« 川崎 簡易宿泊所2棟全焼し1人死亡(17日)NHK | トップページ | 息子2人と万引した疑い、長崎 39歳女を逮捕(17日)共同 »

2015年5月17日 (日)

テスト2回、疑似体験も=自転車の違反者講習-カリキュラム作成・警察庁(17日)時事

自転車で危険な違反を繰り返した人に安全講習を義務付ける制度が6月から導入されるのを前に、警察庁は講習カリキュラムを作成し、全国の警察に通知した。交通ルールの理解度を確かめる小テストを2回行うほか、自転車事故の被害者と加害者の体験談を読んだり、映像を使った疑似体験で違反の危険性を学んだりする。
 一方的に教える講義だけでなく、自らを省みて討議し、被害者の苦悩を知る時間も設け、「ルールの大切さの気付きを促す」内容にしたという。
 受講義務が生じるのは、信号無視や酒酔いなど14項目の違反で3年以内に2回以上摘発された運転者。都道府県公安委員会の命令を受けた人は、警察本部や運転免許センターなど指定された場所で受講する。手数料は標準で5700円。受講しないと5万円以下の罰金が科される。
 カリキュラムによると、受講者はオリエンテーションの後に小テストを受け、次に事故の被害者や遺族の手記を読んだり聴いたりする。実際に起きた事故をドライブレコーダーで録画した映像などを視聴して危険性を疑似体験。事故を起こした人が刑事罰や損害賠償責任を負って人生設計が狂う事例の説明を受ける時間もある。(2015/05/17-02:32)

2015/05/17-02:32

« 川崎 簡易宿泊所2棟全焼し1人死亡(17日)NHK | トップページ | 息子2人と万引した疑い、長崎 39歳女を逮捕(17日)共同 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 川崎 簡易宿泊所2棟全焼し1人死亡(17日)NHK | トップページ | 息子2人と万引した疑い、長崎 39歳女を逮捕(17日)共同 »