カテゴリー

« 復縁でトラブル? 元妻を切り付けた33歳男を逮捕 警察官も首刺されけが 青森県警(6日)産経 | トップページ | 奥穂高岳の滑落事故 2人の身元判明(6日)日本テレビ »

2015年5月 6日 (水)

箱根山に火口周辺警報 小規模噴火に警戒を(6日)NHK

神奈川県の箱根山では5日、震度1の揺れを伴う地震が3回発生するなど火山活動が活発になっています。
気象庁は箱根山では大涌谷周辺に影響を及ぼす小規模な噴火が起きる可能性があるとして火口周辺警報を発表し、大涌谷周辺では噴火に伴う噴石などに警戒するよう呼びかけています。
気象庁の観測によりますと、箱根山では先月26日以降、大涌谷付近から神山付近の地下の浅いところを震源とする規模の小さな火山性地震が増えています。
5日は合わせて3回、神奈川県箱根町湯本で震度1の揺れを観測する地震が発生し、このうち、5日午後9時すぎの地震の震源は、地下5キロほどとこれまでよりもやや深いところで起きました。
気象庁によりますと、地下深くで高温の火山ガスなどが上がり始めるなど、これまでの火山活動と異なる現象が起きている可能性があるということです。
箱根山周辺に設置されている傾斜計では先月下旬から地震の増加に伴って山が膨らむ傾向を示すわずかな地殻変動が観測されているほか、5日の現地調査で大涌谷にある温泉施設の1か所で蒸気が勢いよく噴き出している状態が確認されています。このため、気象庁は箱根山では火山活動が活発化していて、今後大涌谷周辺に影響を及ぼす小規模な噴火が起きるおそれがあるとして火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベルを「レベル1」から火口周辺への立ち入り規制を呼びかける「レベル2」に引き上げました。
箱根山に火口周辺警報が発表されるのは今回が初めてで、気象庁は大涌谷周辺では小規模な噴火に伴う噴石などに警戒するとともに自治体などの指示に従って危険な場所には立ち入らないよう呼びかけています。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150506/k10010071231000.html

箱根山 過去の活動と地震

箱根山は複数の溶岩ドームからなるカルデラ火山で、最も高い神山は標高が1438メートルあります。
気象庁によりますと、12世紀後半から13世紀ごろに水蒸気爆発が起きて以降は噴火の記録はありませんが、これまでにも群発地震や噴気活動などが活発になる状態が繰り返し起きています。14年前の平成13年には、2か月余りの間に体に感じない地震を含めて1万4000回近くの地震が発生し山が膨らむ地殻変動が観測されたほか、温泉水が吹き出したり火山ガスが増えたりしたため周辺の観光施設が一時的に営業を中止するなどの影響が出ました。
また、4年前の東日本大震災を引き起こした巨大地震の直後には、大涌谷付近で一時的に地震活動が活発になりました。
箱根山では先月26日の午後から大涌谷から神山付近の地下の浅い場所を震源とする規模の小さな火山性の地震が増えています。
神奈川県温泉地学研究所の観測では、体に感じない地震を含めて先月26日に102回、27日に84回、28日には146回に達しました。
その後、先月29日は59回、30日は23回、今月1日は34回でしたが、今月2日は100回、3日は98回、4日は148回に増加しました。
5日は火山性地震が200回近くと、一連の地震活動で最も多くなったほか、気象庁の観測では箱根町湯本などで震度1の揺れを感じる地震が午前6時台に2回、午後9時すぎに1回発生しました。6日は午前11時までに30回近くの火山性地震が発生し、一連の活動で観測された地震の回数は1000回を超えています。

News_pic1_3

« 復縁でトラブル? 元妻を切り付けた33歳男を逮捕 警察官も首刺されけが 青森県警(6日)産経 | トップページ | 奥穂高岳の滑落事故 2人の身元判明(6日)日本テレビ »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 復縁でトラブル? 元妻を切り付けた33歳男を逮捕 警察官も首刺されけが 青森県警(6日)産経 | トップページ | 奥穂高岳の滑落事故 2人の身元判明(6日)日本テレビ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ