« マンションで心中図る? 80代高齢姉妹、睡眠薬飲ませ(16日)産経 | トップページ | 河口で遺体見つかる…鹿児島で小3女児が行方不明(16日)テレビ朝日 »

2015年5月16日 (土)

警視庁管内体感治安レベル3

首都東京体感治安(16、17日単位・レベル)
自転車乗用中の死者が増加
【治安うんちく】

2009_1228_22521931F1010826 警察庁がまとめた今年4月までの交通事故発生件数は17万8445件で1日平均にすると1474件発生していることが分かった。死者数も1291人で同10.8人だった。
 死者は65歳以上が684人で全体の53.0%と半数以上を占め、次いで50~59歳が145人で11.2%、40~49歳が116人で9.0%になっている。
 この原稿を書いているとき外から聞こえてきたのが「止まりなさい」。外に出てみると高校生の男女がパトカーに止められ、警察官の前でかしこまっていた。自転車で二人乗りをしているのを発見され指導を受けたようだ。まもなく2人で歩いて帰って行った。
 小覧では何度も書いてきた。「マナーが悪い」なんて言うものではない。「よく事故を起こさないなあ」だ。事故が起きないのが不思議なのだ。
 今年4月まで自転車乗用中の死者は198人で前年同期より71人も増え、3年間連続で増加している。徹底した取り締まりで〝怖がられる警察〟を目指してほしい。
 かつて「警察は二人乗りや無灯火の自転車ばかり取り締まっている。もっと大事な仕事あるだろう」と批判を受けて、日本警察は重要事件にシフトした。その結果、何がおきたか。
 警察官が外周の交番から引き揚げて、街から警察官の姿が消えた。それ以来、刑法犯認知件数が年間10万件単位で増加したのであった。

【事件】16日夜、東京・港区の路上で会社員の男性が3人組の男に襲われて、現金約12万円入りのバッグを奪われる事件があった。8日には杉並区高井戸の路上で12歳の女子中学生が男に連れ去られそうになった事件。今月に入って世田谷区で続いている連続放火事件など、ジワリと治安に不安を感じる。よって
 首都東京体感治安は「レベル3(イエロー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« マンションで心中図る? 80代高齢姉妹、睡眠薬飲ませ(16日)産経 | トップページ | 河口で遺体見つかる…鹿児島で小3女児が行方不明(16日)テレビ朝日 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マンションで心中図る? 80代高齢姉妹、睡眠薬飲ませ(16日)産経 | トップページ | 河口で遺体見つかる…鹿児島で小3女児が行方不明(16日)テレビ朝日 »