« 中東と欧州でテロ事件相次ぐ(27日)NHK | トップページ | 長男、小学校一度も通わず=最後の目撃8年前-警視庁が行方捜査・墓地遺棄事件(27日)時事 »

2015年6月27日 (土)

若者がネットで集結 安保関連法案反対訴える(27日)NHK

札幌市で、19歳の女性の呼びかけで、安全保障関連法案に反対するデモが行われ、集まった若者たちは、「戦争法案、絶対反対」などと訴えました。
このデモは、札幌市の19歳のアルバイトの女性がインターネットを通して呼びかけて、国会で審議が続く安全保障関連法案に反対するために行われたもので、大学生やアルバイトの若者など、主催側の発表でおよそ700人が参加しました。
参加者は、「戦争したくなくてふるえる」と書かれた横断幕を掲げて札幌市の中心部を歩き、軽快な音楽に合わせて、「戦争法案、絶対反対」などと安全保障関連法案への反対を訴えました。
また、デモの中では、自民党の若手議員らが25日開いた勉強会で、報道機関に対する批判が相次いだことについて、「言論を弾圧しようとすることばには恐怖を感じる」などと抗議の声が上がっていました。
デモを呼びかけた、障害のある人を介助するアルバイトをしている高塚愛鳥さん(19)は、「憲法9条を破壊するような法案には、将来の日本を担う若者こそ、反対の声を上げるべきだと思った。東京の国会前でなくても行動は起こせる」と話していました。参加した18歳のフリーターの女性は、「報道が規制されることは、国民みんなが規制されることになる」と話していました。

国会前でも約2500人が抗議

集団的自衛権の行使を可能にすることを盛り込んだ安全保障関連法案に反対する大学生たちが26日夜、国会前で、抗議活動を行いました。
この活動は、安全保障関連法案に反対する大学生たちでつくるグループの呼びかけで、午後7時半から国会前で行われ、主催者の発表で、およそ2500人が参加しました。
参加した人たちは雨の中、国会議事堂に向かって、「民主主義って何だ」とか「憲法を守れ」などと声を上げていました。大学3年生の女子学生は、「70年前の悲惨な戦争への反省とともにずっと守られてきた憲法が、いっときの政権による解釈の変更で簡単に壊されようとしていることに恐ろしさを感じます」と話していました。
また、参加者からは、25日の自民党の若手議員らの勉強会で、沖縄の地元紙など報道機関に対する批判が相次いだことについての意見も聞かれました。このうち都内の男子大学生は、「報道姿勢が気にくわないからといって権力を持つ側が、上から押さえつけようとするかような発言はおかしい。報道の自由は守られるべきだ」と話していました。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150626/k10010129201000.html

« 中東と欧州でテロ事件相次ぐ(27日)NHK | トップページ | 長男、小学校一度も通わず=最後の目撃8年前-警視庁が行方捜査・墓地遺棄事件(27日)時事 »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中東と欧州でテロ事件相次ぐ(27日)NHK | トップページ | 長男、小学校一度も通わず=最後の目撃8年前-警視庁が行方捜査・墓地遺棄事件(27日)時事 »