« 年金情報“流出” 不審メールの内容入手(3日)日本テレビ | トップページ | <タリウム事件>薬局調べ 宮城県警「照会した」(3日)共同 »

2015年6月 3日 (水)

不法上陸対処訓練を実施=警視庁と海保、初の合同-父島から本土へ身柄移送(3日)時事

警視庁は2日、海上保安庁と初めて合同で、小笠原諸島・父島に外国人が不法上陸した事態を想定した対処訓練を実施した。本土から約1000キロ離れた父島での不法上陸者逮捕から、航空機を使った都心への身柄移送まで緊密に連携し、流れを確認するのが目的。
 訓練には小笠原諸島を管轄する警視庁第1方面本部や機動隊、同庁刑事部、公安部と第3管区海上保安本部(横浜市)、水産庁、東京都が参加した。
  「海岸通り沿いに数人の不審者がいる」と父島住民から110番を受けた事態を想定し、警視庁本部から緊急展開チームを父島の同庁小笠原署に派遣。入管難民法違反容疑で現行犯逮捕した不法上陸者を、海保のヘリコプターと航空機を使って硫黄島経由で羽田空港まで運び、東京湾岸署に移送した。
 一方、海上では海保の巡視船や水産庁などが、停船命令を無視して逃走する不審な外国漁船を追跡。外国人漁業規制法違反容疑で船長を逮捕する訓練を実施した。(2015/06/03-00:27)

« 年金情報“流出” 不審メールの内容入手(3日)日本テレビ | トップページ | <タリウム事件>薬局調べ 宮城県警「照会した」(3日)共同 »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年金情報“流出” 不審メールの内容入手(3日)日本テレビ | トップページ | <タリウム事件>薬局調べ 宮城県警「照会した」(3日)共同 »