« 女性3人に硫酸、男起訴=前橋地検(5日)時事 | トップページ | 放火か、市役所火災で焼け跡にガソリン缶(5日)読売 »

2015年6月 5日 (金)

千葉、連続通り魔事件で無期求刑 検察側「あまりに残虐」(5日)共同

千葉県柏市で昨年3月、2人が死傷した連続通り魔事件で、強盗殺人や強盗致傷、大麻取締法違反などの罪に問われた竹井聖寿被告(25)の裁判員裁判が5日、千葉地裁(小森田恵樹裁判長)で開かれ、検察側は無期懲役を求刑した。判決は12日。
 検察側は論告で「金欲しさで無差別に行われた犯行。強固な殺意がありあまりに残虐だ。謝罪の弁はなく再犯の可能性も高い」と指摘した。
 弁護側は最終弁論で、精神疾患の影響で善悪の判断が減退していたと主張。懲役25年が相当だとした。
 竹井被告は最終意見陳述で「社会への復讐心はなくならず、遺族に謝罪する気持ちは一切ない。死刑を望む」と述べた。

2010_0123_11120247newslogo1_2http://www.47news.jp/CN/201506/CN2015060501002054.html

« 女性3人に硫酸、男起訴=前橋地検(5日)時事 | トップページ | 放火か、市役所火災で焼け跡にガソリン缶(5日)読売 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女性3人に硫酸、男起訴=前橋地検(5日)時事 | トップページ | 放火か、市役所火災で焼け跡にガソリン缶(5日)読売 »