« 「試合中止しなければ爆発させる」札幌ドームに予告電話 爆発物は見つからず(5日)産経 | トップページ | 長野・奥穂高岳で2人意識不明 登山道から滑落(5日)共同 »

2015年5月 5日 (火)

「アラブの『春』は冬に転じた」元CIA副長官が過激派動向読み違え認める(5日)産経

米中央情報局(CIA)副長官を2013年まで務めたマイケル・モレル氏が近く発売される著書で、中東民主化運動「アラブの春」が国際テロ組織アルカーイダなどイスラム過激派に及ぼす影響をCIAは読み違えたと告白した。本を事前入手したワシントン・ポスト電子版が3日報じた。
 大衆運動が革命を導いたアラブの春により、過激派のテロ路線は説得力を失うとCIAは予測。しかし現実には、その後の中東の混迷が過激派を利することになり、過激派は勢いを取り戻した。
 モレル氏は「対テロの視点に立つと、アラブの『春』は冬に転じた」と記した。(共同)

関連ニュース

« 「試合中止しなければ爆発させる」札幌ドームに予告電話 爆発物は見つからず(5日)産経 | トップページ | 長野・奥穂高岳で2人意識不明 登山道から滑落(5日)共同 »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「試合中止しなければ爆発させる」札幌ドームに予告電話 爆発物は見つからず(5日)産経 | トップページ | 長野・奥穂高岳で2人意識不明 登山道から滑落(5日)共同 »