« 筑後地方の連続不審火「ストレス発散」 容疑者再逮捕(18日)朝日 | トップページ | 特殊詐欺の疑いで9人逮捕 全都道府県で5億円被害か(18日)共同 »

2015年6月18日 (木)

トヨタの米国人女性役員、麻薬輸入容疑で逮捕 容疑否認(18日)朝日

麻薬を米国から違法に輸入したとして、警視庁は18日、トヨタ自動車常務役員のジュリー・ハンプ容疑者(55)を麻薬取締法違反(輸入)の疑いで逮捕した。警視庁への取材でわかった。「麻薬を輸入したとは思っていません」と容疑を否認しているという。
 ハンプ容疑者は米国出身で、今年4月に女性としてはトヨタ自動車で初の常務役員に就任。広報部門を担当している。
 組織犯罪対策5課によると、ハンプ容疑者は今月11日、米国から日本に麻薬成分を含む錠剤57錠を輸入した疑いがある。空輸された宅配便を東京税関が調べたところ、麻薬を見つけたという。警視庁は、ハンプ容疑者が麻薬を個人的に利用するために輸入した可能性があるとみて、経緯を調べている。
 ハンプ容疑者は米国自動車最大手のゼネラル・モーターズ社(GM)を経て、2012年には北米トヨタ副社長に就任した。

Logo2_3http://www.asahi.com/articles/ASH6L61NCH6LUTIL02Q.html

« 筑後地方の連続不審火「ストレス発散」 容疑者再逮捕(18日)朝日 | トップページ | 特殊詐欺の疑いで9人逮捕 全都道府県で5億円被害か(18日)共同 »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 筑後地方の連続不審火「ストレス発散」 容疑者再逮捕(18日)朝日 | トップページ | 特殊詐欺の疑いで9人逮捕 全都道府県で5億円被害か(18日)共同 »