« 正面衝突、帰省の小3死亡=松山道、6人重軽傷-愛媛(3日)時事 | トップページ | 大阪府内の特殊詐欺、最悪の419件 1~4月 (3日)日経 »

2015年5月 3日 (日)

気象庁「しばらくは海面変動に注意を」(3日)NHK

今回の地震について、気象庁地震津波監視課の長谷川洋平課長は「今回の地震はマグニチュード5.9と、通常だと津波が発生する規模ではなかった。ただ、この海域では地下のマグマのようなものが海底を押し上げて同じような規模の地震によって過去にも津波が発生したことがあり、今回も同様のメカニズムで発生した可能性がある。今回は地震後に注意深く観測を続けた結果、八丈島で基準に達する津波を観測したため、津波注意報を発表した」としています。
そのうえで、「津波注意報は解除されたが、このあとしばらくの間は若干の海面変動が続くおそれがある。海に入っての作業や釣りなどをしている方は念のため注意してほしい」と話しています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150503/k10010068671000.html

伊豆・小笠原諸島の津波注意報 すべて解除

5月3日 5時22分
3日午前2時前、鳥島近海を震源とする地震があり、伊豆諸島の八丈島で50センチの津波を観測しました。気象庁は一時、伊豆諸島と小笠原諸島に津波注意報を発表しましたが、およそ1時間半後にすべて解除しました。
気象庁によりますと、3日午前1時51分ごろ、鳥島近海のごく浅い場所を震源とするマグニチュード5.9の地震があり、伊豆諸島の八丈島八重根で午前2時35分に50センチの津波を観測しました。
また、午前3時前後に神津島で30センチ、三宅島で20センチ、伊豆大島で10センチの津波を観測しました。
この地震で気象庁は八丈島で津波が観測されたあとの午前2時39分に伊豆諸島と小笠原諸島に津波注意報を発表し、およそ1時間半後の午前4時10分にすべて解除しました。
この地震で震度1以上の揺れは観測されませんでした。
気象庁地震津波監視課の長谷川洋平課長は記者会見で、「今回の地震はマグニチュード5.9と、通常だと津波が発生する規模ではなかった。ただ、この海域では地下のマグマのようなものが海底を押し上げて同じような規模の地震によって過去に津波が発生したことがあり、今回も注意深く観測を続けた結果、八丈島で基準に達する津波を観測したため、津波注意報を発表した」と説明しました。
気象庁は、このあとしばらくは海面変動が続くおそれがあるとして、釣りなどを行う際には十分注意するよう呼びかけています。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150503/k10010068631000.html

« 正面衝突、帰省の小3死亡=松山道、6人重軽傷-愛媛(3日)時事 | トップページ | 大阪府内の特殊詐欺、最悪の419件 1~4月 (3日)日経 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 正面衝突、帰省の小3死亡=松山道、6人重軽傷-愛媛(3日)時事 | トップページ | 大阪府内の特殊詐欺、最悪の419件 1~4月 (3日)日経 »