« 特急列車「とき」のチャイム盗まれる ネットオークションで高値の取り引きも 伊勢崎・華蔵寺公園遊園地(22日)産経 | トップページ | 年金情報流出は101万人分 全都道府県、大阪が最多(23日)共同 »

2015年6月22日 (月)

早稲田大にサイバー攻撃 職員ら3300人の「個人情報」流出…半年気付かず(22日)産経

早稲田大は22日、「標的型メール」によるサイバー攻撃で、職員の事務用パソコンがウイルス感染したと発表した。職員を中心にした延べ約3300人の氏名などの個人情報が流出した。
 感染に気付くまで半年かかった。早大は「重大かつ深刻な事態と認識し、全力を挙げて原因究明と再発防止に取り組んでいる」とコメント。警視庁に被害を相談している。
 早大によると、昨年12月11日、職員が医療費通知を装ったメールの添付ファイルを開いて感染。この職員のパソコンが遠隔操作され、管理用パスワードが盗まれ、他の事務用パソコン数台も感染した。
 6月5日、教職員と親交がある外部機関からの指摘で発覚。同大は、長期間気付かなかった理由を「未知のウイルスだったため」としている。
 また、早大はこの件とは別に、大学のスケジュール管理サイトのトップページが外部からの不正侵入で改ざんされたと発表した。http://www.sankei.com/affairs/news/150622/afr1506220023-n1.html

« 特急列車「とき」のチャイム盗まれる ネットオークションで高値の取り引きも 伊勢崎・華蔵寺公園遊園地(22日)産経 | トップページ | 年金情報流出は101万人分 全都道府県、大阪が最多(23日)共同 »

ネット犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 特急列車「とき」のチャイム盗まれる ネットオークションで高値の取り引きも 伊勢崎・華蔵寺公園遊園地(22日)産経 | トップページ | 年金情報流出は101万人分 全都道府県、大阪が最多(23日)共同 »