« 2015年6月24日 | トップページ | 2015年6月26日 »

2015年6月25日

2015年6月25日 (木)

覚醒剤800g、コカイン220g所持の男逮捕(25日)読売

覚醒剤約800グラム(末端価格約5650万円)などを密売目的で所持していたとして、大阪府警薬物対策課は24日、大阪市西区土佐堀、無職渡辺吉康被告(53)(起訴)を覚醒剤取締法違反(営利目的所持)容疑などで逮捕したと発表した。
 府警によると、渡辺被告は4月21日、同市中央区のトランクルームなどで、覚醒剤のほか、コカイン約220グラム(末端価格約1300万円)を営利目的で所持するなどした疑い。
 渡辺被告は関西を中心に密売人に薬物を流していたとされ、自宅からは売上金とみられる約800万円も押収された。
 府警は、渡辺被告の内妻の篠崎雅被告(25)(起訴)についても、覚醒剤を使用した疑いなどで逮捕。篠崎被告は容疑を認めているが、渡辺被告は否認しているという。

2015年06月25日 17時49分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

歌手の桂銀淑容疑者を逮捕 韓国でも覚醒剤使用の疑い(25日)産経

【ソウル=名村隆寛】韓国の歌手、桂銀淑(ケ・ウンスク)容疑者(53)が25日、覚醒剤を使用したとして、麻薬管理法違反の容疑で、水原地検安養支庁に逮捕された。聯合ニュースが伝えた。
 報道によると、桂容疑者は自宅やホテルなどで、数回にわたって覚醒剤を使った疑いが持たれているという。検察では、覚醒剤の入手経緯などを調べている。
 桂容疑者は2007年、日本で覚せい剤取締法違反の罪に問われ、執行猶予付きの有罪判決を受けた。また、高級外車のリース代金を支払わなかったとして、昨年夏に詐欺罪で在宅起訴された。http://www.sankei.com/affairs/news/150625/afr1506250040-n1.html

| コメント (0)

衝突事故でボンベ散乱・炎上、トラック運転手死亡 (25日)TBS

25日午前、静岡県裾野市の国道246号バイパスで、トラックと乗用車が出合い頭に衝突する事故がありました。この事故でトラックの運転手が死亡、トラックに積んであったガスボンベが炎上したため、現場付近は通行止めとなりました。
 25日午前9時45分ごろ、裾野市千福にある国道246号バイパスの交差点で、トラックと乗用車が出合い頭に衝突しました。この事故で、トラックを運転していた50代男性が死亡、乗用車を運転していた80代女性が軽いけがをして病院に運ばれました。
 このトラックに積んであったガスボンベが事故のはずみで路上に散乱して炎上したため、国道246号バイパスは現場付近で一時、通行止めとなりました。(25日18:10)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2525496.html

遺体を切断し焼却、遺棄した疑い 会社役員ら逮捕(25日)朝日

札幌市の金融業の男性の遺体を切断して焼却、岡山県内の川などに遺棄したとして、道警は、いずれも会社役員の桜田充(32)=東京都豊島区上池袋2丁目=、大国慎治(50)=岡山県津山市下横野=の両容疑者を死体損壊と死体遺棄の疑いで逮捕し、25日発表した。道警は、両容疑者が男性の殺害にも関わったとみて調べている。
 道警によると、桜田、大国両容疑者は昨年8月29日から9月10日までの間、岡山県内の大国容疑者が所有する土地で、金融業工藤幸史さん(当時45)=札幌市中央区南14条西18丁目=の遺体を隠した上、刃物で切断して焼却、同県内の川などに遺棄した疑いがある。道警は、両容疑者の認否を明らかにしていない。
 工藤さんは無登録で金融業を営み、桜田容疑者に金を出資していた。桜田容疑者は大国容疑者に数百万円を貸していたという。道警は25日、札幌南署に岡山県警との合同捜査本部を設置。事件の背景に金銭トラブルがあったとみている。

Logo2_2
http://www.asahi.com/articles/ASH6T61KMH6TIIPE03J.html

| コメント (0)

駅に車突っ込み、女性重傷=運転の79歳男逮捕-大阪(25日)時事

25日午後5時ごろ、堺市東区日置荘西町の南海高野線初芝駅の切符売り場に乗用車が突っ込み、切符を買っていた同区の女性(30)が太もも骨折の重傷を負った。
 大阪府警黒山署は、車を運転していた同区日置荘北町の無職窪田晴男容疑者(79)を自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕した。「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と話しているという。
 同署によると、窪田容疑者は初芝駅に妻を迎えに行っていた。助手席に乗っていた同容疑者の妻(73)も左肩骨折の重傷。(2015/06/25-20:17)

2015/06/25-20:17

| コメント (0)

9年前のスナック強盗事件、DNA一致で男逮捕 (25日)TBS

9年前、東京・江東区のスナックで経営者の女性(当時65)に刃物を突きつけて脅し、現金2万5000円を奪ったとして、無職の川合芳則容疑者(57)が警視庁に逮捕されました。
 女性はビニール紐で両腕や手首を縛られていましたが、紐についていたDNAと、今年3月、別の窃盗事件で逮捕され、刑務所に収監されていた川合容疑者のDNAが一致したことから、関与が浮上したということです。
 取り調べに対し、川合容疑者は「野宿生活で、食べ物を買うお金が欲しかった」と容疑を認めているということです。(25日15:49)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2525714.html

| コメント (0)

ランボルギ-ニ暴走“都内最大級ル-レット族”解散(25日)テレビ朝日

スーパーカーで首都高速を暴走したとして、都内最大規模のルーレット族を摘発です。
 首都高速を暴走するいわゆる、ルーレット族の隊長の49歳の男ら7人は、車にナンバープレートを付けないで走行した疑いなどで書類送検されました。警視庁によりますと、男らは「辰巳会」と称して週末の夜になるとランボルギーニなどのスーパーカーに乗って辰巳パーキングエリアに集まり、200km近いスピードでの走行を繰り返していました。隊長の男は、警視庁にグループの解散届を提出したということです。

2009_1229_211958annlogo1_2
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000053404.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(25、26日単位・レベル)
最悪の山岳遭難(昨年)
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1010849 今年1月に北アルプスの長野県と富山県にまたがる五竜岳にヤマスキーに入ったまま行方不明になっていた66歳と59歳の男性2人が5カ月後の今月17日、遺体で発見された。2人は、14日に長野県白馬村の北アルプス五竜岳遠見尾根の北側斜面で、雪渓に埋まり遺体で見つかった早稲田大山岳部OB(58)の仲間だった。
 警察庁によると昨年の山岳遭難は2293件発生、遭難者数は2794人で、前年に比べて件数で121件、人員で81人増えている。発生件数、遭難者数は昭和36年の統計以降で最悪の数字となった。しかもこの10年間は増加傾向にあるという。
 遭難が最も多かったのは長野県で272件。富山県の133件、北海道の120件と続いた。
 年齢別では40歳以上が2136人で全遭難者の76.4%を占め、このうち60歳以上が1401人で50.1%と、ここでも高齢者がめだった。
 遭難の態様別では道迷いが最も多く41.6%。以下、滑落が17.9%、転倒が14.4%と続く。
 警察庁では、体調・体力や登山の経験等に見合った山を選択し、日程に余裕をもって行動するよう呼びかけている。特に、近年は異常気象のため気象条件の把握のできるリーダーなどと同行することも大事になってくる。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

夫の点滴にカリウム 別病院の看護師逮捕 細江署(25日)共同

細江署と県警捜査1課は25日、威力業務妨害の疑いで浜松市中区寺島町、看護師の女(34)を逮捕した。
 逮捕容疑は1月23日夜、同市北区の病院で、治療中の夫の点滴にカリウム溶液を注入し、病院の業務を妨害した疑い。同署は容疑者の認否を明らかにしていない。
 同署などによると、容疑者は市内の別の病院に勤務している。
 夫は当時、心臓の疾患で入院中で、点滴の針に痛みを訴えた。医師らが調べたところ、治療で使われている薬品と違う成分が入っていることが分かり、警察に通報した。
 夫の症状に変化はなかったという。
 病院の担当者は取材に対し「すべて警察にお任せしているのでお答えできない」と話した。
 カリウム溶液は、急激に投与すると心臓に異常を来し死に至ることもあり、心臓病患者への投与は禁忌とされている。

2010_0123_11120247newslogo1_3http://www.at-s.com/news/detail/1174208371.html

| コメント (0)

闇サイト事件の神田死刑囚の死刑執行(25日)NHK

平成19年に携帯電話の闇サイトを通じて知り合った3人の男が名古屋市の路上で女性を連れ去り現金を奪ったうえ殺害した事件で、3人のうち、強盗殺人の罪などで死刑が確定した神田司死刑囚の死刑が25日午前、執行されました。
死刑が執行されたのは神田司死刑囚(44)です。
神田死刑囚は、平成19年8月、携帯電話の闇サイトで知り合ったほかの2人の男とともに、名古屋市千種区の路上で帰宅途中だった当時31歳の派遣社員の女性を車で連れ去り、現金を奪ったうえ、頭を金づちで殴るなどして殺害したとして、強盗殺人の罪などで死刑が確定していました。
この事件で、ほかの2人は無期懲役が確定しています。
第2次安倍内閣以降で死刑が執行されたのは去年8月以来、7回目で、合わせて12人になりました。

News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150625/k10010127021000.html

| コメント (0)

昨年の匿名通報が最多、9千件超 電話よりサイト、警察庁(25日)共同

警察庁は25日、民間団体に委託し、電話やインターネットで犯罪や児童虐待などの通報を受け付ける「匿名通報ダイヤル」の昨年度の受理件数は、前年度より576件多い9401件だったと発表した。受け付けを始めた2007年度以降で最多。情報を基にした摘発は11件少ない45件だった。
 通報手段別では、電話が707件と112件減ったのに対し、ウェブサイトは8694件で688件増えた。警察庁の担当者は「サイトは声を聞かれずに済むので利用しやすいのでは」と話している。
 通報先はフリーダイヤル(0120)924839、サイトhttp://www.tokumei24.jp

2010_0123_11120247newslogo1_2http://www.47news.jp/CN/201506/CN2015062501000792.html

| コメント (0)

弁護士のふりして…60代女性、8千万円超被害か 詐欺未遂容疑で無職男逮捕(25日)産経

相模原市の60代女性に弁護士のふりをして電話し1580万円をだまし取ろうとしたとして、神奈川県警相模原署は24日、詐欺未遂容疑で、現金の送り先となっていた大阪市北区のマンションにいた住所不詳の無職、瀬在雄太容疑者(20)を現行犯逮捕した。女性は既に3回に分けて計約8420万円を同市の複数の場所に送っており、同署は同一グループの詐欺事件とみて調べている。
 同署によると、女性が兄に相談し、20日に被害届を提出。今回は女性が詐欺に引っ掛かったように見せかけ、署員が宅配業者とともにマンションに行き、瀬在容疑者を逮捕した。
 逮捕容疑は18~23日、氏名不詳の男らと共謀、女性宅に弁護士を名乗り「名義を貸したあなたを守ろうとして逮捕された人の保釈金が必要」などと電話し、現金をだまし取ろうとしたとている。http://www.sankei.com/affairs/news/150624/afr1506240051-n1.html

| コメント (0)

【拉致再調査】再び遺骨捏造情報… 不誠実さ極めた北の戦略 「限界」訴える被害者家族(25日)産経

拉致被害者らの再調査をめぐって、北朝鮮が別人の骨を焼いて、その骨に拉致被害者の体液などを混ぜ、被害者の「遺骨」の捏造(ねつぞう)を検討しているという情報が明らかになった。再調査から7月4日で1年を迎える中、北朝鮮の出方は不明だが、再び日本に対して不誠実な対応を取る恐れもある。これまでも北朝鮮は捏造の可能性が高い書類を示したり、偽の遺骨を提示したりしてきており、被害者家族や支援者の間では緊張感が高まってきている。

再び被害者「死亡」と嘘をつく恐れも

 北朝鮮による「遺骨捏造」情報が明らかになったのは、6月14日に福岡市で開かれた集会だった。被害者の支援組織「救う会」の西岡力会長が最近、得た情報として明らかにした。
 その情報とは、北朝鮮が最近、高温で焼いてDNAが抽出できなくなった骨に、別の人間の体液や排泄(はいせつ)物を混ぜ、別の人間の遺骨として偽造するという実験を進めているというものだった。実験が成功しているとするなら、北朝鮮は日本人拉致被害者の「遺骨」として偽造することができるということを意味する。
 北朝鮮が今後、どう対応してくるかは不明だ。だが、これまで「死亡」と説明してきた拉致被害者8人について、その説明を変えない方針である場合、“証拠”として偽造した遺骨を提示してくる恐れは十分にある。

| コメント (0)

「米国の父が小包で発送」と供述 麻薬で逮捕のトヨタ役員(25日)共同

麻薬オキシコドンの錠剤を米国から密輸した疑いでトヨタ自動車常務役員のジュリー・ハンプ容疑者(55)が逮捕された事件で、ハンプ容疑者が「父親から送ってもらった」などと供述していることが25日、捜査関係者への取材で分かった。
 警視庁は、米国に捜査員を派遣して裏付け捜査することなどを検討。ハンプ容疑者は「膝が痛いので痛みを和らげるために輸入した」との趣旨の説明をしており、国際宅配便で麻薬の入った小包を父親が実際に発送したかなどを調べる方針。
 ハンプ容疑者は「麻薬を輸入したとは思っていない」と容疑を否認している。

2010_0123_11120247newslogo1
http://www.47news.jp/CN/201506/CN2015062501000559.html

| コメント (0)

ぼったくり通報、10倍に急増=歌舞伎町1~4月、前年比-区、商店街がパトロール(25日)時事

東京都新宿区歌舞伎町で、ぼったくり被害を訴える110番が今年1~4月に計1052件に上り、前年同期比の約10倍に急増したことが25日、警視庁新宿署のまとめで分かった。
 区や5年後の東京五輪に向けて盛り場対策を進めている警視庁は地元商店街などと連携し、ぼったくり被害に遭わないよう注意を呼び掛けている。
 新宿署によると、歌舞伎町のぼったくり被害の110番は、昨年1~4月は計106件だった。同9月ごろから急増し始め、11月だけで100件を突破。今年4月は約340件を記録した。
 「安く飲める」と客を誤認させて呼び込み、高額な料金を請求するのが手口。「全部こみこみで4000円」と安い料金で誘われ、入店後に追加料金として266万円を請求されたケースもあった。
 区はボーナス時期を狙った客引きで、被害がさらに多発する恐れがあるとして、今月24日~7月1日を「客引き対策強化週間」とした。24日は午後8時から、区職員と地元商店街のボランティアら約30人が「客引き違法」と書かれたゼッケンを身に着け、歌舞伎町を巡回。「ぼったくり被害多発」「二次会の落とし穴」などと注意を呼び掛けるビラを配布した。(2015/06/25-05:44)

2015/06/25-05:44

| コメント (0)

特殊詐欺で宅配業者を逮捕 (25日)NHk

名古屋市の81歳の女性に、老人ホームに入る権利をめぐるうその電話をかけて現金をだましとったとして、宅配業者の男らが逮捕されました。
男らは実際に宅配会社を設立し、制服を着て現金を受け取りに現れていたということで、警察は正規の業者を装った詐欺の受け取りグループだったとみて調べています。
調べに対して容疑を否認しているということです。
逮捕されたのは、宅配会社の元経営者で埼玉県新座市に住む、渡邊大藏容疑者(39)と従業員ら、5人です。
警察の調べによりますと、5人は、今年3月、名古屋市東区の81歳の女性に、老人ホームに入る権利をめぐる、うその電話をかけ、計現金970万円をだまし取ったとして詐欺の疑いが持たれています。
女性は電話で「ソッキュウ」という宅配業者に現金を渡すよう指示され、その後、業者名の入った制服を着て自宅に現れた従業員に現金を渡したということです。
会社は、去年12月に東京で設立されていて全国各地の特殊詐欺事件で、同じ「ソッキュウ」という名前の宅配業者が現金を受け取っていたということです。
警察は正規の宅配業を装った特殊詐欺の現金の受け取りグループだったとみています。
警察によりますと調べに対して、渡邊容疑者らは容疑を否認しているということです。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/tokai-news/20150624/5828771.html

| コメント (0)

強盗事件に関係か 防犯カメラに男らの映像(25日)NHK

東京・足立区で自転車に乗っていた男性2人が相次いで2人組の男に鉄パイプのようなもので殴られるなどして現金を奪われた事件で、現場近くの防犯カメラに棒のようなものを振り回しながら被害者の男性に近づいていく男の姿が映っていたことが分かりました。警視庁は、この男らが強盗事件に関わったとみて行方を捜査しています。
この事件は22日午前4時前、足立区谷在家で自転車に乗っていた60歳の男性が2人組の男に鉄パイプのようなもので殴られてけがをし現金を奪われたもので、その30分前にもおよそ1キロ離れた足立区加賀で自転車に乗っていた77歳の男性が2人組の男に脅され現金を奪われました。
警視庁は同じ2人組による強盗事件とみて捜査していますが、このうち足立区加賀の現場近くに設置された防犯カメラに、棒のようなものを大きく振り回しながら被害者の男性に近づいていく男の姿が映っていたことが分かりました。また、2人の男と話をしているような別の男がもう1人映っていました。
警視庁はこの2人の男が強盗事件に関わったとみて行方を捜査するとともに、もう1人の男も仲間の疑いがあるとみて調べています。

News_pic1
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150624/k10010126351000.html

| コメント (0)

歌舞伎町の危険ドラッグ販売店に立ち入り調査(25日)テレビ朝日

東京・歌舞伎町の危険ドラッグ販売店に、警視庁などが立ち入り調査に入りました。全国で、店舗での販売は、今回警告された2店舗を残すのみだということです。
 24日、警視庁や厚生労働省の職員など18人が、歌舞伎町の危険ドラッグの販売店2店舗に立ち入り、違法な成分を含む商品を販売しないよう警告しました。厚労省によりますと、危険ドラッグの販売店は去年、全国で200店舗以上確認されていましたが、4月末時点では、今回警告を受けた2店舗まで減少したということです。一方で、インターネットで販売を続ける業者が複数確認されていて、警視庁などが引き続き実態を調べています。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000053349.html

| コメント (0)

“半永久的に使える蓄電装置開発”とうそ、詐欺容疑で5人逮捕 (25日)TBS

電子機器開発会社の元社長・上坂潔容疑者(71)ら5人が、半永久的に使える蓄電装置が開発できたなどとうそを言って、現金をだまし取ったとして警視庁に逮捕されました。
 上坂容疑者らは2008年から翌年にかけて、「半永久的に使える理想的な蓄電装置が2009年には間違いなく発売される。今なら特約店になれる」などとうそを言って、契約金として沖縄県の男性(75)から現金およそ3000万円をだまし取った疑いが持たれています。
 上坂容疑者は容疑を認めたうえで、「中国から輸入したリチウムイオン電池だった」と供述しているということです。
 警視庁は、上坂容疑者らがおよそ1000人、160社からあわせて5億8000万円をだまし取っていたとみて裏付けを進めています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2524988.html

| コメント (0)

佐川印刷元役員を強制捜査へ 京都地検、数億円詐取容疑(25日)朝日

物流大手・佐川急便の梱包(こんぽう)資材などを手がける印刷会社「佐川印刷」(京都府向日市)の元財務・経理担当役員(61)が会社の資金約80億円を不正流用したとされる問題で、京都地検特別刑事部は25日にも、元役員が子会社から少なくとも数億円をだまし取ったとする電子計算機使用詐欺の疑いで強制捜査に乗り出す方針を固めた。元役員ら関係者から事情を聴き、巨額資金流出の全容解明をめざす。
 捜査関係者によると、元役員は佐川印刷とグループ会社の財務・経理部長だった2008年以降、実際は私的に会社の資金を流用する目的なのに、佐川印刷の子会社「エスピータック」(京都府亀岡市)の業務で資金が必要になったように装い、同社から少なくとも数億円を引き出して詐取した疑いが持たれている。
 この問題は今年1月、エスピー社の口座から多額の資金が取引と関係ない第三者に支出されていることが社外からの指摘で発覚。佐川印刷の社内調査で元役員の関与が浮かび、不透明な出金は少なくとも昨年までの5年間で約80億円になったという。元役員は調査に「将来の個人的な資金を確保しようと思った」と関与を認め、依願退職した。

| コメント (0)

墓地に遺体、不明の20代女性か 相模原、男女2人を逮捕(25日)東京

相模原市緑区の墓地でブルーシートにくるまれた成人の遺体が見つかり、警視庁捜査1課は25日、死体遺棄の疑いで、東京都渋谷区上原、アルバイト従業員佐藤一麿容疑者(29)と静岡県富士市今宮、農業秋山智咲容疑者(23)を逮捕した。
 捜査1課は、遺体は2年ほど前から行方不明になっていた都内の20代の女性とみて身元確認を進めるとともに、詳しい経緯を調べている。女性の長男(7)の所在も分からなくなっており、事件に巻き込まれた可能性があるとみて調べる。
 逮捕容疑は共謀の上、2013年7月19日ごろ、東京都世田谷区から乗用車で氏名不詳者の遺体を運び、墓地に埋めた疑い。

| コメント (0)

« 2015年6月24日 | トップページ | 2015年6月26日 »