« アダルトサイトから請求「探偵」に相談したら…(15日)読売 | トップページ | ドローンは「デモ以上、テロ未満」 男を起訴(15日)NHK »

2015年5月15日 (金)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(15、16日単位・レベル)
山岳遭難最悪
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1010820 今年の大型連休中の5月3日、好天に恵まれた事もあり、北アルプス前穂高岳で女性2人が落石を受けて1人が死亡。燕岳では登山中に倒れた男性が搬送先の病院で死亡。そのほかにも北アルプス硫黄岳や南アルプス仙丈ケ岳、下伊那郡阿智村の神坂山でそれぞれ1人が骨折のけがをするなど、山岳遭難が多かった。
 警察庁によると春の連休(4月25日~5月6日)期間の山岳遭難は173件発生。前年に比べて18件の増。遭難者数は208人で同7人の増。死者は24人で2人も増えた。いずれも過去5年間で最悪の数字となった。
 これに対して日本の警察は期間中に958人の山岳警備隊員を投入。ヘリコプターも66回出動するなどの対応に追われた。
 登山はしっかりした経験者を伴い、天気の状況を把握するなど緻密な計画を立てることだが、近年は天候の急変などもあり、難しくなっている。安易な登山だけは止めてほしい。
 都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« アダルトサイトから請求「探偵」に相談したら…(15日)読売 | トップページ | ドローンは「デモ以上、テロ未満」 男を起訴(15日)NHK »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アダルトサイトから請求「探偵」に相談したら…(15日)読売 | トップページ | ドローンは「デモ以上、テロ未満」 男を起訴(15日)NHK »