« 翁長知事の判断8月上旬か 辺野古新基地問題(29日)テレビ朝日 | トップページ | 床下に水をまいて水漏れ装う 詐欺容疑で会社社長ら逮捕(29日)共同 »

2015年6月29日 (月)

「標的型メール」新たな手口に注意を(29日)NHK

企業の社員などを狙ってコンピューターウイルスに感染させる「標的型メール」の被害が広がるなか、会社内のコピー機から送られた文書のように装う新たな手口のメールが相次いで確認され、情報セキュリティー会社やコピー機メーカー各社が注意を呼びかけています。
情報セキュリティー会社などによりますと、新たな「標的型メール」は、会社内のコピー機から社員宛てに送られた電子メールを装うもので、送り主のアドレスは、「scanner@」で始まり、後ろに企業名などが続いています。
添付された文書を開くとコンピューターウイルスに感染し、インターネットバンキングのIDやパスワードを盗み取られるおそれがあるということです。
こうしたメールは、「複合機」と呼ばれる多機能なコピー機に備わった、読み取った文書を電子メールでも送信できる機能が、企業の間で広く利用されていることにつけ込んだもので、今月中旬の一日だけでも世界で2000件余り、日本でも数十件確認され、情報セキュリティー会社やコピー機メーカー各社が注意を呼びかけています。
情報セキュリティー会社、トレンドマイクロの鰆目順介シニアスペシャリストは、「社内から送られたメールを装う巧妙な手口で、心当たりがないメールは絶対に開かず、システムの担当者に確認してほしい」と話しています。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150629/k10010130971000.html

« 翁長知事の判断8月上旬か 辺野古新基地問題(29日)テレビ朝日 | トップページ | 床下に水をまいて水漏れ装う 詐欺容疑で会社社長ら逮捕(29日)共同 »

ネット犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 翁長知事の判断8月上旬か 辺野古新基地問題(29日)テレビ朝日 | トップページ | 床下に水をまいて水漏れ装う 詐欺容疑で会社社長ら逮捕(29日)共同 »