« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 「催眠商法」被害が急増、注意呼びかけ (21日)TBS »

2015年5月21日 (木)

“ドローン少年”逮捕の背景は (21日)TBS

東京・浅草の三社祭で「ドローン」を飛ばすという内容の動画をインターネット上に配信し、祭りの運営を妨害したとして、15歳の少年が逮捕されました。今回、警視庁が逮捕に踏み切った背景には何があったのでしょうか。警視庁クラブからの報告です。
 警視庁は、今回の逮捕について「飛ばす前に、飛ばさせない措置をとった」としています。
 少年が警視庁から再三、注意を受けたり保護されたりしたにもかかわらず、ドローンを持って中継を繰り返したことから、警視庁は悪質な行為と判断。少年がこれまで事情聴取に応じないことなどから、再び、祭りなどで危険な行為を繰り返す可能性があるとみていました。
 また、少年が逃亡や証拠隠滅をするおそれも考えられたことから、今回逮捕に踏み切ったということです。取り調べに対し、少年は自分のことについても「答えるつもりはありません」と供述し、反省の言葉はないということで、警視庁が詳しい動機を追及しています。(21日17:56)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2497460.html

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 「催眠商法」被害が急増、注意呼びかけ (21日)TBS »

少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 「催眠商法」被害が急増、注意呼びかけ (21日)TBS »