« 新幹線乗った人も…「上京型」詐欺未遂相次ぐ(1日)読売 | トップページ | 車検切れのパトカーで取り締まり 和歌山・湯浅署(1日)共同 »

2015年4月 1日 (水)

女性だけの鑑識班発足、埼玉 性被害者の負担減へ(1日)西日本

女性警察官だけで構成された機動鑑識班が1日、埼玉県警で発足した。性犯罪事件の発生直後に駆け付け、事情聴取などで被害者の精神的負担を減らすのが狙いで、全国初の試みという。
 班員は20~40代の巡査と巡査部長の6人。泊まりと明け勤務、休みの3交代24時間体制で、被害に遭った女性に付着したDNA採取や被害状況の聴取など、初動捜査に当たる。
 性犯罪事件では、男性警察官による捜査が被害女性の負担となるケースがあり、警察の課題の一つとなっていた。県警では非番の女性警察官を呼び出すこともあったという。http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/160005

« 新幹線乗った人も…「上京型」詐欺未遂相次ぐ(1日)読売 | トップページ | 車検切れのパトカーで取り締まり 和歌山・湯浅署(1日)共同 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新幹線乗った人も…「上京型」詐欺未遂相次ぐ(1日)読売 | トップページ | 車検切れのパトカーで取り締まり 和歌山・湯浅署(1日)共同 »