« 「指をつめないと…」と連帯保証人を強要、元組員を逮捕 警視庁(13日)産経 | トップページ | 朝鮮総連が捜査を非難 マツタケ不正輸入事件(13日)テレビ朝日 »

2015年5月13日 (水)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(13、14日単位・レベル)
なぜか
放火が増加傾向
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1010762 時代が時代なら、火付盗賊改方の長谷川平蔵が激怒したことだろう。なんと放火が昨年から増加傾向にある。
 警視庁はこのほど昨年8月に東京・赤坂の防災倉庫に放火したとして31歳の無職の男を逮捕したばかりだが、今月8日には東京・世田谷区でごみ集積所が放火される事件が3件も相次いだ。
 警察庁によると今年3月までの放火事件の認知件数は285件で前年同期より7件増加。昨年1年間では1093件で前年より7件増えるなど増加傾向にある。
 今年になって最も多かったのは大阪の52件。次いで東京の25件、福岡18件、千葉16件、愛知15件と続いた。
 宮崎県警はこのほど、10年前の平成17年5月に空き家に放火して全焼させたとして、空き家の所有者だった71歳の無職の男を逮捕するなど執念の捜査が実った例もある。
 今年3月までの放火犯の全国平均検挙率は65.3%で前年同期より4.1ポイント減少している。各県別でみると京都府警の233.3%を筆頭に三重県警の200%など100%を超えた県警は12府県に及んだ。
 これに対して検挙率が低かったのは鹿児島の25.0%、静岡の30.0%、栃木と福岡の33.3%、大阪の36.5%などだ。
 この事件は愉快犯や病的な犯人が多く、捜査は難しいとされるが、江戸時代から盗賊と合わせて重罪。現在も捜査1課内に専門の刑事を配して捜査に当たっている警察も多い。現代の〝長谷川平蔵〟に期待したい。
 都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100〜80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79〜60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59〜40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39〜20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 「指をつめないと…」と連帯保証人を強要、元組員を逮捕 警視庁(13日)産経 | トップページ | 朝鮮総連が捜査を非難 マツタケ不正輸入事件(13日)テレビ朝日 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「指をつめないと…」と連帯保証人を強要、元組員を逮捕 警視庁(13日)産経 | トップページ | 朝鮮総連が捜査を非難 マツタケ不正輸入事件(13日)テレビ朝日 »