« 白バイから逃走、車12台に衝突=道交法違反容疑で男逮捕-神奈川県警(28日)時事 | トップページ | 中国人パブ 酔った客のカードを…複数店が関与か(28日)テレビ朝日 »

2015年5月28日 (木)

FIFA巡る事件 米司法当局「腐敗を一掃する」(28日)NHK

FIFA=国際サッカー連盟を巡る事件で、アメリカの司法当局は「腐敗を一掃する」と決意を述べ、スイスで逮捕されたFIFAの副会長らの身柄の引き渡しに向けた手続きを急ぐ方針を示しました。
アメリカ司法省は27日、副会長2人を含むFIFAの関係者9人を賄賂を要求するなどしたとして、またアメリカとアルゼンチンのスポーツ関連企業の幹部ら5人を賄賂を贈るなどしたとして、それぞれ組織的不正の罪で起訴したことを明らかにしました。
FIFAの関係者9人が24年にわたってすでに受け取ったり受け取ろうとした金額は、日本円にして185億円を超えるとみられています。
司法省のリンチ長官やFBI=連邦捜査局のコミー長官は記者会見で、不正は、サッカーの試合を放送する権利やスポンサーの権利などの取得、さらにワールドカップの開催地を決める投票やFIFAの会長選挙を巡って行われた疑いがあると指摘しました。
リンチ長官らは「サッカービジネスを腐敗させ、私腹を肥やしてきた」と厳しく批判したうえで、「腐敗が一掃されるまで捜査は続く」と決意を述べました。
今回の事件では、アメリカの要請を受けたスイスの司法当局が、チューリヒで副会長2人を含むFIFAの関係者7人を逮捕しています。このうちの6人はアメリカへの身柄の引き渡しに難色を示したということですが、リンチ長官らは、スイスとの間の犯罪人引き渡し条約に基づいて手続きを急ぐ方針を示し、副会長などから直接事情を聴いて事件の全容解明につなげたい考えです。

News_pic1

ブラジルW杯組織委会長も逮捕

この事件では、去年のワールドカップブラジル大会で組織委員会の会長を務めたブラジルサッカー連盟のジョゼ・マリア・マリン前会長も逮捕されました。
マリン前会長は元サッカー選手で政治家としてサンパウロ州知事を務めた経歴もあり、ブラジルサッカー連盟では2012年から先月まで会長を務めるなど実力者として知られています。
去年のワールドカップブラジル大会では組織委員会の会長として実務を取り仕切ったほか、来年のオリンピックでもサッカー競技を組織する委員会の委員を務めています。
ブラジルのメディアはマリン前会長の逮捕を朝のニュースから大きく取り上げ、スポーツ専門チャンネルのESPNブラジルは電子版で「ブラジル大会の開催都市選考過程なども捜査の対象になっている」と伝えたほか、サンパウロの有力紙、エスタード・デ・サンパウロは「2019年にブラジルで予定されている国際大会に絡んで2000万ドルの賄賂を要求した疑いがある」と伝えるなど国技とも言えるサッカーを巡る事件だけに、高い注目を集めています。
今回の逮捕についてブラジルサッカー連盟は「事件には連盟の幹部や企業家が関わっていることを踏まえ、連盟としていかなる捜査にも全面的に協力する」という声明を発表しました。

ロシア「米法律の違法な適用」

アメリカの司法当局の要請に基づいて、スイスの司法当局がFIFAの関係者を逮捕したことについて、ロシア外務省は27日、コメントを発表し、「アメリカの法律の国外での違法な適用だ」として、アメリカの対応を批判しました。
また、ロシアの国家反汚職委員会のカバノフ委員長も27日、インターファクス通信に対して、「FIFA幹部の逮捕は、2018年のワールドカップ、ロシア大会を妨害するために利用されるかもしれない」と述べ、ウクライナ情勢を巡って対立するアメリカへの警戒感を示しました。
さらに、今回の事件とは別に、ワールドカップの開催地にロシアが選ばれた際に不正が行われた疑いがあるとしてスイスの司法当局が捜査を行っていることについて、ロシアのムトコ・スポーツ相は「もし事情聴取に呼ばれれば、喜んで応じる。隠すことは何もない」と述べ、不正疑惑を否定しています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150528/k10010094101000.html

« 白バイから逃走、車12台に衝突=道交法違反容疑で男逮捕-神奈川県警(28日)時事 | トップページ | 中国人パブ 酔った客のカードを…複数店が関与か(28日)テレビ朝日 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白バイから逃走、車12台に衝突=道交法違反容疑で男逮捕-神奈川県警(28日)時事 | トップページ | 中国人パブ 酔った客のカードを…複数店が関与か(28日)テレビ朝日 »