« 不動産会社社長、“脱税”でフェラーリ数台所有か(18日)テレビ朝日 | トップページ | 玄関付近、燃え方激しく=簡易宿泊所の5人死亡火災-神奈川県警(18日)時事 »

2015年5月18日 (月)

少年法の対象年齢引き下げ 今国会で方向性を(18日)NHK

自民党の成人年齢に関する特命委員会は、川崎市の河川敷で中学1年の男子生徒が殺害された事件の現場を視察し、今津委員長は、少年法の保護の対象を18歳未満に引き下げることも含めて検討し、今の国会の会期中に一定の方向性を出したいという考えを示しました。
自民党の成人年齢に関する特命委員会は、選挙権年齢を18歳以上に引き下げる公職選挙法の改正案が今の国会に提出されたことを受け、成人年齢を20歳以上と定めている民法や、20歳未満を保護の対象としている少年法などの見直しを検討しています。
18日は特命委員会の今津委員長ら8人が、ことし2月、川崎市の河川敷で中学1年の男子生徒が殺害された事件の現場を視察し、警察の担当者から説明を受けたあと花を供えて全員で黙とうしました。
視察のあと今津氏は記者団に対し、「刑罰を厳しくすれば犯罪がなくなるという実証は必ずしもなされてはいないが、悲惨な少年事件が連日起きていることは間違いなく、放置することはできない」と述べました。
そのうえで今津氏は、少年法の見直しについて、「何らかの形で、きちんと手を打たなければならず、できるだけ早く結論を得たい」と述べ、保護の対象を18歳未満に引き下げることも含めて検討し、今の国会の会期中に一定の方向性を出したいという考えを示しました。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150518/k10010083241000.html

« 不動産会社社長、“脱税”でフェラーリ数台所有か(18日)テレビ朝日 | トップページ | 玄関付近、燃え方激しく=簡易宿泊所の5人死亡火災-神奈川県警(18日)時事 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不動産会社社長、“脱税”でフェラーリ数台所有か(18日)テレビ朝日 | トップページ | 玄関付近、燃え方激しく=簡易宿泊所の5人死亡火災-神奈川県警(18日)時事 »