« メロン万引女、警備員を車で127メートル引きずり逃走 強盗殺人未遂罪で起訴 (18日)産経 | トップページ | 軽乗用車外で殺害したか 三重の女性会社員強盗殺人(19日)共同 »

2015年6月19日 (金)

「麻薬輸入とは思っていない」逮捕のトヨタ役員(19日)読売

米国から麻薬を密輸したとして、警視庁は18日、トヨタ自動車常務役員で、米国籍のジュリー・ハンプ容疑者(55)(東京都港区六本木)を麻薬取締法違反(輸入)容疑で逮捕した。
 同庁幹部によると、ハンプ容疑者は今月11日、麻薬であるオキシコドンの錠剤57錠を米・ケンタッキー州から国際郵便で成田空港に密輸した疑い。小包の底に詰められていた錠剤入りの小袋を東京税関が発見、警視庁に通報した。
 厚生労働省によると、オキシコドンはアヘンを原料とする医療用麻薬。がんの痛みの緩和などに使われるが、日本でも米国でも、医師の処方がないと使用できない。日本では、国の許可を得れば、個人が携帯して海外から持ち込むことができるが、郵送での輸入は認められていない。
 警視庁の調べに対し、ハンプ容疑者は「麻薬を輸入したとは思っていない」と容疑を否認している。
  ハンプ容疑者は米ゼネラル・モーターズ(GM)、米ペプシコなどを経て、2012年に北米トヨタに入社。今年4月、トヨタ初の女性役員に就任し、渉外・広報を担当している。
 トヨタ自動車広報部は「逮捕については承知しているが、それ以上は把握していない。捜査には全面的に協力していく。今後の捜査を通じて、法を犯す意図はなかったということが明らかにされると信じている」とのコメントを出した。

2015年06月19日 07時09分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

« メロン万引女、警備員を車で127メートル引きずり逃走 強盗殺人未遂罪で起訴 (18日)産経 | トップページ | 軽乗用車外で殺害したか 三重の女性会社員強盗殺人(19日)共同 »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メロン万引女、警備員を車で127メートル引きずり逃走 強盗殺人未遂罪で起訴 (18日)産経 | トップページ | 軽乗用車外で殺害したか 三重の女性会社員強盗殺人(19日)共同 »