« 詐欺の振込口座カード買い取った疑い、男を逮捕 (10日)TBS | トップページ | “大麻栽培”雨漏りの通報で発覚 練馬のマンション(10日)テレビ朝日 »

2015年4月10日 (金)

感染PC、国内外8万2千台=被害防止でウイルス無力化-ネット銀不正送金・警視庁(10日)時事

警視庁は10日、インターネットバンキングの不正送金の原因となるウイルスに、国内外の約8万2000台(うち国内約4万4000台)のパソコン(PC)が感染したと発表した。同庁は民間のセキュリティー会社と連携し、感染PCのウイルス無力化も始めた。捜査機関が直接、ウイルス無力化に当たるのは世界でも極めて異例という。
【図解・社会】インターネットバンキングの不正送金被害

 警視庁サイバー犯罪対策課は昨年8月、不正送金被害にあった石川県の30代女性のPCからウイルスを見つけ、不正送金を指示していた国外に設置されたサーバーを複数把握。サーバーへの接続記録から、ウイルス感染のPCを確認した。
 同庁はサーバーの1台を監視し、サーバーが有害なデータを感染PCに送る代わりに、無害なデータを送ってウイルスの機能を無力化するシステムを情報セキュリティー会社「セキュアブレイン」(東京都千代田区)と開発。4月から感染PCの無力化を開始した。
 また、全国のプロバイダー約300社を通じて、感染PCの利用者にウイルス駆除を注意喚起。国外分は国際刑事警察機構(ICPO)を通じ、数十カ国の捜査機関への情報提供を始めた。
 同庁によると、ウイルスはウェブブラウザー(ネット閲覧ソフト)を乗っ取り、ネットバンキングの偽画面を表示する「MITB(マンインザブラウザー)」と呼ばれる手口で攻撃していた。
 感染PCで利用者がネット銀行のサイトに接続すると、ワンタイムパスワードなどの入力を求める偽画面を表示。パスワードを入力すると待機画面を表示しながら、裏で自動的に振込先を変更し、不正送金される仕組みとなっている。(2015/04/10-12:15)

2015/04/10-12:15

« 詐欺の振込口座カード買い取った疑い、男を逮捕 (10日)TBS | トップページ | “大麻栽培”雨漏りの通報で発覚 練馬のマンション(10日)テレビ朝日 »

ネット犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 詐欺の振込口座カード買い取った疑い、男を逮捕 (10日)TBS | トップページ | “大麻栽培”雨漏りの通報で発覚 練馬のマンション(10日)テレビ朝日 »