« 経産省敷地内に侵入の疑い 男3人逮捕 (29日)TBS | トップページ | 警察庁 住民など136人全員が避難(29日)NHK »

2015年5月29日 (金)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(29、30日単位・レベル)
重要犯罪の検挙率アップ
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1010853 治安情勢を観察す場合にその指標となる犯罪を重要犯罪と銘打っている。殺人、強盗、強姦、放火、略取誘拐・人身売買を言う。今年に入り、その重要犯罪は認知件数が減少し、検挙率がアップしていることが警察庁のまとめで分かった。
 警察庁がまとめた今年4月までの重要犯罪の認知件数は3855件で前年同期より301件減少した。一方検挙率は73.8%で同7.8ポイントもアップしている。
 認知件数ランキングは大阪の593件を頭に東京の498件、神奈川の283件、埼玉の250件、福岡の226件の順。
 検挙率が高かったのは和歌山の127.3%を筆頭に沖縄の105.6%、佐賀の105.0%、熊本の103.6%、群馬の97.7%と続いた。
 逆に検挙率が低かったのは山梨の36.4%、大阪の40.8%、島根の46.2%、宮崎の47.6%、滋賀の53.1%など。
 全体的に見て発生は東高西低。検挙率は西高東低のように見える。但し、事件の内容によるので警察の実力とは言えないが、体感治安には影響を与える。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 経産省敷地内に侵入の疑い 男3人逮捕 (29日)TBS | トップページ | 警察庁 住民など136人全員が避難(29日)NHK »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 経産省敷地内に侵入の疑い 男3人逮捕 (29日)TBS | トップページ | 警察庁 住民など136人全員が避難(29日)NHK »