« 路上でバイク炎上、視聴者が撮影 (20日)TBS | トップページ | 大韓航空ソウル便運休相次ぐ 韓国MERSで利用客減少(20日)テレビ朝日 »

2015年6月20日 (土)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(20、21日単位・レベル)
監視を怠るな
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1010941 49歳のナイジェリア人を含む日本人の女ら3人が国際的な詐欺事件のマネロンに関与したとして警視庁に逮捕されたり、千葉県銚子市で在留資格が切れた中国人の女をホステスとして働かせていたとして32歳の中国人経営者ら10人が逮捕されるなど今月に入り、来日外国人関連事件の検挙が目立つ。
 統計では「来日外国人」には該当しないが、なんとトヨタ自動車の米国籍の女性役員が麻薬取締法違反(輸入)で逮捕された。そんなに日本は〝ザル法治国家〟のように見られているのだろうか。
 警察庁によると今年5月までに殺人や強盗など重要犯罪で全国の警察が検挙した来日外国人は179人で前年同期に比べて4人多くなっている。中でも強盗が36人で12人も増えた。国別ではベトナム人が圧倒的に多く半数以上の19人。次いで中国人の7人など。
 一方、侵入盗などの重要窃盗では13人少ない78人だが、国籍別では中国人が最も多く15人。韓国・朝鮮の11人を含めると3分の1を占めた。
 刑法犯と覚醒剤取締法などの特別法を加えた外国人検挙件数ランキングでは東京の1437件、神奈川の506件、愛知の407件と続いた。
 都道府県格付研究所(平成22年)によると外国人居住者が最も多いのは東京の31万8829人。大阪の16万4704人、愛知の16万0228人と続くので、事件発生も比例しているようだ。
 なかでもベトナム人が住んでいるランキングは神奈川の4496人、兵庫の3310人、愛知の3107人など。一方、中国人は東京の9万6208人、神奈川の3万5773人、愛知の3万3508人と続く。
 気になるのは日本人と組んでマネロンをしていたナイジェリア人の在住。ナイジェリアと言えば過激なテロリスト「ボコ・ハラム」が存在する。治安当局は監視を怠るな
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 路上でバイク炎上、視聴者が撮影 (20日)TBS | トップページ | 大韓航空ソウル便運休相次ぐ 韓国MERSで利用客減少(20日)テレビ朝日 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 路上でバイク炎上、視聴者が撮影 (20日)TBS | トップページ | 大韓航空ソウル便運休相次ぐ 韓国MERSで利用客減少(20日)テレビ朝日 »