« 2015年6月30日 | トップページ | 2015年7月2日 »

2015年7月1日

2015年7月 1日 (水)

自民道連青年局長を覚醒剤使用で逮捕 「自分で注射した」 道警(1日)産経

北海道警は、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、自民党北海道連の青年局長で石狩市議の大平修二容疑者(46)=石狩市花川南=を逮捕した。道警によると「自分で注射して使った」と供述し、容疑を認めている。逮捕容疑は6月中旬から30日までの間に、北海道内で覚せい剤を使用したとしている。
 道警によると、大平容疑者が覚せい剤を所持しているとの情報があり、6月30日に自宅を家宅捜索し、尿を検査したところ、覚せい剤の陽性反応が出た。
 大平容疑者の両腕には注射の痕が複数あり、自宅台所のごみ箱から覚せい剤が入っていたとみられるビニール片や注射器の袋も複数押収されていることから、日常的に使用していた疑いもあるとみて調べる。
 大平容疑者は平成19年に石狩市議に初当選し、現在3期目。自民党道連は党紀委員会を開き、大平容疑者を1日付で除名処分とした。http://www.sankei.com/affairs/news/150701/afr1507010031-n1.html

| コメント (0)

未公開株詐欺で5千万円被害 太陽光発電絡み「必ずもうかる」 神奈川(1日)産経

神奈川県警田浦署は1日、同県横須賀市の60代無職女性が未公開株の購入を持ちかけられ、現金計5千万円をだまし取られたと発表した。詐欺事件として調べている。
 田浦署によると、昨年12月上旬、女性宅に「ソーラーエネルギー販売会社」という会社から未公開株の購入を勧めるパンフレットが届き、社員と称する男らから「必ずもうかる」「300口買えば太陽光発電設備を無料で付けられる」などと複数回電話があった。
 女性はことし1月12日までに、自宅を訪ねてきた社員を名乗る30歳くらいの男に3回にわたって現金を手渡した。
 男らと連絡が取れなくなり、被害に気付いたという。http://www.sankei.com/affairs/news/150701/afr1507010035-n1.html

| コメント (0)

北朝鮮が拉致の可能性ある名前公開、46年前に京都で不明 (1日)TBS

46年前、京都で行方不明になった27歳の女性が、幼い子ども2人を残して失踪しました。北朝鮮に拉致された可能性があり、1日、民間の調査団体が女性の名前を公開し、情報提供を呼びかけました。失踪前、女性の周囲に北朝鮮関係者がいたのです。
 北朝鮮による拉致の可能性が排除できない失踪者を調査している特定失踪者問題調査会。1日、これまで非公開として登録していた1人の女性を、公開に切り替えると発表しました。その女性は・・・
 「お名前は別役(べっちゃく)佳子さん」(特定失踪者問題調査会 荒木和博代表)
 京都市北区のスナックで雇われママをしていた1969年2月、高知県香南市の実家に一時帰省すると連絡したまま、行方不明となりました。当時27歳。前の夫との間にできた2人の娘を実家に預けたままの失踪でした。
 「別役さんの京都における人間関係に複数の北朝鮮関係の人物がいて、それらが関与した拉致の可能性が考えられる」(特定失踪者問題調査会 荒木和博代表)
 失踪者が非公開から公開に切り替わる際に、これほど強い表現が使われるのは異例のことです。
 「(スナックの)経営者が北朝鮮の人だということを(別役さんが)お母さんの方に話していた」(特定失踪者問題調査会 曽田英雄常務理事)
 私たちは、別役さんの失踪情報を独自に得て、以前から取材していました。当時、スナックがあった場所を訪ねてみると・・・
 (Q.以前ここは何だった?)
 「スナックでした。“ダンヒル”だったと思います」
 (Q.別役佳子さんはご存知ですか?)
 「分かりません、全然分かりません。“ダンヒル”とのつながりはないので」(別の店を経営する女性)
 前の所有者との関係はなく、別役さんのことは全く知らないと言います。
 調査会によると、別役さんはダンヒルに勤める以前にも複数のクラブやスナックに勤めていましたが、経営者や客の中には北朝鮮と深い関わりのある人物もいたということです。
 調査会は、別役さんの故郷・高知でも会見し、弟の瑞久さんが同席しました。
 「(去年から)非公開にもかかわらず、急に周辺が慌ただしくなるという方が、この別役さんだということです」(特定失踪者問題調査会 岡田和典副代表)
 北朝鮮による拉致問題などの特別調査委員会の発足から間もなく1年。警察をはじめとする日本の公安関係者は、去年から別役さんの家族と何度も接触していたと言います。
 「公的な機関も本件について、怪しいと認識していたとの情報もあり」(特定失踪者問題調査会 荒木和博代表)
 飲食店に勤める子持ちの女性の拉致で思い起こされるのは、田口八重子さん(当時22)の事件。店には北朝鮮工作員が客として通っていました。
 別役さんの家族はこう訴えます。
 「(母親が)95歳なんですよ。母親を安心させてあげたい」(別役佳子さんの弟 瑞久さん)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2530255.html

| コメント (0)

ストーカー行為の疑い、競輪元賞金王を逮捕 容疑否認(1日)朝日

元交際相手の女性にストーカー行為をしたとして、群馬県警は1日、香川県土庄町競輪選手児玉広志容疑者(46)をストーカー規制法違反の疑いで逮捕し、発表した。「電話やメールはしたが、ストーカーをしたとは思っていない」と否認しているという。
 発表によると、児玉容疑者は6月4日~17日、群馬県内に住む50代女性に電話を14回かけたり、「夜まで待っても連絡が来ない」「お互いに社会的信用はなくなりますが、それでいいと思っています」などのメールを3回送ったりして名誉を傷つけ、ストーカー行為をした疑いがある。
 児玉容疑者は2000年に競輪レースの最高峰とされる「KEIRINグランプリ」で優勝し、同年に年間の賞金王になった。競技を実施する公益財団法人JKAの広報担当は「詳細がつかめていないので、事実を確認次第、厳正に対処し、処分を審議していく」と話した。

Logo2_2
http://www.asahi.com/articles/ASH7161MJH71UHNB00W.html

| コメント (0)

警察庁 放火事件受け鉄道や駅の巡回強化指示(1日)NHk

東海道新幹線のぞみの走行中の車内で、乗客の男が油のような液体をかぶって火をつけた事件を受けて、警察庁はテロなど危険物を使った事件に備えて鉄道や駅のパトロールを強化し、安全確保に努めるよう全国の警察に指示しました。
先月30日、神奈川県内を走行中だった東海道新幹線のぞみの車内で、男が油のような液体をかぶって火をつけ、この男と乗客の女性の2人が死亡したほか、乗客26人が重軽傷を負いました。
警察のこれまでの調べで、男は液体が入ったポリタンクをリュックサックに隠して新幹線に持ち込んだとみられています。
この事件を受けて、警察庁は1日、テロなど危険物を使った事件に備えて鉄道や駅の安全確保に努めるよう、全国の警察の警備部門や鉄道警察隊などを管轄する地域部門に指示しました。
この中では、警察官が新幹線に乗車するなどして車内や駅の構内のパトロールを強化することや、鉄道事業者に対して不審な荷物や人物を見かけたらすぐに通報するよう要請することなどを求めています。
警察庁は来年の「伊勢志摩サミット」や5年後の東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて、テロ対策を強化していくことにしています。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150701/k10010135001000.html

| コメント (0)

所持品に現金なし=自殺の男、生活苦動機か-新幹線放火・神奈川県警(1日)時事

東海道新幹線のぞみ車内で男が焼身自殺を図り、女性が巻き添えになり死亡した事件で、自殺した林崎春生容疑者(71)の所持品から現金が見つからなかったことが1日、神奈川県警への取材で分かった。林崎容疑者は周囲に年金受給額への不満を漏らしていたとされ、家賃の振り込みも怠っていた。県警は生活苦が動機となった可能性があるとみて、生活状況などを調べている。
 県警によると、林崎容疑者は事件の直前、乗客の女性に「拾ったからあげる」と千円札数枚を差し出す不可解な行動を取っていた。所持品には東京駅発の乗車券のほか、小銭入れもあったが、現金は入っていなかった。
 また、ポリタンクを隠していたとみられるリュックに入っていた手帳には、年金に関する相談先の電話番号をメモした紙片が挟まっていた。
 近所の知人によると、林崎容疑者は最近は職に就いておらず、6月中旬ごろから「年金が少ない」などと周囲に繰り返し不満を述べていた。県警によると、6月支払い分のアパート家賃が大家の口座に振り込まれておらず、生活苦に陥っていた可能性があるという。
 1日の自宅アパートの家宅捜索では、事件の動機に直接つながるメモなどは出なかった。県警は室内からキャッシュカードなどを押収し、生活実態の解明を進める。(2015/07/01-19:53)

2015/07/01-19:53

| コメント (0)

新幹線放火、自宅にガソリン缶 乗車は東京駅、カメラに姿(1日)共同

東海道新幹線放火事件で神奈川県警は1日、車内で焼身自殺した林崎春生容疑者(71)の東京都杉並区の自宅からガソリン運搬などに使われる金属製の20リットル入り携行缶1個を押収した。県警は容疑者がガソリンを使った可能性が高いとみており、携行缶の購入先を調べるとともに、ポリタンクに入れて車内に持ち込んだ液体の鑑定を進める。
 林崎容疑者が事件直前に東京駅から新幹線に乗っていたことも同日、分かった。駅の防犯カメラに姿が写っていた。
 これまでの調べで、林崎容疑者は事件現場の1号車でポリタンクに入った油のような液体を自分の体にかけ、ライターで火を付けている。

2010_0123_11120247newslogo1_3http://www.47news.jp/CN/201507/CN2015070101001615.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(1、2日単位・レベル)
地域住民の絆
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1010883 あれから15年-2000年12月に東京・世田谷区で一家4人が殺害された事件の発生は大きなショックを受けた事件だった。この事件の犯人逮捕に向けて地元住民らが立ち上がった。
 TBSによると、30日午後、事件現場近くの京王線・仙川駅前で、元警視庁成城署長や地元の住民らが情報の提供を呼びかけるチラシを配ったのだ。配布は月命日の毎月30日に行い、今年12月まで続けるという。地域住民の絆に感動させられる。
 この事件では、〝殺し屋韓国人〟による犯行説が出るなど様々な情報が乱れ飛んだ。その中で公安デカが漏らした言葉が忘れられない。
 「どうも、奥さんの顔が記憶にあるんだよなぁ」
 それにしても現場に犯人の血の手形が残されており、犯行後に冷蔵庫をあさったり、パソコンをいじるなど大胆と言えば大胆だが、異常者でも不思議ではないところに捜査の難しさがあったのかもしれない。
 日本の警察は殺人事件の検挙率は高い。今年5月までのそれは92.9%で、前年同期を3.3ポイントも上回っている。
 広島の144.4%を筆頭に福島の125%、奈良の116.7%など100%を超えているのは31都道府県警もある。
 中でも警視庁は5月までの認知件数は50件と県別では最も多いが、検挙率は104.0%を誇る。
 どのように逮捕したかという身柄措置別検挙人員で殺人罪はないので刑法犯全体で見ると最も多いのは、逮捕令状による通常逮捕だ。
 5月末の全刑法犯の検挙人員は9万1938人。通常逮捕は1万5345人で措置では前年と比べて唯一増加している。しかも368人にも及んだ。
 参考のため身柄を拘束しなかった人員6万2517人を除いて、現行犯逮捕が1万2577人で-311人。緊急逮捕が1499人で-193人となっている。
 緊急逮捕や現行犯逮捕は警察官が現場に駆けつけるのに交通事情などで制限があるが、逮捕令状による逮捕は、まさに捜査力が問われる。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

世田谷一家殺人事件、情報提供呼びかけるチラシ配布 (1日)TBS

2000年12月、東京・世田谷区で宮澤みきおさん(当時44)一家4人が殺害された事件から、あと半年で15年の節目を迎えます。
 30日午後、事件現場近くの京王線・仙川駅前で、元警視庁成城署長の土田猛さんや地元の住民らが情報の提供を呼びかけるチラシを配りました。
 チラシ配りは月命日の毎月30日に行っていて、今年12月まで続けるということです。(01日08:13)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2529828.html

| コメント (0)

新幹線火災、容疑者宅を捜索 殺人・放火の容疑(1日)朝日

神奈川県小田原市付近を走行中だった東海道新幹線が放火され、2人が死亡、26人が重軽傷を負った事件で、県警は1日、車内で焼身自殺した東京都杉並区西荻北4丁目、職業不詳の林崎春生(はるお)容疑者(71)の自宅を殺人と現住建造物等放火の両容疑で捜索した。
 林崎容疑者は車内で油のような液体をかぶって火を付ける直前、乗客に「逃げなさい」と告げており、県警は燃え広がる危険性を認識していたと判断。殺人容疑を加えた。
 県警によると、林崎容疑者は6月30日午前11時半ごろ、神奈川県の新横浜―小田原間を走行中の東海道新幹線のぞみ225号(東京発新大阪行き、16両編成)の1両目で、10リットル用ポリタンクに入った油のような液体を体にかけて火を付け、煙を吸った横浜市青葉区荏田町の整体師、桑原佳子(よしこ)さん(52)を死亡させた疑いがある。
 県警の調べで、新幹線の車内にあった防犯カメラに、ポリタンクをリュックから取り出し、液体をかぶる林崎容疑者の姿が映っていたことが判明。ライターで火を付ける直前、1両目の最前列に座っていた60代女性に「あなたも逃げなさい」などと話しており、県警は、周囲の乗客が巻き込まれて死ぬかもしれないという「未必の故意」があったとの見方を強めている。捜索や知人らへの事情聴取を通じて動機の解明を進めるとともに、液体の入手方法や移動の経路なども調べる方針。
 小田原市消防本部によると、この火災で1両目の天井が約2メートルにわたって焼け落ちた。乗客が車内に置いて逃げた上着やリュックサックなどは、表面が焼け焦げていた。(永田大)

Logo2
http://www.asahi.com/articles/ASH713D15H71ULOB00M.html

| コメント (0)

「Tor」使い不正アクセス 17歳少年逮捕(1日)NHK

発信元の特定を難しくする特殊なソフトを使って、東京の出版社のサーバーに不正にアクセスしたなどとして、川崎市の17歳の少年が警視庁に逮捕されました。
少年は、企業などにサイバー攻撃を繰り返し、その状況をネット上に書き込んでアピールするハッカーを名乗っていて、警視庁は、ほかにもサイバー攻撃を繰り返していたとみて調べています。
逮捕されたのは、川崎市の17歳の無職の少年で、警視庁の調べによりますと、去年12月、発信元の特定を難しくする特殊なソフト「Tor」を使い、自宅のパソコンから東京の出版社のサーバーに侵入し、ホームページを改ざんしたなどとして、不正アクセス禁止法違反などの疑いがもたれています。
警視庁によりますと、少年はサーバー会社を装って出版社の社員にメールを送りつけて偽のページに誘導し、盗み取った社員のIDなどを使って出版社のサーバーに侵入したということです。
調べに対し、少年は容疑を認めているということです。
警視庁などによりますと、少年はネット上で「0chiaki」と名乗り、企業などにサイバー攻撃を繰り返し、その状況をツイッターなどでアピールするハッカーとして知られています。
出版社の事件でもツイッターに「ターゲットは決まった」とか「ハードディスクを使えないようにした」などと逐一書き込んでいました。
警視庁は少年がほかにもサイバー攻撃を繰り返していたとみて捜査しています。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150701/k10010134261000.html

News_pic1_2

| コメント (0)

「殺す」と書き込み、元交際相手を脅迫 容疑の男逮捕・京都(1日)共同

京都府警宇治署は30日、脅迫の疑いで、宇治市大久保町の会社員の男(36)を逮捕した。
 逮捕容疑は、インターネット掲示板に元交際相手である宇治市の女性(37)の姓名や住所とともに「今から殺しに行く」「ズタズタに刺したる」などと書き込み、6月28日にサイトを閲覧した女性を脅迫した疑い。
 宇治署によると、この掲示板には5~6月に女性を罵倒、中傷する書き込みが複数回あったといい、関連を調べる。

2010_0123_11120247newslogo1_2http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20150630000134

| コメント (0)

暴力団排除の漁業補償 北九州市、2漁協と契約(1日)西日本

北九州市は30日、地元の2漁協と港湾開発に伴う漁業補償金の契約を結び、漁協側に補償金の配分先リストの提出などを求めた。暴力団排除が目的。
 漁業補償は、公共事業で海を埋め立てる際、漁場がなくなったり、漁獲高が減ったりすることに対して支払われる。この一部が暴力団に流れているとの情報があり、関係者は今年2月、組合員への分配額を記した一覧表を漁協が市に提出することで合意していた。
 今回の対象は、同市若松区の防波堤整備事業。同市は、若松区の北九州市漁協とひびき灘漁協に補償金計5045万円を支払う。市は、提出された配分先リストを調べ、組合員以外に補償金が渡っていることが確認されれば、漁協側に違約金の支払いを求める。
 北九州市では漁協の幹部やその親族を狙った死傷事件が発生。港湾利権を狙って特定危険指定暴力団工藤会(同市)が関与したとみて、福岡県警はトップらを逮捕している。 =2015/07/01付 西日本新聞朝刊=http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/179093

| コメント (0)

情報求め新ポスター発行 ゆかりちゃん不明事件(1日)上毛新聞

Img1_2太田市内のパチンコ店で1996年7月7日、大泉町の横山保雄さん(48)の長女、ゆかりちゃん=当時(4)=が行方不明になった事件で、県警は情報提供を求める新たなポスター7万枚を作製し、1日から全国の公共施設や駅などに掲示を始める。ポスターは、ゆかりちゃんの写真2枚と、おでこが広く耳が大きいことや、おなかの左側に楕円(だえん)形のあざがあるという特徴を紹介。防犯カメラに映っていた重要参考人の男については写真8枚を使い、身長158センチくらいでがに股歩きであることなどを挙げている…


※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。

http://www.jomo-news.co.jp/ns/8314356762678018/news.html

| コメント (0)

【東海道新幹線放火】危険物も「フリーパス」、露呈した新幹線のセキュリティーの限界 サミット・五輪へ急がれる対策強化(1日)産経

列島の大動脈、新幹線の車内で男が放火し乗客が死傷した事件では、高速走行の密閉車内に潜むリスクが浮き彫りになった。来年5月に主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)、5年後には東京五輪・パラリンピックを控える日本。これまでは大量の乗客を輸送する利便性が重視される一方、荷物検査は行われておらず、テロ対策の観点からも新幹線内の安全に大きな課題が突きつけられた。
 「大きなイベントのたび新幹線のセキュリティーは課題になった。事件は危機管理に警鐘を鳴らす問題提起といえる」。国際テロリズムに詳しい公共政策調査会の板橋功氏は指摘する。
 「世界一安全」と評される新幹線。ガソリンなど可燃性液体の持ち込みは鉄道営業法などに基づき原則禁止されているが、空港のような乗客の荷物検査はなく、持ち込みは事実上「フリーパス」なのが現状だ。
 JR東海によると、東海道新幹線の1日当たりの平均乗客数は約42万4千人(平成25年度)。1編成(16両)の定員は1323人。荷物検査がない背景には短い間隔で乗客を大量輸送する特性があるようだ。
 国土交通省は「過去に内々で議論したことはあるが、なかなか厳しい。すぐ乗車できる利便性の方が利用者のニーズとして高い」と説明する。厳密な検査は大混雑を招きかねない。ただ、警察幹部は「リスクが現実になった。乗客に配慮する『公共の利益』とテロ対策による『国民の負担』のバランスを真剣に検討し、国ぐるみで対策を急ぐべきだ」と強調する。
 新幹線では、過去に乗客が巻き込まれた殺人事件も起きている。平成5年、静岡県内を走行中に覚醒剤常用者の男が乗客を刺殺、警察官に重傷を負わせた。11年には男が車内のゴミ箱に仕掛けた爆発物が大阪府内のごみ焼却場で爆発した。
 鉄道では、事業者と国などが連携してテロ対策を進める。警備員らの「姿を見せる」警戒に加え、防犯カメラを設置。ゴミ箱を透明にし、不審者や不審物を発見した際の通報ボタンも設けるなど、利用者の協力も得る警備を目指している。
 ただ、今回の事件はセキュリティーの限界を露呈した。板橋氏は「サミットや五輪など大イベントの期間に限定した検査の強化や、無作為に場所を選ぶ検査も抑止力となる」と強調。爆発物のほか、可燃性のある物質などを探知できる警備犬の育成や、テロを想定した乗務員の訓練もより重要になると指摘している。http://www.sankei.com/affairs/news/150701/afr1507010003-n1.html

| コメント (0)

強盗容疑で男再逮捕 福岡・那珂川の事件 (1日)日経

2014年1月に福岡県那珂川町のドラッグストアで売上金が奪われた事件で、福岡県警は30日、福岡市東区、無職、松竹豊被告(43)=住居侵入などの罪で起訴=を強盗などの疑いで再逮捕した。
 逮捕容疑は14年1月12日午前1時ごろ、同県那珂川町のドラッグストアに押し入り、閉店作業中の男性従業員2人に包丁のようなものを突き付けて「金を出せ」などと脅し、レジから現金14万5千円を奪った疑い。http://www.nikkei.com/article/DGXLASJC30H1Q_Q5A630C1ACYZ00/

| コメント (0)

新幹線焼身放火:巻き込まれ死亡、横浜の52歳女性 「お伊勢参りへ」事件直前に投稿 旅の思い出、Facebookに(1日)毎日

◇友人ら、無事祈る書き込み

 東海道新幹線の焼身放火事件で、死亡した横浜市青葉区、整体師、桑原佳子さん(52)は事件に巻き込まれる直前の30日午前11時27分、「今日は、これまでの平穏無事のお礼参りに伊勢神宮へ伺います」と自身のフェイスブックに投稿し、新横浜駅から名古屋駅に向けて出発するとしていた。
 この投稿のコメント欄には、友人らから「どうか返事をください」「まさか違いますよね」と無事を祈る書き込みが相次いでいる。
 フェイスブックによると、家族は夫と息子の3人。東京都小平市出身で、横浜国立大教育学部を卒業後、1985年に第一勧銀システム開発(現みずほ情報総研)に就職、2006年に退職した。08年から横浜市港北区の整体院で働き始めた。
 フェイスブックには国内外の旅行や家族の思い出をつづっていた。大学時代の4年間は、オーケストラを演奏するサークルに所属していたという。息子は今年3月からフィリピンに留学し、6月21日に帰国。その際の投稿は「夫は、ご機嫌ご機嫌!14週間振りに家族三人、深夜に食卓を囲みました」と喜びを表現していた。
 桑原さんの友人の会社員女性(53)は「ニュースで事件のことを知った。まさかこんなことが……」と涙を流した。子供が同年代で、以前は子供たちを連れ、よく一緒に公園で遊んだという。
 女性は「桑原さんはとても幸せそうだった印象がある。今年の春ごろにも『元気にしてるの』と声を掛け合ったのに」と声を詰まらせた。
 同じマンションに住む主婦(69)によると、桑原さんは10年ほど前に転居したが、4年前に戻ってきた。夫と20代くらいの息子と暮らしていた。主婦は「家族仲が良く、『(夫と)よく晩酌する』と笑っていたのに」と驚いた様子だった。主婦が「がんになってしまった」と打ち明けると、6月初めに薬を持ってきてくれたという。
 主婦は「火曜日が休みだと聞いていた。きょうもどこかへ出掛けていたのかなと思っていた」と寂しそうな表情を見せた。【松浦吉剛、狩野智彦】

Logo_mainichi_s1
http://mainichi.jp/shimen/news/20150701ddm041040229000c.html

| コメント (0)

「詐欺被害の証拠」振り込み記録残す 愛知の放火容疑者(1日)朝日

愛知県豊田市で5月、家族3人を絞殺し、自宅に放火したとして逮捕された世帯主の松井芳治容疑者(65)=殺人容疑などで逮捕=が、殺害された妻(65)から現金をだまし取った詐欺容疑で逮捕された女に対し、現金を振り込んだ記録を県警宛てに残していたことがわかった。県警は現金授受を裏付ける資料とみて調べている。
 県警によると、女は同県岡崎市岩津町の無職水野照代容疑者(66)。逮捕容疑は、2008年8月13日ごろ、松井容疑者の妻あや子さんに電話し、長女利江さん(37)の就職のあっせんの経費として6万8400円をだまし取ったというもの。水野容疑者は容疑を否認しているという。
残り:292文字/本文:576文字
詳細は以下をクリックdownwardleft

http://www.asahi.com/articles/ASH6Z4SYMH6ZOIPE01D.html

| コメント (0)

悪徳商法は「嫌や(188)!」=きょうからホットライン-消費者庁(1日)時事

悪徳商法などのトラブルに関する電話相談窓口を案内する消費者ホットラインについて、消費者庁は1日、局番なしの電話番号「188」での案内を始めた。語呂合わせは「嫌や(イヤヤ)!」。既存の10桁の番号0570(064)370も引き続き利用できるが認知度が低いことから、警察の110番や消防の119番と同じように3桁の番号を新たに導入した。
 消費者ホットラインは、2010年から運用が始まった。音声ガイダンスに従って自宅の郵便番号を入力すると、最寄りの消費生活センターなどにつながる仕組み。初年度の利用は約23万件で、14年度は約34万件に上ったが、高齢者にとって10桁の番号は覚えにくいことから利用の妨げになっているとの指摘が出ていた。
 同庁の担当者は「ホットラインの認知度を上げ、気軽に相談できるように覚えやすい番号にした」としている。(2015/07/01-01:18)

2015/07/01

| コメント (0)

未解決3事件の懸賞金延長 吉川友梨さん行方不明など(1日)共同

大阪府熊取町で2003年5月、当時小学4年の吉川友梨さんが行方不明になった事件で、警察庁は30日までに、解決につながる情報の提供者に公的懸賞金(捜査特別報奨金)の受付期間を7月2日から1年間延長することを決めた。07年に懸賞の対象となり、今回で8回目の延長。
 1996年7月、群馬県太田市のパチンコ店で行方不明になった当時4歳の横山ゆかりちゃんの事件と、仙台市泉区で12年4月、病院の駐車場で燃えた軽乗用車から同市太白区の無職武田忠さん=当時(60)=の遺体が見つかった殺人、死体遺棄事件については1日から1年間延長する。

2010_0123_11120247newslogo1http://www.47news.jp/CN/201506/CN2015063001002099.html

| コメント (0)

全日空、全自動で手荷物預ける機械を導入 (1日)TBS

東京の羽田空港で搭乗手続きをスムーズにしようと、全日空が国内で初めて全自動で手荷物を預けることができる機械を導入しました。
 これは手荷物を全自動で預けられる機械で、全日空が客の搭乗手続きがスムーズに行えるよう国内で初めて導入したものです。羽田空港の国内線で7月1日から運用されます。
 これまで搭乗客は、カウンターに並んで係員に手荷物を預けていましたが、この機械が導入されたことで、客自身が簡単な操作を行うことで、その場で手荷物を預けることができるようになるということです。
 さらに、この機械は重さを量るだけでなく、機内に持ち込めない荷物を自動で判別できるということで、全日空は混雑解消に期待したいとしています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2529331.html

| コメント (0)

東海道新幹線 始発から平常どおり運行(1日)NHK

東海道新幹線「のぞみ」の車内で起きた火災の影響で、30日に運休が続いた東海道新幹線は、1日は始発から平常どおり運行を始めています。JR東京駅では、出張に向かうサラリーマンなどが次々と新幹線のホームに向かっていました。
30日、東京発新大阪行きの東海道新幹線「のぞみ」の走行中の車内で、乗客の男が油のような液体をかぶって火をつけた火災の影響で、東海道新幹線は上下線合わせて43本が運休しました。
JR東海によりますと、東海道新幹線は1日は午前6時に東京駅を出発する始発から平常どおり運行を開始しました。東京駅では、出張に向かうサラリーマンやスーツケースを持った旅行客らが次々と新幹線のホームに向かっていました。
このうち、大阪に向かうという50代の会社員の男性は「東京に出張に来ていて、きのう大阪に戻る予定でしたが、再開のめどがたたず1泊しました。きょうは安心して戻ります」と話していました。
また、九州に向かうという女性は、「新幹線は便利でよく利用するのでびっくりしました。安全のためにセキュリティーをしっかりしないといけないですが、飛行機のような手荷物検査が必要になると大変だと思います」と話していました。

News_pic1
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150701/k10010134071000.html

| コメント (0)

夜の渋谷で2100世帯停電 配電設備のトラブルか(1日)テレビ朝日

先月30日夜、東京の渋谷駅近くで約2100世帯が2時間近くにわたって停電しました。
 近隣で働く人:「電気が来ないから、全く何もできない状態」
 東京電力によりますと、午後7時ごろ、渋谷区の道玄坂や南平台町などで約2100世帯が停電しました。マンションのエレベーターが止まるなど、一時混乱しましたが、約2時間後にすべて復旧しました。原因は配電設備のトラブルとみられています。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000053744.html

| コメント (0)

« 2015年6月30日 | トップページ | 2015年7月2日 »