« 奈良の複数の寺にも逮捕状の男関与か(3日)NHK | トップページ | 不法上陸対処訓練を実施=警視庁と海保、初の合同-父島から本土へ身柄移送(3日)時事 »

2015年6月 3日 (水)

年金情報“流出” 不審メールの内容入手(3日)日本テレビ

日本年金機構がウイルスメールによる不正アクセスを受け、受給者の個人情報およそ125万件が流出したとみられる事件で、日本テレビは2日、職員に送られた不審なメールの内容を入手した。
 先月18日と25日に日本年金機構が全職員に送った注意喚起の通達の中には、相次いで送られる「不審なメール」の内容が書かれている。メールの差出人のアドレスは、ヤフーのフリーメールになっていて、添付ファイルの名前は「給付研究委員会オープンセミナーのご案内」と記載されていた。本文では、セミナーへの積極的な参加を促すとともに、添付ファイルを開くよう求めている。こうした添付ファイルにウイルスが仕込まれていたとみられる。
 また、別の不審なメールでは、件名を「厚生年金制度の見直しについて(試案)に関する意見」などとして、警戒心を抱かせない文面にしていることが分かる。
 警視庁公安部は、大量に送付されたメールを1件ずつ解析し、容疑者の特定と不正アクセス手法の解明に向け捜査を進めている。
 一方、日本年金機構は、1日と2日の2日間で約15万8000件の問い合わせを受けたことを明らかにした。ほとんどは自分の年金情報の確認だということだが、情報管理の甘さに対する怒りの声も多く寄せられているという。

2010_0318_173406banner011http://www.news24.jp/articles/2015/06/03/07276470.html

« 奈良の複数の寺にも逮捕状の男関与か(3日)NHK | トップページ | 不法上陸対処訓練を実施=警視庁と海保、初の合同-父島から本土へ身柄移送(3日)時事 »

ネット犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奈良の複数の寺にも逮捕状の男関与か(3日)NHK | トップページ | 不法上陸対処訓練を実施=警視庁と海保、初の合同-父島から本土へ身柄移送(3日)時事 »