« 東京・荒川区の住宅で火事、84歳女性死亡(24日)TBS | トップページ | 横領と背任容疑、大阪桐蔭の前校長らを告訴へ(24日)読売 »

2015年5月24日 (日)

品川4人死傷:容疑者「包丁で動けないぐらいまで刺した」(24日)毎日

東京都品川区のマンションで23日午前、住民の会社員男性と長女ら4人が包丁で切りつけられ死傷した事件。逮捕されたのは、さいたま市西区内野本郷に住む中国籍の留学生、徐海培容疑者(25)。死亡したのは品川区南大井3、韓国籍で会社員の李容旻(イヨンミン)さん(47)。李さんの妻(48)が首や手を切られ重傷、長女(21)が首などを切られ軽傷を負った。
     ◇
 警視庁の調べによると、徐容疑者はマンションの外側からよじ登って2階に上がり、李さん方のベランダに押し入り、無施錠の窓から室内に侵入。刃渡り約20センチの包丁で李さんらを襲った。長女に危害を加えることが目的だったが、「両親が止めに入ったので、持参した包丁で動けないぐらいまで刺した」と供述しているという。現場近くで洋食店を営む男性(41)は「『助けて』という声で店外に出たら、マンションのベランダから女性が身を乗り出していた」と振り返る。
 長女は屋外に脱出し、約100メートル離れた最寄りの交番に駆け込んで助けを求めた。そのころ、勤務中でたまたまマンションの近くにいた大井署の女性警察官が目撃者の話を聞いて李さん方を訪問。玄関で徐容疑者ともみ合いになり、軽傷を負った。
 一方、長女は交番の警察官2人とともにマンションの近くまで戻った。警察官がエレベーターで2階に上がる間に、階段で下りてきた徐容疑者と長女が鉢合わせになった。徐容疑者は逃げる長女を追いかけたが、約50メートル離れた路上で刺そうとしているところを駆け付けた別の警察官に取り押さえられた。近くに住む自営業の男性は「取り押さえられた男は路上に座り込んでいた。近くには手から血を流した若い女性もいて、ぼうぜんとした様子だった」と話した。【神保圭作、堀智行】

Logo_mainichi_s1

« 東京・荒川区の住宅で火事、84歳女性死亡(24日)TBS | トップページ | 横領と背任容疑、大阪桐蔭の前校長らを告訴へ(24日)読売 »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京・荒川区の住宅で火事、84歳女性死亡(24日)TBS | トップページ | 横領と背任容疑、大阪桐蔭の前校長らを告訴へ(24日)読売 »