« 三社祭で飛行予告、威力業務妨害容疑で“ドローン”少年逮捕 (21日)TBS | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2015年5月21日 (木)

兄が弟を果物ナイフで刺す「口論、もみ合った」 殺人容疑で逮捕 栃木(21日)産経

栃木県警栃木署は21日、同居する弟をナイフで刺して殺害したとして殺人の疑いで、同県栃木市都賀町富張、会社員、伊東和彦容疑者(53)を逮捕した。
 逮捕容疑は、20日午後9時ごろ、自宅敷地内で弟の無職、勉さん(44)の左胸を果物ナイフで刺して殺害した疑い。同署の調べに対し、「もみ合っているうちに弟の胸に刺さってしまった」などと供述。殺意は否認している。
 同署の調べによると、勉さんは長期間無職で、2人は事件当日、勉さんの仕事探しをめぐって口論していたが、遅くなったので、納屋の中の軽トラックで口論を続けたという。勉さんがナイフを持ち出して「死にたい」と言ったので、伊東容疑者が奪い取ろうとしてもみ合いになったという。伊東容疑者らは3人兄弟で母親を含め4人暮らし。
 伊東容疑者は20日午後9時40分ごろ、果物ナイフが刺さった状態の勉さんを軽トラックに乗せて同署を訪れた。署員が事情を聴いたところ、勉さんを刺したことを認めた。勉さんは病院に運ばれたが、約1時間後に死亡が確認された。
 同署が死因や詳しい状況について調べている。http://www.sankei.com/affairs/news/150521/afr1505210014-n1.html

« 三社祭で飛行予告、威力業務妨害容疑で“ドローン”少年逮捕 (21日)TBS | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

家族関係に起因する事件簿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三社祭で飛行予告、威力業務妨害容疑で“ドローン”少年逮捕 (21日)TBS | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »