« 袋遺体、目立った外傷なし=遺棄容疑で捜査本部-大阪府警(17日)時事 | トップページ | 児童ポルノ所持に罰則適用へ 被害者ケアも取り組み(17日)テレビ朝日 »

2015年6月17日 (水)

浅間山 火口から約2キロの範囲では警戒を(17日)NHK

長野と群馬の県境にある浅間山では、16日、6年ぶりに山頂火口でごく小規模な噴火が発生しました。気象庁は引き続き噴火警戒レベル2の火口周辺警報を発表して、火口からおおむね2キロの範囲では噴火に伴う大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、16日午前9時半ごろ、浅間山から北へ4キロほど離れた場所で微量の灰が降っているのが確認され、気象庁は、浅間山の山頂火口でごく小規模な噴火が発生したと発表しました。浅間山で噴火が発生するのは、6年前の平成21年5月の小規模な噴火以来です。
当時、山頂付近には雲がかかり、噴煙などの様子は確認できず、空振と呼ばれる噴火に伴う空気の振動は確認されていないということです。
一方、その後の気象庁の現地調査で、山の北から北東のおおむね4キロの範囲の12か所で噴火による降灰が確認され、上空からの観測では、火口から白色の噴煙や青白い火山ガスが噴出していたということです。
浅間山では、噴火の数時間前に観測された、山の西側の膨張を示す変化が噴火のあとも解消していないとみられ、山頂の直下のごく浅い所を震源とする火山性地震が多い状態も続いているということです。
気象庁は、浅間山では今後も小規模な噴火が発生するおそれがあるとして、引き続き噴火警戒レベル2の火口周辺警報を発表して、山頂の火口からおおむね2キロの範囲では噴火に伴って大きな噴石が飛ぶおそれがあるとして、立ち入らないよう警戒を呼びかけています。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150617/k10010117091000.html

« 袋遺体、目立った外傷なし=遺棄容疑で捜査本部-大阪府警(17日)時事 | トップページ | 児童ポルノ所持に罰則適用へ 被害者ケアも取り組み(17日)テレビ朝日 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 袋遺体、目立った外傷なし=遺棄容疑で捜査本部-大阪府警(17日)時事 | トップページ | 児童ポルノ所持に罰則適用へ 被害者ケアも取り組み(17日)テレビ朝日 »