昨年5月、北九州市小倉北区の駐車場で30代の男性歯科医を刃物で刺し殺そうとしたとされる事件。今年2〜6月、野村容疑者ら13人を組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)容疑で逮捕し、うち7人が起訴された。捜査関係者によると、事件後工藤会から実行役の組幹部ら側に報酬が支払われたという。
 野村容疑者らは、福岡市の路上で2013年1月に40代の女性看護師を殺害しようとしたとして、組織的殺人未遂容疑でも逮捕・起訴されている。捜査本部はこの際にも報酬が支払われた可能性があるとみている。
 県警が口座の送金記録などを調べたところ、報酬は直接事件に関与した組員に支払われるのではなく、その家族に生活費として渡されていた。捜査本部は資金の流れや事件との関係についてさらに解明を進める。
 野村容疑者に吸い上げられた上納金は、13年までの4年間で約10億円。野村容疑者は、このうち約2億2700万円を除外して申告し、所得税約8800万円を脱税した疑いで先月16日、再逮捕された。容疑とされている約2億2700万円は、野村容疑者本人の遊興費や妻、元妻、愛人、子供らの生活費などに充てられたため、国税当局は個人所得と認定した。
 一方、事件の報酬として組員側に払われた資金は、工藤会の運営に使われたもので野村容疑者の私的な個人所得とは認められないため、逮捕容疑には含まれていない。

Logo_mainichi_s1
http://mainichi.jp/shimen/news/20150704ddm041040125000c.html

| コメント (0)

元警察官銃撃 工藤会幹部ら 本格的な捜査へ(4日)NHK

3年前、北九州市で、暴力団の捜査を長年担当した元警察官が拳銃で撃たれて大けがをした事件で、警察は、特定危険指定暴力団・工藤会トップの幹部ら十数人が犯行に関与した疑いが強まったとして、組織犯罪処罰法違反の殺人未遂などの疑いで近く本格的な捜査に乗り出す方針です。
3年前の平成24年4月、北九州市小倉南区の路上で、福岡県警察本部の元警部で当時61歳の男性が、オートバイに乗った男に拳銃で撃たれて大けがをしました。
元警部が30年余りにわたって暴力団犯罪の捜査を担当し、退職前には工藤会に対する特別捜査班の責任者だったことから、警察は、工藤会が関わった疑いがあるとみて捜査していました。
その結果、別の事件で起訴された幹部の供述などから、上納金を巡る脱税事件で逮捕されている工藤会のトップで総裁の野村悟容疑者(68)らの指示で、暴力団員らが実行役や下見役などに分かれて組織的に犯行に及んだ疑いのあることが分かったということです。
警察は、野村容疑者ら幹部と暴力団員など合わせて十数人が銃撃事件に関与した疑いが強まったとして、近く、組織犯罪処罰法違反の殺人未遂などの疑いで本格的な捜査に乗り出す方針です。

News_pic1
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150704/k10010138381000.html

| コメント (0)

車とトラックに挟まれ3人けが、東京・六本木 (4日)TBS

3日夜、東京・六本木の路上で乗用車がバックした際、歩行者の男女3人が後ろから来たトラックとの間に挟まれ、けがをする事故がありました。
 事故直後の映像です。3日午後8時ごろ、港区六本木で道路を左折した乗用車が前から来た対抗車を避けるためバックした際に、横断歩道を渡っていた男女3人をはねる事故がありました。さらに、3人は乗用車と後ろから来たトラックの間に挟まれ、30代の男性が左足を骨折したほか、別の30代の男女も足などに軽いけがをしました。
 警視庁は乗用車を運転していた51歳の女性から話を聴くなど、事故の原因を詳しく調べています。(04日01:03)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2532400.html

| コメント (0)

マンション14階のベランダから転落、4歳児が死亡 (4日)TBS

3日夜、川崎市・川崎区の高層マンションで、14階のベランダから4歳の男の子が転落し、死亡する事故がありました。
 3日午後6時半ごろ、川崎区にある15階建てのマンションで、「子どもが上の階から下に落ちていった」と住民から119番通報がありました。
 消防が駆けつけたところ、このマンションの14階の部屋に住む保育園児で4歳の竹花翔ちゃんが倒れているのが見つかり、病院に運ばれましたが、まもなく死亡が確認されました。警察によりますと、事故当時、部屋には翔ちゃんのほか、父親と1歳の妹がいたということです。
 ベランダには踏み台があり、警察は翔ちゃんが誤ってベランダから転落したとみて、事故の原因を調べています。(04日00:46)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2532401.html

| コメント (0)

茨城・男子生徒“暴行死” 別の少年2人逮捕(4日)テレビ朝日

茨城県常陸太田市で高校3年の男子生徒を殴って死亡させたとして同級生3人が逮捕された事件で、警察は新たに別の少年2人を逮捕しました。
 今月3日、傷害致死の疑いで逮捕されたのは、那珂市の高校3年の少年ら2人です。少年2人は先月28日、高校3年の小野瀬拓海さん(17)の頭などを殴り、死亡させた疑いが持たれています。この事件を巡っては、これまでに小野瀬さんの中学の同級生で、遊び仲間の少年3人が逮捕されていますが、そのうち1人が新たに逮捕された少年2人の関与を認めたということです。少年2人は「現場にはいたが、暴行はしていない」と容疑を否認しています。

2009_1229_211958annlogo1
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000053989.html

| コメント (0)

« 2015年7月3日 | トップページ | 2015年7月5日 »