« 車窃盗「覚醒剤費に」、3500万円被害裏付け(21日)読売 | トップページ | 三社祭で飛行予告、威力業務妨害容疑で“ドローン”少年逮捕 (21日)TBS »

2015年5月21日 (木)

家電不正購入:大阪の通販会社を捜索 福岡県警(21日)毎日

他人になりすましてネットで商品を買い、マンションの空き部屋に配達させた窃盗事件で、福岡県警は21日、盗品と知りながら商品を買い取ったとして、大阪市浪速区の通信販売会社を盗品等有償譲り受け容疑などで家宅捜索した。
 併せて同社に商品を「納入」していた疑いのある20代の中国人留学生の男について21日、同容疑で取り調べを始めた。県警は、留学生が既に起訴されている中国人の男3人から盗品を買い取り、同社に転売していたとみて追及する。
 捜査関係者によると、留学生は昨年9月、劉金龍被告(27)=窃盗罪などで起訴=から盗品のデジタルカメラなど家電3点(計約40万円相当)を約20万円で購入した疑いが持たれている。県警は容疑が固まり次第、留学生を逮捕する方針。
 このデジカメは、不正に入手されたIDを利用して家電量販店のオンラインショップに発注され、大阪市のマンションの空き室に配達されていた。この不正発注に関与した疑いで、劉被告が今月20日、窃盗容疑などで再逮捕されていたことも新たに判明した。
 捜査関係者によると、劉容疑者が「盗品を留学生に売却した」と供述し、留学生の関与が浮上した。このデジカメなどが通販会社に転売された疑いがあり県警は解明を進める。
 ホームページなどによると、同社は2007年設立。オンラインショップを開設し家電や電子機器などを販売したり、ネットオークションに出品したりしている。
 事件では、マンションの水道メーター近くに置かれた鍵を使い、空き室に侵入して商品を受け取ったとして今年2〜3月、窃盗罪などで劉容疑者ら3人が起訴された。13年4月ごろ以降、同様の手口で窃盗を繰り返した疑いがあるとされる。
 商品注文時に使われたクレジットカード番号は、別の中国人グループにフィッシング詐欺で盗み取られた可能性が高い。フィッシング詐欺は「お客様情報の確認について」などと題した電子メールを送りつけ、受信者を金融機関そっくりのホームページに誘導し、IDやパスワードなどを入力させる手口。全国で多発し銀行などが注意を呼びかけている。
  ◇  通販会社には21日午前10時過ぎ、段ボールを持った捜査員ら約10人が捜索に入った。同社の従業員を名乗る男性は毎日新聞の取材に対し「今社長がいない。(容疑については)よく分からない」と答えた。【尾垣和幸、吉住遊、平川昌範】

Logo_mainichi_s1
http://mainichi.jp/select/news/20150521k0000e040245000c.html

« 車窃盗「覚醒剤費に」、3500万円被害裏付け(21日)読売 | トップページ | 三社祭で飛行予告、威力業務妨害容疑で“ドローン”少年逮捕 (21日)TBS »

窃盗事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 車窃盗「覚醒剤費に」、3500万円被害裏付け(21日)読売 | トップページ | 三社祭で飛行予告、威力業務妨害容疑で“ドローン”少年逮捕 (21日)TBS »