« 2015年6月13日 | トップページ | 2015年6月15日 »

2015年6月14日

2015年6月14日 (日)

京大病院元准教授 収賄の疑いで逮捕(14日)NHK

京都大学医学部附属病院の47歳の元准教授が、研究用器材の選定などで京都市の医療機器販売会社に便宜を図った見返りに、海外の高級キャリーバッグなど合わせて数十万円分を受け取った疑いが強まったとして、収賄の疑いで逮捕されました。
警察は、機器の選定や契約のいきさつについて調べることにしています。
逮捕されたのは、京都大学医学部附属病院臨床研究総合センターの元准教授で、医師の丸井晃容疑者(47)です。
警察によりますと、丸井元准教授は、研究用器材の選定などで、京都市の医療機器販売会社「西村器械」が有利になるよう便宜を図った見返りに、平成24年と翌年に海外の高級ブランドのキャリーバッグなど合わせて3点、およそ30万円分を受け取った収賄の疑いが持たれています。
警察は、丸井元准教授が病院の機器の選定などで意見を言う立場にあったのを背景に、高額な品物を受け取っていたとみて14日午前から取り調べていましたが、容疑が固まったとして逮捕しました。
また、「西村器械」の社員、西村幸造容疑者(39)を贈賄の疑いで逮捕しました。
警察は2人が容疑を認めているかどうかは明らかにしていません。
丸井元准教授は、心臓血管外科の医師として京都大学病院でたんぱく質を使って血管を作る再生医療の研究などに取り組み、現在は奈良県天理市の病院に勤務しています。
警察は今後、京都大学病院などを捜索して機器の選定や契約のいきさつについて調べることにしています。

購入予定の器材情報を先に提供か

警察によりますと、丸井元准教授は国が優れた研究を支援するために支給する「科研費」と呼ばれる補助金で行われた再生医療のプロジェクトで、器材の選定で、「西村器械」に便宜を図った疑いがあるということです。
丸井元准教授は、研究プロジェクトで教授に次ぐ立場で、実質的にプロジェクトを取り仕切り、どの業者からどういう器材を購入するか決めていたということです。
丸井元准教授の権限で発注されたとみられる器材は、手と足の血圧を同時に測ることができる特殊な血圧計や血液や組織、薬剤などを保存するための保冷庫など、5年間で十数点、総額5000万円以上に上ったとみられています。
丸井元准教授は、「西村器械」の営業社員だった西村容疑者に、研究プロジェクトで購入を予定している器材の情報を他社より先に提供したうえで、器材を購入していたとみられるということです。

News_pic1_7
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150614/k10010114351000.html

| コメント (0)

練馬区役所に爆破予告 警備員を増強(14日)NHK

東京の練馬区役所を爆破すると予告する書き込みがインターネットの掲示板に行われ、練馬区は警備員を増強して不審物がないか警戒する措置を取ることを決めました。これまでに爆発物は見つかっていませんが、警視庁は威力業務妨害の疑いで捜査しています。
東京の練馬区によりますと、14日午前10時半ごろ、インターネットの掲示板に区役所の爆破予告が書き込まれていると連絡がありました。練馬区が確認したところ、警察を挑発するコメントとともに、「あす6月15日、練馬区役所に爆発物を仕掛け爆破する」という内容の書き込みが見つかったということです。
あわせて、都内の弁護士事務所を爆破するという書き込みも見つかりました。
練馬区は警視庁に通報するとともに、区役所の庁舎やその周辺の捜索を行いましたが、これまでに爆発物は見つかっていないということです。
練馬区は15日、警備員を通常の11人から40人に増強し、不審物がないか庁舎の出入り口などの警戒を強化するとともに、区民に対して急ぎでなければ区役所の利用を控えるよう呼びかけています。
都内では、今月1日に足立区役所にも爆破を予告する脅迫文が届いていて、警視庁は威力業務妨害の疑いで捜査しています。

News_pic1_6
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150614/k10010114521000.html

| コメント (0)

千葉のスナックで深夜の摘発 中国人の女8人逮捕(14日)テレビ朝日

今回、摘発されたのは、千葉県銚子市のスナック3店舗。経営者やホステスの中国人の女8人が入管法違反の疑いで逮捕された。李明枢容疑者(32)ら2人は、経営するスナックで、在留資格が切れた中国人の女をホステスとして働かせた疑いが持たれている。李容疑者は去年10月から店を経営していて、10人ほどのホステスを雇っていたという。取り調べに対し、李容疑者は「ホステスが不法残留と知っていたが、それ以上は話せない」と容疑を認めている。

2009_1229_211958annlogo1_3http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000052581.html

| コメント (0)

ひき逃げで女性死亡、18歳少年逮捕 愛知(14日)日本テレビ

14日未明、愛知・名古屋市中村区で自転車に乗っていた女性が乗用車にひき逃げされ死亡する事件があり、警察は少年(18)を、道路交通法違反などの疑いで逮捕した。
 逮捕されたのは、愛知・大治町に住む家業手伝いの少年。警察によると、少年は14日午前0時過ぎ、名古屋市中村区で、酒を飲んだ状態で車を運転し、近くに住む森栄子さん(65)をはね死亡させ飲酒していたことが発覚するのを隠そうと逃走した疑いなどが持たれている。
 少年は、森さんをひいた後、約3キロ離れた用水路に車を落とし、逃げていた。その後、目撃場報などから警察が自宅へ戻っていた少年に任意同行を求め逮捕したもので、調べに対し、飲酒し車を運転した上、ひき逃げをしたことについて容疑を認めているということで「怖くなって逃げた」と話しているという。
 警察で事件の経緯について詳しく調べることにしている。

2010_0318_173406banner011http://www.news24.jp/articles/2015/06/14/07277288.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(14,15日単位・レベル)
誰が命を守るんだ
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1010910 市が所有する65歳以上の高齢者の住所などを警察に提供していたのが問題だとして市民有志グループが中止を求めたという。千葉県は野田市の出来事だ=共同
 その情報は警察が巡回連絡で得た「巡回連絡カード」のようなものだ。しかし、「個人情報」だの「プライバシー」だのと、警察が得ようとしている連絡カードの取得が困難になっているからこんな問題が起きる。
 そもそも巡回連絡とは、警察官が地域住民や事業所を訪問して犯罪の抑止、災害防止などの目的で行う活動。言い換えれば「住民との良好な関係を保つため、受持区内の実態を掌握する」のが目的だ。
 マイナビニュースによると、賃貸マンションやアパートの居住者で「隣りに住む人を知らない」という人が57.1%にのぼったという。それほど昔と比べて近所づきあいが希薄になっており、しかも子供達と別居、アパートなどを借りてひとりで生活するお年寄りが多くなっているのだ。
 その高齢者の犯罪被害や交通事故の防止などの対策に必要な情報の提供をうけるのが何故悪い。いったい、こうした市民団体には「お年寄りを犯罪から守ろうとする意思があるのか」と尋ねたい。
 日本国憲法 第13条では「……生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利について……立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする……」とされ、国民の生命と財産を守るのも国の責任だ。だったら巡回連絡カードの作成も国勢調査なみにすれば良い。「安全と水はただ」-都合の良い考えだけ主張するな
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

電車近づくホーム、男性突き落とした疑い 会社員を逮捕(14日)朝日

電車が近づく駅のホームから男性を突き落としたとして、大阪府警は14日、自称同府八尾市山本町南7丁目の会社員出川貴美容疑者(49)を、殺人未遂容疑で現行犯逮捕し、発表した。「殺す気はなかった」と容疑を否認しているという。電車は約80メートル手前で停車し、男性にけがはなかった。
 生野署によると、出川容疑者は14日午前8時45分ごろ、普通電車が進入してきた近鉄大阪線鶴橋駅(大阪市生野区)の2番ホームで、前を歩いていた東大阪市の男性会社員(28)を線路上に突き落とした疑いがある。運転士が約150メートル手前で転落に気づいてブレーキをかけ、停車させたという。乗客にもけがはなかった。
 出川容疑者は酒に酔っており、「急いでいたので邪魔だった」と話し、男性は「『どけ』と言われて振り向いたら突き落とされた」と説明しているという。

Logo2http://www.asahi.com/articles/SDI201506146299.html

| コメント (0)

給食に「金属片」混入 伊達・堰本小、児童は口にぜす(14日)共同

伊達市教委は13日、同市の堰本小で2日に出された給食に金属片が混入していたと発表した。児童は口にしておらず、健康被害はなかったとしている。同市教委によると、金属片はステンレス製の網の一部で、十字の形をし、長さは1センチほどあった。小学6年の女子児童が肉うどんを食べ、汁を飲もうとしたところ、金属片に気付き、担任に申し出た。
 同校は2日、保護者に知らせ、謝罪するとともに給食を作った伊達市学校給食センターなどに報告。その後、同センターで異常が確認できなかったため、県北保健福祉事務所が、うどんを納入した仲村商店(福島市)の工場を調査したところ、麺をゆでる機械の一部が破損していたことが判明し、金属片と一致したという。5日になって同センターは、仲村商店などから再発防止についての報告を受けた。同センターの職員が10日に仲村商店を訪れ、機器の状況などを確認した。
(2015年6月14日 福島民友ニュース)
http://www.minyu-net.com/news/news/0614/news4.html

2010_0123_11120247newslogo1_3

| コメント (0)

「寺の方から地響き」の通報、駆けつけると全壊(14日)読売

13日午後0時10分頃、徳島県阿南市富岡町の景徳寺近くの住民から「寺の方から地響きのような音がして、砂ぼこりが上がっている」と同市役所を通じて徳島県警阿南署に連絡があった。
 同署員が駆けつけると寺が全壊していた。老朽化が原因とみられ、けが人は見つかっていない。
 同署の発表では、寺は木造平屋約170平方メートルで、420~430年前に建てられた。住職を兼任する近くの正福寺の篠原寛海住職によると、約30年前まで管理する人がいたが、長い間無人になっていたという。
 篠原住職は「時々草刈りに行っていたが、床が抜けるなど手の施しようがなかった。ご迷惑をおかけして申し訳ない」と話している。

2015年06月14日 14時06分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

京大病院元准教授 収賄容疑で事情聴取(14日)NHK

京都大学医学部附属病院の40代の元准教授が、研究用器材の選定などで京都市の医療機器販売会社に便宜を図った見返りに、海外の高級キャリーバッグ合わせて数十万円分を受け取った疑いがあるとして、警察は収賄の疑いで元准教授から事情を聴いています。
警察の事情聴取を受けているのは、京都大学医学部附属病院臨床研究総合センターの元准教授で、47歳の医師です。
警察の調べによりますと、元准教授は研究用器材の選定などで京都市の医療機器販売会社が有利になるよう便宜を図った見返りに、平成24年から翌年にかけて、海外の高級ブランドのキャリーバッグ3点、合わせて数十万円分を受け取った収賄の疑いが持たれています。
警察は機器の選定などで意見を言う立場にあった元准教授が、職務権限を背景に、会社の担当者から高額な品物を受け取っていた疑いがあるとして、14日午前、元准教授に任意同行を求め、収賄の疑いで警察署で事情を聴いています。
警察は14日、会社の担当者からも事情を聴いていますが、警察によりますと、担当者は以前の事情聴取に対し、「元准教授から要求された」と話したということです。
警察は、元准教授に趣旨やいきさつの詳しい説明を求めるとともに、病院の機器の選定や契約について実態の解明を進めることにしています。

News_pic1_5http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150614/k10010114131000.html

| コメント (0)

列車とリフト車衝突 1人重体(14日)NHK

14日午前、新潟県弥彦村にあるJR弥彦線の踏切で、立往生していたフォークリフトと列車が衝突し、フォークリフトを運転していた80歳の男性が意識不明の重体となっています。
  14日午前10時すぎ、弥彦村矢作にあるJR弥彦線の踏切で、線路上で立往生していたフォークリフトと2両編成の下りの普通列車が衝突しました。
 警察の調べによりますと、この事故で、フォークリフトの中にいた近くに住む泉谷善二さん(80)が全身を強く打って病院に運ばれましたが、意識不明の重体となっています。
当時、列車には乗客と乗員合わせて10数人が乗っていましたがけがはありませんでした。
 事故があった踏切は、遮断機や警報器が設置されていますが、当時、フォークリフトに積んだ石材が踏切内で落下し、泉谷さんは石材を取り除こうとリフトを動かしていたということで、警察がくわしい事故の状況を調べています。
この事故の影響で、弥彦線は吉田と弥彦の間の上下線で、現在も運転を見合わせています。

News_pic1_4
http://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/1036841071.html?t=1434250984

| コメント (0)

通信傍受、当事者への通知は半数どまり 291人中150人「人物特定できぬ」(14日)西日本

2014年に全国の警察が犯罪に関係する電話を傍受したのは291人で、このうち傍受の事実を通知したのは約半数の150人にとどまることが、警察庁への取材で分かった。通信傍受法は捜査機関に対し、犯罪と関係があった場合は傍受した当事者への通知を義務付けている。警察庁によると、通知しなかった理由の9割は「人物が特定できない」だった。
 通知を義務付けているのは、行き過ぎたプライバシー侵害を防ぐため。当事者は通知によって傍受された事実を知り、裁判所に記録の消去を求める不服申し立てができる。
 警察庁によると、14年に傍受した事件は薬物7件、銃刀法違反3件で、いずれも携帯電話のやりとりだった。この10事件の今年4月1日時点の通知状況を集計したところ、未通知だった141人のうち、人物が特定できなかったのは129人。特定できたものの所在不明だったのは5人、捜査の妨げになるため通知を延期したのは7人だった。
 警察庁刑事企画課は「未通知者の大半は、容疑者と電話をしていた相手。他人名義の携帯電話が使われていることもあり、個人の特定が難しい」と説明した。13年以前の通知状況は集計していないという。
 法務省は通信傍受の件数や容疑の罪名などを毎年国会に報告しているが、通知状況の報告義務はない。通信傍受法が施行された2000年以降、傍受の実績は約8万8千回に上るが、85%は事件と無関係だったことが判明している。犯罪と無関係の場合は当事者に通知されない。
 通信傍受法は傍受の対象を組織ぐるみの薬物犯罪、銃器犯罪、集団密航、組織的殺人の4分野に限定しているが、国会で審議中の改正案が可決すれば、詐欺、傷害、放火、児童ポルノ事件など9分野が加わる。

 ▼第三者チェックを

 内田博文九州大名誉教授(刑事法)の話 法改正によって通信傍受の対象犯罪が詐欺などの身近な犯罪に広がれば、市民のプライバシーが侵害される恐れは格段に高まる。通知するかどうかを捜査機関が恣意(しい)的に判断することがないように、第三者がチェックする仕組みを導入すべきだ。=2015/06/14付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/175464

| コメント (0)

ひき逃げか 10代とみられる女性重傷 千葉(14日)テレビ朝日

千葉県東金市の県道で、10代とみられる女性が倒れているのが見つかりました。近くには自転車があり、警察はひき逃げ事件として捜査しています。
 13日午後11時すぎ、東金市家徳の県道で、「人と車の事故が起きた」と車で近くを通り掛かった女性から通報がありました。警察などが駆け付けると、10代とみられる女性が路上に倒れていて、近くには自転車も横転していました。女性は病院に搬送されましたが、左半身を中心にけがをしていて重傷です。現場には車のものとみられる破片が落ちていました。このため、警察では、自転車に乗っていた女性を後ろから来た車が追い抜きざまにはねた可能性があるとみて捜査を進めています。

2009_1229_211958annlogo1_2
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000052568.html

| コメント (0)

水道検針の女性殺害の疑い 男を再逮捕へ(14日)NHK

先月、岩手県奥州市で水道の検針をしていた女性会社員が遺体で見つかり、40歳の男が死体遺棄の疑いで逮捕された事件で、警察は、男が女性の首を絞めて殺害した疑いが強まったとして、15日にも殺人の疑いで再逮捕する方針を固めました。
先月25日、岩手県奥州市前沢区の山林で、会社員の伊藤友美さん(31)が遺体で見つかり、奥州市前沢区の農業、渡邉豊容疑者(40)が死体遺棄の疑いで警察に逮捕されました。
伊藤さんは水道の検針を行うため先月22日に渡邉容疑者の自宅を訪れたあと、行方が分からなくなっていました。
これまでの調べに対して、渡邉容疑者が自宅で伊藤さんの首を絞めて殺害したと供述していることが、警察への取材で新たに分かりました。
伊藤さんの顔には首を絞められたときなどにみられるうっ血の跡があったということで、死因は窒息死でした。
警察は、渡邉容疑者が伊藤さんの首を絞めて殺害した疑いが強まったとして、15日にも殺人の疑いで再逮捕する方針を固めました。

News_pic1_3
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150614/k10010113981000.html

| コメント (0)

神戸港内に男性の遺体(14日)共同

12日午後8時20分ごろ、神戸市灘区摩耶埠頭沖の海面に男性の遺体が浮いているのを、釣りをしていた男性が見つけ110番した。
 灘署によると、遺体は住所、職業ともに不詳の松葉努さん(53)。摩耶大橋の下辺りにうつぶせの状態で浮かんでいた。白いTシャツとズボン姿、はだしだったという。
 同署は14日にも司法解剖をして、死因などを調べる。

2010_0123_11120247newslogo1_2http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201506/0008121057.shtml

| コメント (0)

インド機内食にトカゲ? 写真がネット上で広まる 国営航空は否定(14日)産経

インドの国営航空エア・インディア機の機内食から、小さなトカゲかヤモリのような動物が見つかったとする写真がインターネット上で広まった。同社は「間違った情報」と否定している。同国メディアが13日、伝えた。
 11日のニューデリー発ロンドン行きの便で、乗客が機内食のトレーとパンの間で見つけたと主張。苦情を申し立てたとしている。
 エア・インディア側は「そのような苦情は受けていない」としている。(共同)http://www.sankei.com/affairs/news/150614/afr1506140003-n1.html

| コメント (0)

パソコン販売店で窃盗 容疑の53歳教諭逮捕 静岡(14日)産経

静岡南署は13日、窃盗の疑いで、静岡市清水区宮加三、教諭、遠藤誠一容疑者(53)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は13日午後1時45分ごろ、同市駿河区のパソコン販売店で、LANケーブルや電源コードなど5点(計3700円相当)を盗んだ疑い。
 同署によると、遠藤容疑者は、持っていた雑誌の中に商品を挟み込み、隠しながら店を出ようとして男性店員に取り押さえられた。http://www.sankei.com/affairs/news/150613/afr1506130031-n1.html

| コメント (0)

ジェットコースターで女性骨折、業務上過失傷害容疑も視野に捜査 (14日)TBS

13日、香川県丸亀市の遊園地で、「レディーバードコースター」という遊具に乗っていた愛媛県松山市の女性(42)が、肋骨を折るけがをしました。
 警察や消防によりますと、女性は2人乗りの遊具に1人で乗っていて、急カーブで体を強く打ちつけたとみられています。
 乗車した際には安全バーが降りていたのを職員が確認していて、警察は業務上過失傷害の疑いも視野に原因を調べています。(14日00:56)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2516947.html

| コメント (0)

野田市、警察に65歳以上の個人情報 市民有志「提供中止を」(14日)共同

野田市が二〇一二年から毎年、六十五歳以上の市民の名前や住所など個人情報を、野田署の要請を受けて市民に公表せずに提供していることは問題だとして、市民有志グループは十二日、市に提供中止を求めると発表した。グループの十人が十六日、市個人情報保護条例に基づき、市に利用停止を請求する。
 市によると、同署から同年一月、ニセ電話詐欺など高齢者の犯罪被害や交通事故の防止対策のためとして、提供の依頼があった。市は同条例の外部提供を認める「公益上特に必要」の規定に当たると判断。学識者でつくる情報公開・個人情報保護審査会が同年二月に提供を承認した。
 これを受け、市は毎年、一月一日現在の六十五歳以上の高齢者について、名前、性別、生年月日、住所、一部の電話番号を名簿にして提供してきた。三月定例議会の一般質問で、議員が取り上げ、市民も名簿提供の事実を知った。
 市民有志グループの寺田渉代表(66)は「事前に本人の承諾を得ないのはおかしい。条例の規定も市が恣意(しい)的に判断でき問題がある」と指摘する。賛同者は現時点で三十人ほどで、十六日以降も順次、利用停止を請求していく。
 市の担当者は「名簿提供は犯罪被害を減らすために必要と考えている。提供していることは詐欺など犯罪に利用されることを懸念して公表しなかった」と話している。 (飯田克志)http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20150613/CK2015061302000151.html

| コメント (0)

先生に諭され強盗諦め 中国人男を未遂容疑で逮捕(14日)共同

千葉中央署は13日、強盗未遂の疑いで自称中国籍の住所不詳、無職王鵬飛容疑者(25)を現行犯逮捕した。現金を脅し取ろうと入った民家で、住人の中学の先生に諭されて強盗を断念、取り押さえられたという。署が詳しい状況を調べている。
 同署によると、王容疑者は13日午後4時半ごろ、千葉市中央区の民家で、一階の鍵の開いていた窓から侵入し、居間にいた無職女性(79)の頭を数回殴り、羽交い締めにして金を要求。
 2階にいた中学の先生で、女性の息子(53)が悲鳴に気が付き、王容疑者に強盗をやめるように諭したところ「中国に帰るために10万円が必要だった」と話し、犯行を諦めた。

2010_0123_11120247newslogo1
http://www.47news.jp/CN/201506/CN2015061301001938.html

| コメント (0)

パワハラの相談件数 昨年度過去最多を更新(14日)NHK

全国の労働局に寄せられた職場でのいじめや嫌がらせいわゆる「パワハラ」の相談は、昨年度6万2000件余りに上り、過去最多を更新しました。
厚生労働省によりますと、昨年度、全国の労働局に寄せられた労使間のトラブルの相談は、前の年度よりおよそ7000件少ない23万8806件でした。
相談の内容では、いわゆる「パワハラ」についてが6万2191件と、これまでで最も多かった前の年度をおよそ3000件上回り、過去最多を更新しました。
次いで解雇に関する相談が3万8966件、賃金引き下げなどの労働条件の悪化が2万8015件、退職を勧められたという相談が2万1928件などとなっています。
厚生労働省は「雇用情勢の改善で相談件数が減っているなかパワハラだけは増え続けており、上司の指導でも厳しすぎるとパワハラになるといったことについて、周知・啓発に力を入れていく」としています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150614/k10010113921000.html

| コメント (0)

京大病院元准教授に収賄の疑い 本格捜査へ(14日)NHK

京都大学医学部附属病院の40代の元准教授が、研究用器材の選定などで京都市の医療機器販売会社に便宜を図った見返りに、海外の高級キャリーバッグ合わせて数十万円分を受け取った疑いがあるとして警察は、収賄や贈賄の疑いで本格的な捜査に乗り出す方針を固めました。
収賄の疑いが持たれているのは、京都大学医学部附属病院に勤務していた医師で、臨床研究総合センターの40代の元准教授です。また、京都市の医療機器販売会社の30代の社員が、贈賄の疑いが持たれています。
捜査関係者などによりますと、元准教授は、研究用器材の選定などで京都市の医療機器販売会社が有利になるよう便宜を図った見返りに、平成24年から翌年にかけて、海外の高級ブランドのキャリーバッグ3点合わせて数十万円分を受け取った疑いがあるということです。
警察は、機器の選定などで意見を言う立場にあった元准教授が、医療機器販売会社の社員から高額な品物を受け取っていたという情報を基に捜査を進めていましたが、社員が任意の事情聴取に対し、「元准教授から要求された」と話したことなどから、収賄や贈賄の疑いで本格的な捜査に乗り出す方針を固めました。
警察は、元准教授や社員に事情聴取して、趣旨やいきさつの詳しい説明を求めるとともに、病院の機器の選定や契約について実態の解明を進めることにしています。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150614/k10010114041000.html

| コメント (0)

車内から“遺書”無理心中か ダム湖に赤ちゃん遺体(14日)テレビ朝日

岐阜県恵那市のダム湖で、赤ちゃんの遺体が見つかりました。
 13日午前8時50分ごろ、恵那市の阿木川ダムの水面に赤ちゃんが浮いていると110番通報がありました。遺体は生後4カ月の女の赤ちゃんで、ダム湖の近くから家族名義の車が見つかっています。車を運転していたとみられる24歳の母親の行方が分からず、車内には遺書のようなメモがありました。警察は、無理心中を図った可能性もあるとみて母親の行方を含めて調べています。

2009_1229_211958annlogo1
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000052558.html

| コメント (0)

« 2015年6月13日 | トップページ | 2015年6月15日 »