« 工藤会トップ、上納金でゴルフ会員権か 知人生活費にも流用の疑い(18日)西日本 | トップページ | 山岳遭難の件数、人数ともに過去最多を更新(18日)TBS »

2015年6月18日 (木)

工藤会系組員に懲役12年の判決 覚醒剤密売事件(18日)朝日

指定暴力団工藤会系組幹部らと共謀し、覚醒剤を密売したなどとして、麻薬特例法違反(業としての譲渡)などの罪に問われた工藤会系組員、森田和幸被告(28)の判決公判が18日、福岡地裁であった。松藤和博裁判長は「組織的な職業的犯行で悪質」として、懲役12年罰金350万円、追徴金212万5千円(求刑懲役15年罰金500万円、追徴金212万5千円)を言い渡した。
 判決によると、森田被告は2013年7月、工藤会系組幹部の松尾大奨被告(34)=強盗致傷罪などで起訴=らと共謀し、東京都内で覚醒剤約1キロを930万円で譲り受けたほか、12年11月~13年7月、国内で多数回にわたり覚醒剤を密売するなどした。
 森田被告は「業としてはやっていない」と否認していたが、判決で松藤裁判長は「取引日が明確に認定できるだけでも5回の取引がある」などとして退けた。
 公判は裁判員裁判の対象事件だったが、「工藤会が裁判員らに危害を加えるおそれがある」として福岡地裁が除外決定をしていた。

Logo2
http://www.asahi.com/articles/ASH6L3PTXH6LTIPE00H.html

« 工藤会トップ、上納金でゴルフ会員権か 知人生活費にも流用の疑い(18日)西日本 | トップページ | 山岳遭難の件数、人数ともに過去最多を更新(18日)TBS »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 工藤会トップ、上納金でゴルフ会員権か 知人生活費にも流用の疑い(18日)西日本 | トップページ | 山岳遭難の件数、人数ともに過去最多を更新(18日)TBS »