« 2015年5月26日 | トップページ | 2015年5月28日 »

2015年5月27日

2015年5月27日 (水)

FIFA副会長ら9人を収賄の罪で起訴(27日)NHK

アメリカ司法省は、27日、FIFA=国際サッカー連盟の副会長2人を含む9人の関係者を、スポーツ関連会社から賄賂を受け取った罪などで起訴したと発表しました。9人がすでに受け取ったり、受け取ろうとした賄賂の金額は合わせて1億5000万ドル、日本円にして185億円を超えるとみられています。
アメリカ司法省の発表によりますと、起訴されたのは、FIFAのジェフリー・ウェブ副会長とエウヘニオ・フィゲレド副会長を含むFIFAの関係者9人です。
9人は1990年代はじめからこれまでの間に、スポーツ関連の企業から賄賂を受け取り、その見返りに、中南米で開かれたサッカーの試合を放送する権利やスポンサーの権利などの取得にあたって、便宜を図った罪などに問われています。
9人が24年にわたってすでに受け取ったり、受け取ろうとした金額は合わせて1億5000万ドル、日本円にして185億円を超えるとみられています。
賄賂の受け渡しは、アメリカの銀行を通じて行われたということで、現地時間の27日朝、アメリカの司法当局の要請に基づいて、スイスの司法当局が9人のうち、FIFAの会合のためにチューリヒに集まっていたウェブ副会長ら7人を逮捕したということです。
またサッカーの放映権などを取り次ぐアメリカとアルゼンチンのスポーツ関連企業の幹部ら5人も賄賂を贈った罪などで起訴されました。
一方、FIFAの広報責任者は27日に記者会見し、この事件とは別にワールドカップの2018年のロシア大会と2022年のカタール大会の開催地の選定を巡って、不正が行われた疑いがあるとして、FIFAが去年11月にスイスの司法当局に告訴していたことを明らかにしました。
この告訴についてスイスの司法当局は、27日に声明を出し、ことし3月から捜査を開始し、FIFAから関係資料を押収したほか、開催地の選定に関わった当時のFIFAの幹部10人から事情を聴く方針だとしています。

News_pic1_5http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150527/k10010093841000.html

| コメント (0)

元妻傷害容疑で逮捕の男、抵抗して警官の首刺す(27日)読売

青森県おいらせ町の漁港で今月5日、元妻(33)への傷害容疑で現行犯逮捕された際、逮捕を免れるために青森県警の男性警部補(54)を刺殺しようとした疑いが強まったとして、三沢署は26日、宮城県登米市の型枠大工草前隆雄容疑者(33)を殺人未遂と銃刀法違反、公務執行妨害の容疑で再逮捕した。
 発表によると、草前容疑者は5日午前11時50分頃、おいらせ町の百石漁港に止めた乗用車内で、復縁を巡るトラブルから元妻をカッターナイフで負傷させた際、通報で駆けつけて窓越しに手錠をかけようとした警部補に抵抗し、車内に置いていた包丁(刃渡り約13センチ)で警部補の右首を刺すなどして殺害しようとした疑い。
 捜査関係者によると、警部補は首から胸にかけての深さ約8センチの刺し傷のほか、額にも骨に達する傷を負うなどしたが、同僚の警察官と2人で草前容疑者を取り押さえたという。
 草前容疑者の認否は明らかにされていないが、県警は、警部補が刺された箇所や傷の状況、凶器の形状などの客観的な事実から殺意を認定できると判断した。
 草前容疑者は元妻に対する傷害容疑で青森地検八戸支部に送検されており、同支部は26日、傷害容疑については処分保留とした。
 県警によると、警部補と同僚の警察官は、危険を顧みずに容疑者を逮捕した功績により、山本和毅本部長から表彰されたという。

2015年05月27日 17時57分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

成田空港で逃走の中国人男、茨城で発見、収容 (27日)産経

東京入国管理局は27日、成田空港で1月、出国手続きを終えた後に逃走して行方不明となっていた30代の中国人の男を、茨城県鉾田市で26日に発見、不法残留したとして入管難民法違反の疑いで身柄を収容したと発表した
 東京入管によると、26日午前6時15分ごろ、鉾田市内のアパートに数人と一緒にいるのを入管職員が見つけた。東京入管が逃走の理由や身柄収容までの間に何をしていたのかを調べ、強制送還するかどうか判断する。
 男は1月20日、成田空港第1旅客ターミナルで出国手続きを終えた後、職員用通路から空港職員が出入りするのに乗じて、再び手続き前の出国ロビーに戻り、そのまま逃走した。中長期の在留資格を持っていたが、逃走中に期限が切れたという。http://www.sankei.com/affairs/news/150527/afr1505270045-n1.html

| コメント (0)

「原発上空もドローン禁止」 政府、規制対象に追加検討(27日)朝日

菅義偉官房長官は27日の記者会見で、首相官邸や国会などの上空を小型無人飛行機(ドローン)が飛行することを禁ずる新法「ドローン飛行禁止法案」の対象施設として、原子力発電所を検討する方針を明らかにした。

 同法案は自民党公明党に加え、民主党も賛成する方針で29日にも議員立法として今国会に提出される。民主党は対象施設に原発を加えることを求めているが、菅氏は「法案が成立した場合は対象施設として追加すべき施設は速やかに検討を行い、必要な措置を講じることになっている。原発施設も検討をする施設の中に当然入る」と、立法後に検討すると述べた。
 同法案では、対象施設とその周囲約300メートルの上空でドローンを飛ばせないようにするもので、違反した場合は「懲役1年以下または罰金50万円以下」の罰則も科すことになっている。

Logo2_2
http://www.asahi.com/articles/ASH5W5K7VH5WULFA020.html

| コメント (0)

海外派遣の自衛官54人自殺 インド洋、イラクで活動(27日)共同

防衛省は27日の衆院平和安全法制特別委員会で、特別措置法に基づいてインド洋やイラクに派遣された自衛官のうち、54人が自殺していたことを明らかにした。防衛省によると、インド洋が海自25人で、イラクが陸自21人、空自8人の計29人。
 同省は「自殺はさまざまな要因が複合的に影響して発生するので、派遣任務と自殺の因果関係を特定するのは困難」としている。
 自衛隊の海外派遣をめぐっては、2001年10月、2年間の時限立法としてテロ対策特別措置法が成立した。政府は海自隊員延べ約1万3千人をインド洋に派遣。また04年1月からは、陸自隊員延べ約5500人をイラクに派遣。

2010_0123_11120247newslogo1_3http://www.47news.jp/CN/201505/CN2015052701001935.html

| コメント (0)

西本願寺に落書き=国宝の柱に「諸」の字-京都府警(27日)時事

世界文化遺産の西本願寺(京都市下京区)は27日、境内にある国宝「御影堂」の柱に落書きが見つかり、京都府警下京署に届け出たと発表した。同署が文化財保護法違反の疑いで捜査している。
 同署によると、床から約90センチの高さに補修のためはめ込まれた埋め木の表面に、サインペンのようなもので「諸」と書かれているのを26日、見回り中の職員が見つけた。参拝客などが自由に入れる場所だが、書かれた時期などは不明という。(2015/05/27-19:31)

2015/05/27-19:31

| コメント (0)

バイク便運営会社社長を詐欺未遂容疑で逮捕(27日)NHK

埼玉県の75歳の女性から証券会社の社員などを装って金をだまし取ろうとしたとして、現金の受け取りに使われたバイク便の運営会社の社長が詐欺未遂の疑いで逮捕されました。警察によりますと、バイク便業者が詐欺事件に関わったとして摘発されるのは全国で初めてだということです。
逮捕されたのは、大阪市淀川区のバイク便運営会社「ユー・シー・シー」の社長、巣張博嗣容疑者(32)です。
埼玉県警察本部によりますと、巣張社長は、氏名不詳の人物と共謀し、ことし3月から4月にかけて埼玉県北本市の75歳の女性に証券会社の社員などを装って「名義貸しで証券を買ったことが金融庁にばれる」などとうその電話をかけ、金をだまし取ろうとしたとして詐欺未遂の疑いが持たれています。
警察は、女性の自宅に金を受け取りに来たとして、詐欺未遂の疑いで逮捕したバイク便のアルバイトの男の供述や、巣張社長の会社にほかに通常のバイク便の業務の実態がなかったことなどから、今回の事件に関わっていた疑いが強まったとしています。
警察は、巣張社長の認否を明らかにしていません。
詐欺事件に関わったとしてバイク便業者が摘発されるのは全国で初めてだということで、警察は、バイク便を用いた詐欺の手口の実態の解明を進めることにしています。

News_pic1_4
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150527/k10010093611000.html

| コメント (0)

女性が切られ死亡 同じ階の男逮捕 大阪・豊中(27日)NHK

27日午後、大阪・豊中市のマンションで、33歳の女性が、同じ階に住む53歳の男にナイフで切りつけられ死亡しました。警察は、男をその場で逮捕して詳しい状況を調べています。男は刺したことを認めたうえで、「殺すつもりはなかった」などと供述しているということです。
27日午後2時すぎ、豊中市服部西町のマンションの6階で、「人を切った」と男の声で110番通報がありました。
警察官が駆けつけたところ、エレベーターの前で、6階の部屋に住む滝畠裕美さん(33)が血を流して倒れていて、病院に運ばれましたが、首や腹を切られていて、およそ1時間半後に死亡しました。
近くにいた滝畠さんの1歳の長男にけがはありませんでした。
警察は、滝畠さんと同じ階に住む無職の上原亮宏容疑者(53)が、切りつけたことを認めたため、殺人未遂の疑いでその場で逮捕しました。
調べに対し、「ナイフで刺したことは間違いないが、殺すつもりはなかった」などと供述しているということです。
滝畠さんは、上原容疑者と1階から同じエレベーターに乗り合わせ、6階に上がったところで突然、切りつけられたとみられ、警察が詳しい状況を調べています。
現場は、阪急電鉄宝塚線の服部天神駅のすぐ西側で、マンションや飲食店などが建ち並ぶ地域です。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150527/k10010093721000.html

| コメント (0)

民放連 ドローン規制法案に申し入れ(27日)日本テレビ

小型無人機・ドローンの規制法案は28日、国会に提出され来週、成立する見通し。これを前に日本民間放送連盟(=民放連)が27日、申し入れを行った。
 ドローン規制に関する法案は、首相官邸、国会議事堂、外国公館など重要施設の上空と、周囲約300メートルを飛行禁止区域とするもの。法案の国会提出を前に、民放連は法案をまとめた自民党の古屋前国家公安委員長あてに申し入れを行った。申し入れでは、「報道など国民の利益に資する正当な業務とテロなどの違法行為を一律に捉え同じ規制をかけるのは合理性がない」「災害発生時の取材・報道活動に配慮した規定がない」「外国公館は全国に点在しているので規制範囲が広すぎる」などと指摘している。
 その上で、自主的に運用ルールの策定を行うとしている。

2010_0318_173406banner011_2http://www.news24.jp/articles/2015/05/27/04275970.html

| コメント (0)

甲州街道 トラック追突“はずみで7台絡む”事故(27日)テレビ朝日

東京の大動脈、甲州街道が一時、通行止めになりました。
 27日午後3時50分ごろ、調布市菊野台の甲州街道で、「車とトラックの事故」と通報がありました。警視庁によりますと、前を走る乗用車に追突したトラックがはずみで反対車線のトラックと乗用車にさらにぶつかりました。一方、トラックに追突された乗用車が押し出されて前の車にぶつかるなど、合わせて7台が絡む事故になりました。20代とみられる男性が一時、トラックに閉じ込められ、5人がけがをしました。現場は片側2車線で交通量の非常に多い場所で、午後4時すぎから1時間半にわたり、付近の上下線が通行止めになりました。

2009_1229_211958annlogo1_3
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000051279.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(27、28日単位・レベル)
再教育が必要だ
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1010852 これが警察か? と耳を疑うような事件(不祥事)が起きてしまった。
 知り合いの77歳の女性を殺害した名古屋大学の19歳の女子大生−3年前に仙台市の高校に通っていた時、同級生の2人に劇物のタリウムを飲ませたとして再逮捕された。
 ところが、被害者のうちのひとりが当時、女子大生の名前をあげて「ほかの女子生徒に白い粉をなめさせているのを見た」と特異な行動を警察に伝えていたという。
 しかし、警察は調書を作成しないばかりか女子大生から事情も聞かなかった。
それだけではない。女子大生の父親も事件の直前に別の警察署に「娘が劇物を持っている」と相談していたというのだ。こうして殺人未遂事件を繰り返し、最後は殺人事件が……
 何をか言わんやである。ここまで腐りきっているのかと思うと、あの〝血をなめる〟ような警察改革はなんだったのだろう。
 あれは日本警察が最大のピンチを迎えた平成11〜12年の話しである。皮を切り肉を切り血も涙も出し切って練り上げたのが警察改革要綱だ。最初に掲げられているのは「国民のための警察」の確立だ。警察官たる者の基本は「国民の身近な不安の解消」に全身全霊を捧げることとした。
 相談を受けた場合は「民事不介入」なんて言わないで躊躇することなく適切な対処を行うことであり、そのために警部補を大幅増員したはずだ。
 今回の宮城県警はこれら警察改革が生かされておらず、幹部を含めた再教育が必要だ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

トイプードル虐待“投稿”男ら3人書類送検(27日)日本テレビ

トイプードルを虐待したとして、21歳の男と少年2人が書類送検された。トイプードルを虐待する動画は、少年によってインターネット上に投稿されていた。
 動物愛護法違反の疑いで書類送検されたのは、21歳の男と17歳と16歳の少年2人。警察によると、今年2月、16歳の少年は21歳の男に、女性になりすまし「犬の虐待動画を見たい」などとメッセージを送信し、男が飼い犬のトイプードルの顔を蹴るなどして虐待した動画を少年に送ったという。動画はその後、17歳の少年がインターネット上に投稿した。
 男は少年2人とネット上でしか面識はなく、女性と思い込んでいて、「嫌われたくなかった」などと話しているという。
 また、2人を含む少年4人は男に対して動物愛護団体の職員を装い、「虐待動画を見た。犬を保護されたくなかったら4万円を支払え」などと金をだまし取ろうとしたとして書類送検された。

2010_0318_173406banner011http://www.news24.jp/articles/2015/05/27/07275956.html

| コメント (0)

三菱東京UFJ銀の元行員逮捕=1800万円横領容疑-警視庁(27日)時事

顧客の預金計約1800万円を横領したとして、警視庁捜査2課は27日、業務上横領容疑で、三菱東京UFJ銀行の元行員奈良田寿容疑者(52)=埼玉県川口市本町=を逮捕した。同課によると、「立場を利用して、横領したことに間違いない」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は、横浜支店(横浜市)の支店長代理だった2011年4月中旬から13年5月上旬までの間、運用商品を勧誘するなどした顧客4人の口座から6回にわたり計約1870万円を引き出し、着服した疑い。
 不審に思った顧客の1人が昨年4月、同行に問い合わせて発覚。同行は奈良田容疑者を懲戒免職にし、警視庁に刑事告発した。
 同課によると、奈良田容疑者は02年以降、勤務していた首都圏の複数の支店で、同様の手口で計1億1000万円以上を横領したとみられる。着服した金は遊興費や住宅ローンの返済などに充てたとみている。(2015/05/27-15:43)

2015/05/27-15:43

| コメント (0)

児童14人搬送、熱中症か 栃木・小山の小学校(27日)共同

27日午前10時20分ごろ、栃木県小山市の市立小山第二小学校で、運動会の練習をしていた児童14人が吐き気など熱中症とみられる症状を訴え、病院に搬送された。いずれも軽症という。
 消防や市教育委員会によると、14人は小学3~6年の男女。30日の運動会に向け、午前9時10分ごろから1~6年の児童約180人がリレーや閉会式の練習を始め、午前10時ごろに休憩をしている際、体調不良を訴える児童が相次いだ。
 宇都宮地方気象台によると、小山市の午前10時の気温は26・7度だった。

2010_0123_11120247newslogo1_2
http://www.47news.jp/CN/201505/CN2015052701001435.html

| コメント (0)

サンゴ密漁で罰金1千万円=中国人船長、引き上げ後初-横浜地裁(27日)時事

伊豆諸島の鳥島(東京都)沖で昨年12月、サンゴを密漁したとして、外国人漁業規制法違反罪に問われた中国籍の漁船船長、方東兵被告(46)の判決が27日、横浜地裁であり、足立勉裁判長は懲役1年、罰金1000万円(求刑懲役1年6月、罰金1500万円)を言い渡した。
 小笠原諸島周辺などで頻発した中国漁船のサンゴ密漁を受け、罰金額の上限が400万円から3000万円に引き上げられて初の判決。法務省によると、一連の中国船のサンゴ密漁事件で実刑判決が出たのも初めて。罰金が完納できない場合、刑務所などの労役場に留置し1日2万円換算で作業を科す。
 足立裁判長は「被告の法秩序軽視の姿勢は目に余る。(改正法の趣旨は)量刑判断で十分に尊重される必要がある」と述べた。(2015/05/27-12:11)

2015/05/27-12:11

| コメント (0)

女子大生に昏睡強盗か…未成年の男女2人組逮捕(27日)読売

インターネット上のサイトを通じて知り合った女子大生(19)に睡眠導入剤を飲ませて現金などを奪ったとして、愛媛県警松山東署は25日、高知市内に住む無職少年(18)と女子高生(16)を強盗容疑で逮捕した。両容疑者は容疑を認めているという。
 発表によると、両容疑者は6日午後10時頃から翌7日午前0時5分頃までに、松山市内のホテルで愛媛県内の女子大生に睡眠導入剤を飲ませ、女子大生が昏睡している間に約9200円と財布などが入ったバッグを奪った疑い。
 女子大生と両容疑者は友人募集サイトを通じて知り合ったという。

2015年05月27日 11時58分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

「九条麗子」を名乗り“詐欺” 中心メンバーを起訴(27日)テレビ朝日

架空の資産家「九条麗子」を名乗って金をだまし取ったとして、41人が逮捕された大型詐欺事件で、中心メンバーの11人がより刑罰の重い組織犯罪処罰法違反の罪で起訴されました。
 矢原良二容疑者(35)ら11人は去年10月以降、架空の資産家「九条麗子」を名乗り、「7000万円譲ります」などと嘘のメールを送り、50代から70代の男女7人から5000万円余りをだまし取ったとして、組織犯罪処罰法違反の罪で起訴されました。この詐欺グループは、幹部やアルバイトなどメンバーを11の職位に分け、タイムカードで勤務管理するなど会社のような組織で詐欺を繰り返していたことから、東京地検は組織犯罪処罰法の「組織的詐欺」に当たると判断しました。摘発時に見つかった犯罪収益金とみられる3億円を没収することや詐欺罪よりもより重い刑罰に問うことが可能になります。警視庁はここ数年、詐欺グループの幹部の逮捕とアジト摘発に力を入れています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000051221.html

2009_1229_211958annlogo1_2

| コメント (0)

改正金商法が成立、悪質なファンドに業務停止命令 (27日)日経

高齢者の強引な勧誘や資金の流用などトラブルが目立つプロ向けファンド(適格機関投資家等特例業務)の規制を強める改正金融商品取引法が27日午前の参院本会議で全会一致で可決、成立した。悪質なファンド運営業者に業務停止命令などの行政処分を出せるようにする。一般個人に販売できないよう規制し投資家の被害を防ぐ。http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS26H4Q_X20C15A5EAF000/

| コメント (0)

肩書や報酬でメンバー格付け…電子マネー詐欺(27日)読売

資産家を装った電子マネー詐欺事件で、警視庁に逮捕された無職竹本宗晴容疑者(36)(東京都港区)らが、40人超の犯行グループのメンバーを「幹部」「マネジャー」「社員」などと格付けし、報酬額なども定めていたことが捜査関係者への取材でわかった。
 東京地検は26日、グループで組織的に詐欺を繰り返したとして、竹本容疑者ら11人を組織犯罪処罰法違反で東京地裁に起訴した。
 起訴状などでは、11人は昨年10月~今年3月、架空の資産家を装い、50~70歳代の男女7人に「一定の費用を支払えば多額の現金を受け取れる」などとウソのメールを送信。計約5083万円分の電子マネー「ビットキャッシュ」や現金約149万円をだまし取ったとしている。
 同庁は計41人を詐欺容疑で逮捕したが、地検は残りの30人について、関与が従属的だったなどとして不起訴(起訴猶予)とした。
 捜査関係者によると、竹本容疑者はグループの「代表幹部」で、月額基本報酬は126万円。また、「幹部」は85万円、「マネジャー」は65万円、「社員」は35万円で、「アルバイト」も実績に応じて時給が900~1350円の範囲でランク分けされていたという。
 組織的詐欺は、罰則が「1年以上の有期懲役」で、刑法の詐欺罪(10年以下の懲役)より重い。同庁はグループが昨年11月以降、計約4億4000万円を詐取したとみている。

2015年05月27日 11時02分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

刑務所の食事、カロリー不足で、国に10万円賠償命令(27日)産経

甲府刑務所(山梨県)で提供された主食のおかゆの量が少なく体調不良になったとして、元受刑者の50代男性が国に150万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、甲府地裁は26日、食事のカロリーが少ない月があったと認め、精神的損害に対する慰謝料として国に10万円の支払いを命じた。
 佐久間政和裁判長は、被収容者に提供するエネルギーなどを示した法務省が定める食料給与規程で、男性への主食は1日当たり1300キロカロリーと定められているのに、提供されたおかゆは1099キロカロリーだったと認定。ただ副食と合わせると、最も少ない月で規程の2320キロカロリーより44キロカロリー不足した程度として「長期間不足していたとは言えない」と結論付けた。
 判決によると、男性は平成24年5月に甲府刑務所に入所。奥歯が欠損し、かむのが困難で約2年間、主食におかゆが提供されていた。http://www.sankei.com/affairs/news/150526/afr1505260056-n1.html

| コメント (0)

箱根山、噴火せず沈静化の可能性96% 静岡大が推定(27日)朝日

火山性地震が続く箱根山が、今後どのような経過をたどるかを示す「火山活動シナリオ」を静岡大の小山真人教授(火山学)が作成した。過去の火山活動の履歴をもとに大まかな確率を見積もったところ、噴火に至る可能性は4%、噴火しないままいずれ沈静化する確率が96%となった。

 地質調査などで判明している過去に起きた噴火のタイプを分類。最近の活動の傾向も踏まえて、それぞれの発生確率をまとめた。
 現在起きているような噴気の異常や地殻変動をともなう群発地震は20年に1回程度と想定した。この場合は噴火せず終息するケースが96%で、噴火するケースが4%と見積もられた。噴火した場合は、気象庁が注意を呼びかけている水蒸気噴火になるのが83%、溶岩ドームや溶岩流が生じる噴火は16%、大規模な噴煙や火砕流を伴う「プリニー式噴火」は1%だった。

Logo2
http://www.asahi.com/articles/ASH5V3GV4H5VULZU00C.html

| コメント (0)

高校での特異な行動把握も詳しい捜査せず(27日)NHK

知り合いの女性を殺害した疑いで逮捕された名古屋市の女子大学生が、仙台市の高校に通っていた3年前、同級生ら2人に劇物のタリウムを飲ませたとして再逮捕された事件で、このうち1人が警察に女子大学生の名前や特異な行動を伝えていたのに、事情を聴くなど詳しい捜査が行われていなかったことが分かりました。
知り合いの77歳の女性を殺害した疑いで逮捕された名古屋大学の19歳の女子学生は、仙台市の高校に通っていた3年前に、中学と高校の同級生2人に劇物のタリウムを飲ませて殺害しようとしたとして、今月、殺人未遂の疑いで再逮捕されました。
宮城県警察本部によりますと、被害者2人のうち高校の同級生が、おととし、仙台市内の警察署の当時の捜査員に、この女子学生の名前を挙げたうえで、「ほかの女子生徒に白い粉をなめさせているのを見た」と話し、特異な行動を伝えていたということです。
しかし、調書は作成されず、女子学生から事情を聴くなど詳しい捜査は行われていませんでした。
これについて宮城県警は、県内を中心に薬局などを調べたものの、女子学生がタリウムを買った記録を見つけられなかったためだと説明していて、当時の捜査の過程を調べることにしています。
この事件を巡っては、女子学生の父親が事件の直前に仙台市内の別の警察署を訪れて、「娘が劇物を持っている」と相談していたのに、警察内部で情報が共有されず、捜査の対象にならなかったことも分かっています。

News_pic1_2

| コメント (0)

サイバー攻撃で飼育員の情報ネット流出(27日)NHK

水族館で展示するイルカの入手方法を巡って国際組織から批判を受けた、日本動物園水族館協会の会員用のホームページが、サイバー攻撃を受け、全国の飼育員の電話番号やメールアドレスなどが流出していたことが分かりました。攻撃は、国際的なハッカー集団「アノニマス」を名乗って行われていて、協会は加盟する施設に注意を呼びかけました。
日本動物園水族館協会によりますと、ことし3月、加盟する施設やその飼育員などの情報がネット上に公開されていると、警察などから協会に連絡が寄せられました。
公開されていたのは加盟する施設の飼育員などおよそ2350件のメールアドレスと電話番号などで、加盟する152の動物園や水族館などのうち少なくとも130余りの施設に所属する人の情報が公開されていました。これらの情報は、協会の会員専用のホームページがサイバー攻撃を受けて流出したものとみられ、このページには、イルカなど会員の施設が飼育している生物の入手や繁殖の記録なども保管されていました。
このため協会は一時ホームページを閉鎖し、セキュリティー対策を強化するとともに、会員に注意を呼びかけました。
ネット上に公開された情報には、国際的なハッカー集団「アノニマス」の署名があり、水族館でのイルカやシャチの展示や捕獲に抗議するメッセージにつながる情報が載せられていました。
日本動物園水族館協会は、加盟する水族館がイルカを「追い込み漁」で入手していることについて批判を受け、今月20日、こうした捕獲方法をやめることを国際組織に伝えています。
日本動物園水族館協会の岡田尚憲事務局長は、「これからも狙われるおそれがあるので、再びこのようなことが起きないよう対策を強化したい」と話しています。   

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150527/k10010092961000.html

| コメント (0)

電話で兄に「火付けた」=3遺体火災、逮捕の世帯主-愛知県警(27日)時事

全焼した愛知県豊田市の民家から3人が遺体で見つかった火災で、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕された世帯主の松井芳治容疑者(65)が兄に「火を付けた」と電話で話していたことが27日、分かった。家族の殺害を示唆する手紙も残しており、県警は殺人と放火の疑いでも捜査している。
 県警は死亡したのが妻あや子さん(65)ら同居の3人とみて、確認を進めている。27日には松井容疑者宅を現場検証する。
 県警によると、松井容疑者は火災のあった26日早朝、兄との電話で火を付けたと明かし、「もめ事の相手の所に行く」と話した。直後に同県岡崎市の店舗に現れ、女性に包丁を突き付けているところを、行方を追っていた警察官が取り押さえた。
 包丁2本を所持しており、「自分を刺すために持っていた」と供述。親族らに宛てた手紙では、殺害と放火をほのめかしていた。
 松井容疑者と妻は、この女性と金銭トラブルになっており、今月上旬には同容疑者が県警豊田署に相談に訪れていた。
 女性は取材に対し、松井容疑者とは妻への貸し付けをめぐって3月に初めて会ったと説明。その後、同容疑者から連絡はなかったと話した。(2015/05/27-06:17)

2015/05/27-06:17

| コメント (0)

就寝中に襲い、放火か 愛知県豊田市の住宅火災(27日)共同

焼け跡から3人の遺体が見つかった愛知県豊田市の住宅火災で、1人の遺体は母屋の仏間、2人は倉庫の居室で発見されていたことが27日、捜査関係者への取材で分かった。火災が未明だったことなどから、県警は銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した住人の松井芳治容疑者(65)が就寝中の3人を襲い、放火した可能性もあるとみて調べる。
 捜査関係者によると、松井容疑者は家族3人殺害と放火を示唆する手紙を残しているほか、火災直後の26日早朝、兄に電話で「首を絞めて3人を殺し、放火した」と話していた。

2010_0123_11120247newslogo1
http://www.47news.jp/CN/201505/CN2015052701000753.html

| コメント (0)

点検中に拳銃暴発、巡査部長2人が足に軽傷(27日)読売

神奈川県警横浜水上署は26日、同署屋上で点検作業中に拳銃が暴発し、警察官2人が足に軽傷を負ったと発表した。
 発表によると、26日午前8時35分頃、検査官を務めた警務課の男性警部補(54)が、署員から拳銃を受け取り、弾倉をチェックしようとしたところ、暴発したという。弾丸はコンクリートの床面に当たって跳ね返り、交通地域課の男性巡査長(35)の左足に当たった。刑事課の男性巡査部長(42)の左足にも、弾丸か、弾丸で飛散したコンクリート片が当たった。点検は月1回行っているもので、県警刑事総務課が詳しい状況と原因を調べている。
 同署の浅谷利一副署長は「二度とこのような事が起きないよう指導を徹底したい」としている。

2015年05月26日 19時23分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
 

| コメント (0)

タトゥー:消したい? 医師免許なしの格安店トラブル続発(27日)毎日

ファッション感覚で入れたタトゥー(入れ墨)を就職や結婚前に消したい−−。そんな後悔をしている若者らの需要をあて込み、医師免許を持たずに格安料金で除去を手がける専門店が後を絶たない。利用客が健康被害を訴えるケースもあり、警察は摘発を強めるが、追いついていない。【千脇康平】
 「やばい仕事と分かっているが、『病院で消す金がない』と頼んでくる若い客がいる限り、やめられない」
 大阪府内の6畳ほどのワンルームマンションの一室で、医師免許を持たない30代の男性は入れ墨除去店の営業を続けている。
 繁華街の一角に店を開いたのは2010年春。友人から「もうかりそうな商売がある」と聞き、興味を持った。国が医療機器として認めていない機種のレーザー照射器をインターネットで見つけ、約170万円で買った。
 店のホームページを開設すると、客足は伸びた。費用は1回平均2万円。人気歌手グループのメンバーや有名ファッションモデルのまねをしたという20〜30代の女性たちが多く来店した。「結婚式でウエディングドレスを着たい」「出産したら子どもとプールに入りたい」と除去を望んだ。「警察学校に入る前に消したい」という男性もいた。
 美容外科で500万円はかかると言われた客も、4年かけて50万円で除去した。昨夏までは月100万円の売り上げを記録したこともあったが、大阪府内で違法店の摘発が続くと客足は遠のいた。
 「次は俺が逮捕されるかもしれない」。店の場所を移し、ホームページから電話番号や住所を消した。今は無料通信アプリ「LINE(ライン)」で客と連絡を取り、警察に被害届を出さないと誓った客だけ施術をしている。
 また、関西地方の30代の女性は未承認の照射器を業者から買い、数年前まで店を経営した。20代の頃、左上腕に入れたチョウのタトゥーを自分で消した。
 機器の購入先の業者が大阪府警に摘発され、自分にも捜査が及ぶことを恐れて店をたたんだ。「私は出産を機に母からタトゥーを消してほしいと頼まれた。店には子育て世代の女性が多く訪れた」と語った。

続きを読む "タトゥー:消したい? 医師免許なしの格安店トラブル続発(27日)毎日"

| コメント (0)

« 2015年5月26日 | トップページ | 2015年5月28日 »