« 2015年7月1日 | トップページ | 2015年7月3日 »

2015年7月2日

2015年7月 2日 (木)

消防用ホースの筒先 盗難被害相次ぐ(2日)NHK

消防用ホースの筒先が盗まれる被害が全国で相次ぎ、このうち奈良県ではこの半年ほどの間に146本が盗まれていることが、警察への取材で分かりました。被害が集中している地区は人口減少や高齢化が進んでいるところで、住民の見回りなども難しい地区が狙われたとみられています。
奈良県葛城市の笛吹地区では、先月20日に道路脇に設置された消火用ホースを保管する格納箱から筒先だけがなくなっているのを住民が見つけ、警察に通報しました。なくなっていた筒先の部品は、長さおよそ60センチで、放水する際に水圧などを調節するものです。格納箱は、火事の際にすぐに使えるよう鍵はかかっておらず、警察は、夜間に盗まれたとみています。
消火用ホースの筒先が盗まれる被害は全国で相次ぎ、警察によりますと、奈良県ではことしに入って先月下旬までに146本に上るということです。奈良県の被害は、人口減少が進んでいる山間部の地域に集中していて、日中でも人通りが少ないほか、住民による見回りなども難しいということです。
被害があった地区の住民は、「地域の人の命を守るための大切なものなのに、なくなってしまい、大変困っています」と話していました。
消火用ホースの筒先は、しんちゅう製だと高いもので3万円前後で売買されるということで、警察は、売却する目的で盗んだものとみて捜査しています。

News_pic1_5
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150702/k10010136691000.html

| コメント (0)

中国から帰国の男、9年前の傷害致死事件で逮捕 警視庁(2日)産経

東京・池袋で平成18年4月、中国人留学生の男性=当時(25)=を暴行し死亡させたとして、警視庁組織犯罪対策2課は2日、傷害致死や逮捕監禁などの疑いで、住所不定、職業不詳の新居浩司容疑者(40)を逮捕した。
 逮捕容疑は、中国籍の男らと共謀し、18年4月1日早朝、豊島区池袋2丁目の雑居ビルで、トラブルになった留学生の男性らに暴行を加え、男性を死亡させるなどしたとしている。「金づちのようなものを頭めがけて投げた」と容疑を認めている。
 組対2課によると、新居容疑者は事件直後に中国に出国、警視庁が指名手配していた。2日午前に入国したとの情報があり、捜査員が成田空港で取り押さえた。
 組対2課はこれまでに中国籍の男5人を逮捕。ほかにも6人が関与したとみて捜査している。http://www.sankei.com/affairs/news/150702/afr1507020036-n1.html

| コメント (0)

「数年後シミだらけに」→美顔器契約→カード情報悪用 警視庁、男2人を逮捕(2日)産経

美顔器の売買契約を装って客にクレジットカードを提示させ、カード番号などを取得したとして、警視庁生活経済課は、割賦販売法違反(カード番号などの不正取得)容疑で、東京都渋谷区神泉町の無職、小泉登(33)と川崎市多摩区南生田の派遣社員、北原良(りょう)(40)の両容疑者を逮捕した。同課によると2人とも容疑を認めている。
 2人の逮捕容疑は昨年2月17日、横浜市の女性会社員(23)に「数年後にシミだらけになる」などと話して嘘の美顔器売買契約を持ちかけ、提示されたクレジットカードの情報を不正取得したとしている。
 同課によると、当時、小泉容疑者は美顔器販売「ユニティ」の実質経営者、北原容疑者は同社の契約担当社員だった。2人は不正取得したカード情報を悪用してインターネットで50万円分のギフト券を購入し、現金に換金していた。このほか少なくとも3人の被害者がいるとみられる。http://www.sankei.com/affairs/news/150702/afr1507020024-n1.html

| コメント (0)

「未必の殺意」で殺人容疑適用 新幹線焼身自殺男に神奈川県警 (2日)日経

東海道新幹線放火事件で、神奈川県警は車内で焼身自殺した林崎春生容疑者(71)に乗客が巻き添えで死んでも構わないという「未必の殺意」があったとの見方を強め、殺人容疑を適用したとみられることが2日、捜査関係者への取材で分かった。
 密閉された車内で引火性の強い液体に着火するのは極めて危険な行為で、県警は林崎容疑者が車内に持ち込んだのはガソリンの可能性が高いとみて、入手経路の特定を急いでいる。
 県警によると、林崎容疑者は事件現場の1号車でポリタンクに入った液体を自分の体にかけ、ライターで着火した。火を付ける直前には近くの乗客に「あなたも逃げなさい」と話していた。
 地元消防によると、現場車両は天井パネルが数メートルにわたり剥がれ落ちており、出火当時、激しく燃え上がったとみられる。巻き添えで死亡した桑原佳子さんは気道熱傷による窒息死だった。〔共同〕http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG02H3R_S5A700C1CC0000/

| コメント (0)

「C-C-B」元メンバー、覚醒剤所持容疑で逮捕 (2日)TBS

「Romanticが止まらない」の大ヒットで知られ、80年代に活躍したバンド、C-C-Bの元メンバーが、覚醒剤を所持していたとして逮捕されました。
 逮捕されたのは、C-C-Bでキーボードを担当していた田口智治容疑者(54)です。田口容疑者は2日午前、東京・足立区の自宅で、2つの袋に小分けした覚醒剤1.95グラム、末端価格でおよそ14万円相当を所持していた疑いがもたれています。
 自宅からは、覚醒剤を吸引するためのガラスパイプなども押収されました。
 田口容疑者は、「覚醒剤は私が使用するために持っていました」などと容疑を認めているということです。(02日18:12)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2531219.html

| コメント (0)

グーグル検索で逮捕歴記事…削除を命じる決定(2日)読売

インターネット検索サイト「グーグル」で検索すると、自分の逮捕歴に関する記事が表示されるのは人格権の侵害だとして、米グーグルに表示の削除を求めた男性の仮処分申請に対し、さいたま地裁(小林久起裁判長)が削除を命じる決定を出したことがわかった。
 決定は6月25日付。グーグルは決定を不服として争う方針。
 決定によると、男性は2011年、18歳未満の女子高校生に金を払ってわいせつな行為をしたとして児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で逮捕され、罰金50万円の略式命令を受け、即日納付した。グーグルで自分の名前などを検索すると、今でも逮捕時の記事が表示されるため、「事件を反省して新生活を送っているのに、人格権(更生を妨げられない権利)が侵害されている」と主張していた。
 同地裁は、比較的軽微な罪で、歴史的・社会的意義もないことなどから、ネットに表示し続ける公共性は低いとの判断を示し、「平穏な社会生活が阻害される恐れがある」として、検索結果に表示される49件の検索結果を消すよう命じた。
 これに対し、グーグルは「表現の自由や利用者の知る権利を侵害する危険性がある。表示を削除しても、リンク先のページはネット上に残ったままで、閲覧を完全に防ぐことはできない」と反論している。

2015年07月02日 20時24分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

ガソリン7リットルを購入=焼身自殺、計画的に準備か-林崎容疑者(2日)時事

東海道新幹線のぞみ車内で男が焼身自殺し、巻き添えで女性が死亡した事件で、自殺した林崎春生容疑者(71)が事件前日、ガソリンスタンド(GS)で金属製携行缶とガソリン7リットル分を購入していたことが2日、神奈川県警への取材で分かった。県警は、同容疑者が自殺を決意し、計画的に準備を進めた可能性があるとみている。
 県警はまた、現場に放置されたポリタンク内の残留成分の鑑定から、同容疑者が放火の際にかぶった液体はガソリンと特定した。
 県警によると、事件前日の6月29日午前、林崎容疑者が東京都杉並区の自宅から約1キロのGSを訪れていた。何も載せていない台車を持ち込み、男性従業員に「車がガス欠になった」とガソリンの販売を要求。従業員が「携行缶が必要」と告げると、その場で20リットルサイズの携行缶1個を1万円で買ったという。
 さらに、ガソリンも7リットル1000円で買い、自分で携行缶に注いだ。
 同容量の携行缶は容疑者宅で押収された。県警はガソリンを携行缶に入れて自宅に持ち帰った後、ポリタンクに移し替えたとみている。(2015/07/02-19:34)

2015/07/02-19:

| コメント (0)

所在不明の子ども 少なくとも31人(2日)NHK

全国の自治体が去年10月の時点で所在を確認できないとしていた141人にのぼる18歳未満の子どもについて、NHKが都道府県などに聞いたところ、半年以上がたった今も少なくとも31人の所在が把握できていないことが分かりました。
厚生労働省が去年初めて行った調査で、住民票はあるものの健診を受けていなかったり、学校に通っていなかったりして、自治体が所在を確認できないとした18歳未満の子どもは、去年10月の時点で全国22の都道府県で141人にのぼることが明らかになりました。
調査から半年以上がたち、NHKではこうした子どもがいた都道府県や政令指定都市などにその後の状況を聞いたところ、多くの子どもの所在が確認されていました。
親が外国籍で、住民票を残したまま出国していたケースが多く、中には親が児童手当の手続きに来た際に、子どもの安全が確認されたこともあったということです。
しかし所在が把握できていない子どもは、全国で今も少なくとも31人にのぼることが分かりました。内訳は大阪府と兵庫県でそれぞれ6人、神奈川県で3人、東京都と愛知県などで2人ずつとなっていて、先週、神奈川県内で遺体で見つかった東京の女性の長男も含まれています。
厚生労働省はことしも同様の調査を6月1日現在で行っていて、秋までに状況を取りまとめたいとしています。

News_pic1_4
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150702/k10010136481000.html

| コメント (0)

樹海に女性遺体を“遺棄” 逮捕の40代男、容疑否認(2日)テレビ朝日

20代の女性を樹海に遺棄したとして、41歳の男を逮捕です。
 東京都立川市の自称・不動産賃貸業、米田昭則容疑者は3月、山梨県富士河口湖町の樹海内に福井県に住む20代の女性の遺体を遺棄した疑いが持たれています。
 警察によりますと、女性は服を身に着けた状態で倒れていたということです。女性の交友関係を調べたところ、米田容疑者が浮上しました。米田容疑者は「遺棄していない」と容疑を否認しています。事件前、女性は家族などに自殺をほのめかしていて、警察が詳しい経緯を調べています。

2009_1229_211958annlogo1
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000053886.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル3

首都東京体感治安(2、3日単位・レベル)
警察はもっと勉強しなさい
【治安うんちく】

2009_1228_22521931F1010937 銀行員を名乗る男から「金を振り込め」と言われた80歳代の女性が警察に相談。警察は「振り込め詐欺」とみて、ATMからお金を振り込むふりをして口座を聞き出そうとした。しかし、間違って100万円を振り込んでしまったという。
 「振り込め」と言われた大分県国東市の80代の女性が警察に相談。対応したのが27歳の巡査。
 だまされたふりをしてATMに行き、口座番号を聞き出そうと相手から指示されるままボタンを押したまでは良いのだが、間違って振り込んでしまった。このため警察は女性に謝罪するとともに国家賠償法に基づいて全額を賠償したといいます=NHK
 大分県警は口座凍結のシステムを知らない警察官に対応させた責任もあるが、間違って振り込んでしまっても対処によっては助かるのです。
 彼らの手口は、振り込ませた後、即、引き出すのです。しかし、必ず数10秒程度のタイムラグがあり、その間に、振り込んだ銀行の口座の出入金停止のボタンを押せばいいのです。
 やりかたは色々あります。単なる振り込め詐欺でもATMを指定する場合があります。その場合は、100円硬貨を入れてボタンを押して音を聞かせるのです。
 還付金詐欺の場合は口座から口座への移動となるので、被害者に口座番号をわざと間違わせてボタンを押させるか、相手の口座番号を聞いたうえで、最後の番号を間違えて「やり直します」と言ってだますなどして、その間に銀行に凍結の要請をするのです。
 凍結はボタンひとつ押せば可能なのです。銀行口座と郵便口座は違いがあるので詳細は言えませんが、その際、ボタンまでの時間と犯人が金を引き出す時間の争いになるでしょう。

【事件】 東京・板橋区で首が切断されたネコの死骸が相次いで見つかったことから、区内の小中学校に注意を呼びかけ、パトロールを強化しているという。2日夕方、区内のマンションの駐輪場で、首と前脚が切断された子ネコの死骸が見つかったもので、先月23日にも首が切られた子ネコの死骸が見つかっている。
 東京体感治安は「レベル3(イエロー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル3"

| コメント (0)

警察立ち会うも誤って振り込み(2日)NHK

ことし1月、銀行員を名乗る男からATMで金を振り込むよう電話で指示を受け警察に相談した国東市の80代の女性が警察官が立ち会っていたにもかかわらず男が指示する口座に誤っておよそ100万円を振り込んでいたことがわかり警察は女性に謝罪するとともに、全額を賠償しました。
ATMから誤って特殊詐欺の口座におよそ100万円を振り込んだのは国東市の80代の女性です。
女性はことし1月28日、銀行員を名乗る男から還付金名目でおよそ100万円をATMから振り込むよう指示を受け警察に相談しました。警察は特殊詐欺事件とみて男から口座を聞き出してこの口座を凍結しようと女性に捜査協力を依頼しました。女性はだまされた振りをして27歳の巡査の立ち会いのもとで市内のATMに向かい巡査は口座を聞き出したところで振り込みの手続きを止めさせる予定でしたが、女性はそのままおよそ100万円を振り込んでしまったということです。大分県警察本部は警察側の不注意が振り込みにつながったとして女性に謝罪するとともに国家賠償法に基づいて2日までに全額を賠償しました。大分県警察本部捜査2課は「このような事案をおこし大変申し訳ありません。再発防止に向け指導を徹底したい」と話しています。

News_pic1_3
http://www3.nhk.or.jp/lnews/oita/5073024061.html?t=1435808245

| コメント (0)

本願寺派の僧侶、被災地支援で詐欺…カラ出張も(2日)読売

東日本大震災の支援物資の購入名目で現金をだまし取ったとして、京都府警下京署は1日、浄土真宗本願寺派(本山・西本願寺)の僧侶で元幹部職員、浮橋秀毅容疑者(46)を詐欺の疑いで再逮捕した。容疑を否認しているという。
 発表では、浮橋容疑者は本願寺宗務首都圏センター(東京)の総合庶務部長だった2011年3月29日頃、被災地に送るブルーシートなどを購入したとする領収書2枚を同センターに提出し、3万9900円を詐取した疑い。
 当時、同派では信者らに支援物資を調達してもらい購入代金を後から精算していた。浮橋容疑者の領収書はアパレル会社の発行で、部長就任祝いのお礼に配ったタオルなどの購入に対するものだったという。
 一方、地検は1日、カラ出張を繰り返して交通費など約40万円を詐取したとする詐欺罪で浮橋容疑者を起訴した。

2015年07月02日 12時46分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

まいた液体はガソリン 自宅に携行缶 新幹線放火容疑者(2日)朝日

神奈川県小田原市付近を走行中の東海道新幹線が放火され、2人が死亡、26人が重軽傷を負った事件で、車内で焼身自殺した東京都杉並区の林崎春生(はるお)容疑者(71)がかぶった液体は、ガソリンだったことが捜査関係者への取材でわかった。県警は1日、林崎容疑者の自宅を殺人と現住建造物等放火の疑いで家宅捜索し、金属製の携行缶を押収。この携行缶でガソリンを購入したとみて、購入先の特定を進めている。

 捜査1課などによると、林崎容疑者は事件前日の6月29日、ポリタンクを持参して自宅近くのガソリンスタンドを訪れていた。ガソリンを求めたが、店側は揮発性が高いガソリンは携行缶がないと売れないため断ったという。同課は、林崎容疑者が携行缶を持って再びガソリンを買いに行き、10リットルのポリタンクに移し替えて車内に持ち込んだ可能性があるとみている。
 携行缶は自宅のトイレで見つかった。容量は20リットルで比較的新しく、中身は空だったという。遺書などは見つからなかったという。
残り:221文字/本文:651文字
詳細は以下をクリックdownwardleft

http://www.asahi.com/articles/ASH71567JH71UTIL02W.html

| コメント (0)

美容室の隠し部屋で大麻栽培、「おまけ」と客に(2日)読売

経営する美容室に設けた隠し部屋で大麻を栽培したとして、近畿厚生局麻薬取締部神戸分室が、神戸市垂水区の美容師・森本昌人容疑者(38)を大麻取締法違反(営利目的栽培)容疑で逮捕したことが、捜査関係者への取材でわかった。
 森本容疑者は容疑を認め、美容室の常連客の男(37)に「おまけ」として大麻を譲った、と説明しているという。
 捜査関係者によると、森本容疑者は6月9日、同区の美容室内で、大麻草37本を栽培した疑い。同分室は大麻草のほか、乾燥大麻178グラムも押収。大麻を譲られたとされる常連客の男も同法違反容疑で逮捕した。
 森本容疑者は約10年前、6階建てマンション最上階の自宅を改装して美容室(2席)を開業。その後、美容室の一角の約3平方メートルほどを壁で囲って隠し部屋を作り、大麻草にナトリウムランプをあてて育てていたという。

2015年07月02日 08時56分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

新宿・歌舞伎町でぼったくり撲滅訴え(2日)NHK

東京・新宿の歌舞伎町で、客引きに案内された店で高額な料金を請求されるいわゆる「ぼったくり」の被害が相次いでいることから1日、新宿区や警視庁などがぼったくりの撲滅を訴えるキャンペーンを行いました。
キャンペーンは歌舞伎町の広場で行われ、新宿区の吉住健一区長や警視庁の種谷良二副総監、それに商店街の関係者など、およそ150人が参加しました。
はじめに吉住区長が「ぼったくりの急増はまちの安全を脅かす深刻な問題で、客引きをなくし、ぼったくりを撲滅していきたい」とあいさつしました。続いて参加者たちが中心部の通りに出て、通りかかった人にティッシュを配りながら、客引きには絶対についていかないよう呼びかけていました。
警視庁によりますとことしに入って先月末までに寄せられたぼったくりの被害を訴える通報はおよそ1500件に上っています。先月からは弁護士が被害の相談に応じる臨時の窓口も設けられていて、区や警視庁は今後も地元の商店街などと連携して、ぼったくりの撲滅に向けた対策を進めていくことにしています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150702/k10010135521000.html

| コメント (0)

児童の列にバイク、6人軽傷 福岡・久留米市(2日)共同

2日午前7時半ごろ、福岡県久留米市田主丸町の県道で、登校していた小学生8人の列にミニバイクが突っ込んだ。県警や久留米広域消防本部によると、市立竹野小1~3年の男女6人が病院に搬送されたが、いずれも肘や膝などに軽傷。うきは署が、ミニバイクを運転していた久留米市の高校2年生(17)から事情を聴き、事故の詳しい状況を調べている。
 署によると、現場は片側1車線の見通しのいい直線。歩道と車道は分かれておらず、8人は右側の路側帯を2列で歩いていた。署は、反対方向から走ってきたミニバイクが、何らかの原因で転倒後、児童の列に衝突したとみている。

2010_0123_11120247newslogo1_3http://www.47news.jp/CN/201507/CN2015070201000853.html

| コメント (0)

関西学院高バレー部7人、留守宅に侵入、動画撮影→LINEに投稿 無期停学に(2日)産経

関西学院高等部(兵庫県西宮市)のバレーボール部に所属する1~3年の男子生徒7人が、同じ部の3年の男子生徒の留守宅に侵入して部屋を荒らした上、撮影した動画を無料通信アプリ「LINE」に投稿していたことが1日、学校法人関西学院(同市)への取材で分かった。同法人は、7人を無期停学処分とした。被害にあった生徒は通常通り登校しているという。

| コメント (0)

郵便局長1億数千万横領か 熊本、横領で告訴も(2日)産経

日本郵便九州支社は1日、熊本県湯前町にある湯前郵便局の男性局長(40)が局内の現金1億数千万円を横領した疑いがあると発表した。事実関係が判明次第、業務上横領容疑で告訴する。
 日本郵便によると、局長は平成19年4月に就任。今年6月に九州支社が湯前郵便局の出納状況を検査したところ、金庫から現金がなくなっていることが発覚した。
 約1年前から横領行為があったとみられ、具体的な手口や横領した現金の使途などについて日本郵便は「調査中」と説明。「局長の事情聴取を続けている。調査結果が明らかになれば厳正に対処する」としている。http://www.sankei.com/affairs/news/150701/afr1507010047-n1.html

| コメント (0)

護送車の警察官書類送検へ 萩原流行さん死亡事故(2日)共同

東京都杉並区の青梅街道で4月、俳優萩原流行(本名萩原光男)さん(62)が大型バイクで転倒し死亡した事故で、警視庁が自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いで、直前に車線変更した護送車を運転していた同庁の男性警部補を、早ければ月内に書類送検する方針を固めたことが1日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査の結果、護送車の安全確認が不十分だった可能性が高いことが判明したという。
 警視庁によると、事故は4月22日午後6時ごろ発生。左車線を走っていた護送車が車線変更し、中央車線を走っていた萩原さんのバイクが転倒して護送車の前輪付近に接触。その後、乗用車にひかれた。

2010_0123_11120247newslogo1_2http://www.47news.jp/CN/201507/CN2015070101001890.html

| コメント (0)

鳥取砂丘、花火残骸9百本 「類見ない不法投棄」(2日)共同

鳥取県砂丘事務所は1日、鳥取市の鳥取砂丘でロケット花火約900本の残骸が見つかったと発表した。県条例では鳥取砂丘での花火、ごみの投棄を禁じており、砂丘事務所から連絡を受けた市が鳥取署に届け出た。
 砂丘事務所によると、花火の残骸は6月29日午前8時半ごろ、砂丘内の約100メートル四方の斜面に、段ボールや紙製の花火の箱と一緒に見つかった。職員が28日夕に巡回した際に異常はなく、同日夜から29日未明にかけて、花火が使用されたとみられる。
 砂丘事務所の堀田利明所長は「知る限りでは類を見ない量の不法投棄だ。一層の啓発に取り組みたい」と話した。

2010_0123_11120247newslogo1
http://www.47news.jp/CN/201507/CN2015070101002060.html

| コメント (0)

【東海道新幹線放火】流しの歌手から職転々 「年寄りは死ねというのか」周囲に漏らす(2日)産経

新幹線の車内で面識のない女性を巻き込み、自らの命を絶った林崎春生容疑者は、きちょうめんな側面を周囲に見せる一方、金銭面の不満もこぼしていた。
 「まじめで、何事もこつこつやる」。40年来の知人の男性(73)は林崎容疑者をこう評した。
 岩手県から上京し、「流し」の歌手をしていたという林崎容疑者。ギター片手に男性が経営していた居酒屋に来たことで顔見知りに。地元の草野球チームで一緒に汗を流したこともあったという。
 歌手を辞めた後は解体業者、幼稚園の送迎バスの運転手として勤務。さらには清掃会社で働いていた。男性は「以前は(岩手の)親類の家に毎月9万円仕送りして『早く帰っておいでといわれている』なんて自慢げに話していた」と振り返る。
 しかし、昨年清掃会社を退職してからは、生活苦や年金支給額に対する不満を口にするように。「35年間払い続けてきて、2カ月で24万円しかもらえない。家賃を払って、税金や光熱費を払ったらほとんど手元に残らず、生活が成り立たない」。会うたびにこんな愚痴をこぼしていた。
 近所に住む知人の女性(68)には「区役所や年金事務所に『年寄りは死ねというのか』と言ってきた」と話していた。女性は犯行前日の6月29日、キャリーバッグの上に白いポリタンクを載せて歩く林崎容疑者を目撃。「どこ行くの」と尋ねると「ガソリンを買いに行く」と答えたという。

| コメント (0)

【東海道新幹線放火】年金に不満 生活苦で自殺か 容疑者、犯行は家賃支払日(2日)産経

神奈川県小田原市内を走行中の東海道新幹線で起きた放火事件で、焼身自殺した東京都杉並区西荻北の職業不詳、林崎春生容疑者(71)が年金の受給額に不満をもらし、事件当日は6月分の家賃の支払日だったことが1日、近隣住民などへの取材で分かった。県警は家賃が入金されていないことを把握しており、生活苦を悲観して自殺を図った可能性もあるとみて動機の解明を進めている。
 近隣住民らによると、林崎容疑者は事件前、2カ月ごとに受け取る年金額について「生活できない」「年金事務所で首でもつろうか」などと漏らしていたという。事件現場の1号車で見つかったリュックサックには、年金相談に関する電話番号が記された手書きのメモがあった。事件前日の6月29日には、ポリタンクを持って自宅近くのガソリンスタンドに行き販売を断られていたという。
 林崎容疑者が事件直前に東京駅の改札口を通過していたことも判明。1号車の車内カメラに、容量10リットル程度のポリタンクを取り出し、直後に自分の体に液体をかける姿が写っていた。
 県警は1日、殺人と現住建造物等放火の容疑で林崎容疑者の自宅アパートを家宅捜索。ガソリンなどの運搬に使う金属製の携行缶1個などを押収した。
 司法解剖の結果、林崎容疑者の死因は焼死で、巻き添えで死亡した横浜市青葉区の整体師、桑原佳子さん(52)に外傷はなく気道熱傷による窒息死と判明した。http://www.sankei.com/affairs/news/150701/afr1507010054-n1.html

| コメント (0)

息子装い5000万円以上詐取か、暴力団組員の男逮捕 (2日)TBS

息子などになりすまし、5000万円以上をだまし取っていたとみられる詐欺グループの暴力団組員の男が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、埼玉県狭山市の住吉会系暴力団組員、本橋勝容疑者(45)です。
 本橋容疑者の詐欺グループは去年3月、さいたま市の71歳の夫婦に対し、息子になりすまして「電車に小切手が入ったかばんを置き忘れた。今日中に金を用意しなければならない」などとうその電話をかけて、現金900万円をだまし取った疑いが持たれています。
 本橋容疑者は、だまし取った金の回収役だったとみられていますが、取り調べに対し「身に覚えがない」と容疑を否認しています。
 本橋容疑者のグループは去年1月から4月にかけて、あわせて5000万円以上をだまし取っていたとみられ、警視庁はだまし取った金の一部が暴力団の資金源になっていたとみて裏付けを進めています。(01日20:11)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2530275.html

| コメント (0)

「特殊詐欺」被害額は減少 件数は増加(2日)NHK

ことし全国で起きた振り込め詐欺などの「特殊詐欺」の被害額は、5月までで、年間の被害額が過去最悪だった去年より32億円余り減りましたが、件数はおよそ760件増えたことが分かりました。
警察庁のまとめによりますと、ことし全国で起きた振り込め詐欺などの「特殊詐欺」の被害は、5月までで件数が5829件、金額が193億3992万円に上りました。金額は、年間の被害額が過去最悪だった去年の同じ時期と比べて、32億円余り減りましたが、件数は757件増えました。
被害額が最も多かったのは、息子などになりすます「オレオレ詐欺」で73億円、次いで、身に覚えのない有料サイトの利用料金などの支払いを求める「架空請求詐欺」が69億円となっています。
一方で、この5か月間で摘発された事件は1355件と去年より224件多く、検挙者も174人増えて911人に上り、いずれも統計を取り始めた平成23年以降で最も多くなっています。
警察庁は「警察を名乗り、『あなたの預金が狙われている』などと言って、金を預けるよう持ちかける不審な電話も多く、絶対に応じないでほしい」と注意を呼びかけるとともに、被害が深刻な状況は依然として続いているとして、詐欺グループの摘発をさらに徹底することにしています。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150702/k10010135361000.html

| コメント (0)

「ナイフ持った人」と通報=特急緊急停止、けが人なし-岐阜(2日)時事

1日午後7時25分ごろ、岐阜県下呂市少ケ野を走行中のJR高山線の特急ワイドビューひだ17号の車内で「ナイフを持った人がいる」と110番があった。県警下呂署が中年の男を任意同行して事情を聴いたが、意味不明な発言をしているという。けが人はいなかった。
 同署によると、男が持っていたリュックから刃渡り約8センチのナイフを取り出したため、騒ぎになったとみられる。列車は同7時半ごろ緊急停止したが、同8時40分ごろ運行を再開した。
 JR東海によると、列車は名古屋発高山行きの4両編成。現場はJR下呂駅から南東に約2キロの地点という。(2015/07/02-01:01)

2015/07

| コメント (0)

新幹線への可燃物持ち込み見直し、検討を指示(2日)読売

走行中の東海道新幹線車内で男が焼身自殺し、煙を吸った女性が死亡した事件で、国土交通省は1日、新幹線を運行するJR5社の幹部らを集めて安全対策強化のための緊急会議を開き、一定量以内の可燃物の持ち込みを認めている現行ルールの見直しなどを検討するよう各社に指示した。
 太田国交相は会議の冒頭、「安心して新幹線を利用できる環境を確保したい。テロも視野に入れて安全対策を検討する」と述べた。
 来春に新幹線が開業予定のJR北海道を含めた5社は、3キロ・グラム以内なら、ガソリンや灯油などの可燃物を車内に持ち込むことを運送約款で認めている。可燃物の持ち込みは鉄道営業法では原則禁止だが、各社は「旅行中使用する少量を除く」とした国交省令の例外規定に沿って約款を定めている。「灯油を日用品として持ち運ぶなどしていた旧国鉄時代の実情に合わせて定めたと考えられる」(JR東海)という。

2015年07月01日 21時48分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

« 2015年7月1日 | トップページ | 2015年7月3日 »