« 首相官邸にドローン落下、テロ対策の弱点が顕在化 (22日)日経 | トップページ | 女子高校生の体触った疑い 警視庁の巡査長を逮捕 埼玉(23日)朝日 »

2015年4月23日 (木)

工藤会理事長代行ら、殺人などの疑いで逮捕へ 福岡県警(23日)朝日

 福岡県中間市で2008年9月に指定暴力団工藤会(本部・北九州市)傘下の組幹部が射殺された事件に関与した疑いが強まったとして、県警は、工藤会理事長代行の木村博被告(62)=恐喝未遂罪などで公判中=らを殺人などの疑いで近く逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。
 事件は08年9月10日未明に発生。木村被告が組長を務める組の幹部だった安高(あたか)毅・相談役(当時66)が中間市桜台2丁目の自宅で、頭や胸など計4カ所を拳銃で撃たれて死亡した。
 この事件で県警は、09年9~10月に木村被告を含め計5人を殺人と銃刀法違反の疑いで逮捕。木村被告ら3人は福岡地検小倉支部が処分保留で釈放したが、木村被告の組の幹部と別の工藤会傘下の組員の2人が起訴された。13年4月、組幹部を無期懲役とし、組員を無罪とする高裁判決が確定した。

Logo2
http://www.asahi.com/articles/ASH4Q5WKLH4QTIPE03Q.html

« 首相官邸にドローン落下、テロ対策の弱点が顕在化 (22日)日経 | トップページ | 女子高校生の体触った疑い 警視庁の巡査長を逮捕 埼玉(23日)朝日 »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 首相官邸にドローン落下、テロ対策の弱点が顕在化 (22日)日経 | トップページ | 女子高校生の体触った疑い 警視庁の巡査長を逮捕 埼玉(23日)朝日 »