« 千葉、連続通り魔事件で無期求刑 検察側「あまりに残虐」(5日)共同 | トップページ | 女子学生、放火容疑で再逮捕 「焼死体見たかった」(5日)朝日 »

2015年6月 5日 (金)

放火か、市役所火災で焼け跡にガソリン缶(5日)読売

岩手県釜石市役所第4庁舎で2日に起きた火災で、焼けた1階の都市計画課内にガソリン缶が残されていたことが、市や県警への取材でわかった。
 釜石署は放火の疑いで捜査している。
 市などによると、室内の床に10リットルのガソリン携行缶がほぼ空の状態で残っていた。床には、激しく焼けた跡が複数あった。ガソリン缶は草刈り機の燃料用として庁舎裏の倉庫に保管されていたが、火災後、2階建設課で管理していた倉庫の鍵と共になくなっているのが見つかった。都市計画課に保管されていた現金には手がつけられていなかった。1階西側の窓の一つは鍵がかかっていなかった。
 市によると、焼けたのはコピー用紙が中心で、復興などに関わる重要文書の被害は少なかった。パソコンの内部データも復元可能という。4日は焼け焦げて水をかぶった書類の乾燥作業を、国文学研究資料館(東京都)のスタッフ4人が行った。作業は2週間以内に終わる見通し。都市計画課は3階会議室で通常業務を再開させた。

2015年06月05日 19時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

« 千葉、連続通り魔事件で無期求刑 検察側「あまりに残虐」(5日)共同 | トップページ | 女子学生、放火容疑で再逮捕 「焼死体見たかった」(5日)朝日 »

凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉、連続通り魔事件で無期求刑 検察側「あまりに残虐」(5日)共同 | トップページ | 女子学生、放火容疑で再逮捕 「焼死体見たかった」(5日)朝日 »