« 高崎駅ビルなどで硫酸かけられ女性2人ケガ(3日)日本テレビ | トップページ | 30回盗撮の自衛官停職=住居侵入罪で起訴-陸自(3日)時事 »

2015年4月 3日 (金)

宮城に出向の警官13人が着任式 「被災者に安心を」(3日)共同

東日本大震災で被災した宮城県で、仮設住宅のパトロールなどに当たるため、全国の警察から新たに宮城県警に特別出向した警察官13人の着任式が3日、県警本部で開かれた。横内泉本部長は「復興の礎となる治安の確保は最重要課題。積極的に全力で取り組んでほしい」と訓示した。
 1日付で愛知県警から赴任した日比野圭祐巡査部長(33)は式を終え「まだ不安の中で暮らしている方も多いので、少しでも安全と安心を与えられる仕事がしたい」と力を込めた。
 2015年度は前年度からの任期延長者と、退職まで宮城で働く永久出向者の計2人を含めて、出向者は計15人。

2010_0123_11120247newslogo1_3http://www.47news.jp/CN/201504/CN2015040301001422.html

« 高崎駅ビルなどで硫酸かけられ女性2人ケガ(3日)日本テレビ | トップページ | 30回盗撮の自衛官停職=住居侵入罪で起訴-陸自(3日)時事 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高崎駅ビルなどで硫酸かけられ女性2人ケガ(3日)日本テレビ | トップページ | 30回盗撮の自衛官停職=住居侵入罪で起訴-陸自(3日)時事 »