« 茨城で神社の銅板盗相次ぐ(1日)産経 | トップページ | “航空券届かない”旅行代理店が事業廃止(1日)日本テレビ »

2015年5月 1日 (金)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(1、2日単位・レベル)
現職高校生らが詐欺グループ
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1010791 「ここまで来てしまったのか…」と思う事件あった。
 なんと山形県警が摘発した振り込め詐欺の犯人は千葉県市原市を拠点とする現職高校生ら3人のグループだったというのだ。
 同市内のアジトから全国に電話を架けまくっていたもので、逮捕容疑は福井市内の70代女性に警察官を装って電話。17歳の少年が実際に受け取りに行き、女性は80万円を渡してしまった。
 さらに少年らは兵庫県西宮市の90代女性からもキャッシュカードをだまし取っていた。
 山形市内では警察官を名乗る不審電話が相次いでいたため、警戒していたところJRかみのやま温泉駅付近で少年を発見。任意同行したところ福井市の犯行を自供した。
 警察庁によると今年3月までの振り込め詐欺の認知件数は3269件で前年同期より560件の増。被害額は93億4686万4216円で25億2090万円も増加している。
 3月までの振り込め詐欺を含めた特殊詐欺は認知件数が前年同期より647件増えて3565件。被害総額は約18億円減少しているのだが…アルバイト感覚で出し子をしたのではない。グループを構成しており、深刻に受け止めるべきであろう。
  都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 茨城で神社の銅板盗相次ぐ(1日)産経 | トップページ | “航空券届かない”旅行代理店が事業廃止(1日)日本テレビ »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 茨城で神社の銅板盗相次ぐ(1日)産経 | トップページ | “航空券届かない”旅行代理店が事業廃止(1日)日本テレビ »