« GW後半2日目 高速道路下りで渋滞始まる(3日)日本テレビ | トップページ | 室内物色する姿が防犯カメラに…侵入男御用(3日)日本テレビ »

2015年5月 3日 (日)

津波の避難階段161カ所に=高速、幹線道に設置-国交省(3日)時事

東日本大震災の津波被害を教訓に、いざという時に住民が逃げられるよう、高速道路や幹線道路の盛り土部分に避難階段を設置する取り組みが広がっている。国土交通省の調査では、3月末時点で161カ所に上ることが分かった。同省は「津波が想定される地域の防災機能の強化につながる」(道路局)として、さらなる普及を目指している。
 避難階段が設けられたのは、高速道路会社管理の道路で21カ所、国直轄道路で115カ所、自治体管理道路で25カ所。整備に当たっては、道路管理者と自治体の間で維持管理の主体などを決め、協定を結んでいる。国直轄と自治体管理の道路では、新規整備に併せて造るケースがほとんどという。
 上り口は普段閉じられているが、緊急時に蹴破れる構造になっていたり、地元の自治会長に扉の鍵を保管してもらったりすることが多い。住民が避難階段の存在を知らなければ整備する意味が薄れるため、避難訓練を行う地域も増えている。

« GW後半2日目 高速道路下りで渋滞始まる(3日)日本テレビ | トップページ | 室内物色する姿が防犯カメラに…侵入男御用(3日)日本テレビ »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GW後半2日目 高速道路下りで渋滞始まる(3日)日本テレビ | トップページ | 室内物色する姿が防犯カメラに…侵入男御用(3日)日本テレビ »