« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | マンション火災で飛び降りたか 女性死亡(12日)NHK 大阪 »

2015年4月12日 (日)

支柱倒壊、線路遮る=山手線、脱線事故の恐れも-運休で41万人影響・JR東(12日)時事

0150412at24_t1
12日午前6時10分ごろ、JR神田-秋葉原間の線路敷地内で、架線の支柱が倒れているのを京浜東北線の運転士が発見した。この影響で、山手線と京浜東北線が約9時間半にわたり、一部区間で運転を見合わせた。けが人はなかった。倒れた支柱は山手線内回りの線路に接触しており、気付かずに山手線の電車が通過した場合、脱線事故が起きた可能性もあった。
 午後3時50分ごろ全線が復旧したが、運行本数は終日、通常の半数程度になり、41万人が影響を受けた。13日は始発から通常運転の予定。
 JR東日本によると、現場は高架の上で、秋葉原駅から神田駅方向に約250メートルの地点。鋼鉄製の支柱2組計4本(いずれも高さ約7メートル)が、山手線の内回りと外回りの線路の間で倒れたり、傾いたりしているのが見つかった。
 2組の支柱はケーブルで連結されており、架線がたるまないよう、横向きに5トン近い力で引っ張られていた。JR東が3月25日に行った工事で、うち1組と別の柱とを結ぶ部品を撤去したため、この1組の強度が低下して倒壊し、もう1組も傾いた可能性がある。
 JR東は10日に支柱の傾きを確認し、13日に対策工事を計画していた。11日夜にも運転士から「傾いている」と指摘があったという。
 記者会見した福田泰司常務は、脱線事故の恐れがあったことを認めた上で、「多くのお客さまにご迷惑をかけ、深くおわびする」と謝罪した。(2015/04/12-20:40)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%BB%FE%BB%F6%C4%CC%BF%AE&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | マンション火災で飛び降りたか 女性死亡(12日)NHK 大阪 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | マンション火災で飛び降りたか 女性死亡(12日)NHK 大阪 »