« 茨城や千葉でも…重要文化財に液体まかれる(9日)日本テレビ | トップページ | 強盗致傷:盗難届通帳でATMの男、郵便局でスプレー噴射(9日)毎日 »

2015年4月 9日 (木)

指定暴力団工藤会系の組長と取引か 福岡の金融機関(9日)朝日

 福岡県内の地場金融機関が2001年7月から今年3月まで、指定暴力団工藤会(本部・北九州市)系の組長(故人)が所有していたビルなどに極度額2400万円の根抵当権を設定し、融資をしていたとみられることが、関係者への取材でわかった。金融庁は金融機関に対し、暴力団関係者と取引をしないことや、既存の取引の解消を求めている。
 登記簿などによると、根抵当権が設定されたのは、同市八幡西区に00年12月に新築された鉄骨4階建てのビルや隣接地。金融機関は01年7月に組長を債務者とした根抵当権を設定し、今年3月に解除した。組長は昨年5月に死亡し、ビルなどの所有権は、相続によって現在の所有者に移った。
 捜査関係者によると、ビルには当初から工藤会理事長代行の組の事務所が入居していたほか、所有者だった組長の組も一時期、事務所を置いていたという。理事長代行は、現在の所有者からこのビルを乗っ取ろうとしたとして、恐喝未遂罪などで逮捕、起訴された。

Logo2_3
http://www.asahi.com/articles/ASH4942BHH49TIPE00B.html

« 茨城や千葉でも…重要文化財に液体まかれる(9日)日本テレビ | トップページ | 強盗致傷:盗難届通帳でATMの男、郵便局でスプレー噴射(9日)毎日 »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 茨城や千葉でも…重要文化財に液体まかれる(9日)日本テレビ | トップページ | 強盗致傷:盗難届通帳でATMの男、郵便局でスプレー噴射(9日)毎日 »