« 春の交通安全運動前に、都内各地で交通安全イベント (10日)TBS | トップページ | あの“猛牛”が交通安全祈願? 北野天満宮(10日)日本テレビ »

2015年5月10日 (日)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(10、11日単位・レベル)
高齢化社会の歪み
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1010773 刑務所の受刑者の給食は受刑者自ら作っているとは知らなかった。その受刑者の高齢化が進み、人員の確保が難しいことから法務省は民間委託を検討しているという。高齢化の波は益々荒くなっているが、ここまで深刻になっているとは知らなかった。
 確かに高齢者による事件が目立っている。3月には、94歳の母親の首を絞めて殺そうとした70歳の男が奈良県警に逮捕された。
 4月下旬には、千葉市の住宅で65歳の男性が首を絞められて殺されているのが見つかった事件で、千葉県警は同居していた67歳の妻を殺人の疑いで逮捕した。
 今月に入り3日には、熊本県南阿蘇村の国道脇に止めた車の中で、70歳の夫が67歳の妻の首を絞めて殺害したとして熊本県警に逮捕されている。
 平成25年の犯罪白書によれば、全国の刑務所の受刑者は2万4780人。このうち65歳以上の高齢者は8.8%にあたる2192人。前年より164人増えたが5年前の5倍以上だという。核家族化が進み、今後は老老介護などを原因とした事件に発展する事犯も多くなるだろう。
 詐欺被害者が急増しているばかりか高齢者による交通事故や家出人の増加、万引犯など治安に与える影響は大きくなり、人間社会は変わろうとしている。これら社会の〝歪み〟は国民みんなで対処していかなければならない。それなりの覚悟が必要だ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 春の交通安全運動前に、都内各地で交通安全イベント (10日)TBS | トップページ | あの“猛牛”が交通安全祈願? 北野天満宮(10日)日本テレビ »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の交通安全運動前に、都内各地で交通安全イベント (10日)TBS | トップページ | あの“猛牛”が交通安全祈願? 北野天満宮(10日)日本テレビ »