« 携帯GPS情報、本人通知せず捜査に活用 指針見直しへ(17日)朝日 | トップページ | 路上で男性死亡、 危険運転致死とひき逃げ容疑で男逮捕 (17日)TBS »

2015年4月17日 (金)

痴漢やめて「×」シール、相手に印も 埼玉県警が考案(17日)朝日

As20150415002247_comml1

 痴漢犯罪の撲滅を掲げる県警鉄道警察隊が「チカン抑止シール」を作成し、無料で配布する活動を進めている。携帯電話などに簡単に貼ることができ、痴漢に対する強い警戒心をアピールできるメリットがある。「怖くて声が出せない」などという痴漢被害者の声を基に、女性隊員が中心となって考案した。沢登真珠枝・同隊長は「痴漢防止への意識が高まれば」と効果に期待を寄せる。
 シールは神奈川県シール印刷協同組合が県警から発注を受けて開発。2009年から組合が販売していた「痴漢撃退シール」で使った技術が基になっているという。県警が作成した抑止シールは計4千枚。大きさは直径約1・5センチで、表面には「さわらないで!」という表記がある。
 使い方も簡単だ。痴漢かな、と思ったときにはまず、携帯電話などに貼ったシールを相手に見せて警告する。それでも痴漢行為が止まらない場合には、2枚重ねになっているシールの上1枚をはがし、赤い「×」印を犯人の手に押しつける――という二段構えだ。赤いインクはこすっただけでは落ちにくい油性の顔料素材で、痴漢の犯人の手には証拠が残るという。

Logo2
http://www.asahi.com/articles/ASH3P5FT4H3PUTNB00B.html

« 携帯GPS情報、本人通知せず捜査に活用 指針見直しへ(17日)朝日 | トップページ | 路上で男性死亡、 危険運転致死とひき逃げ容疑で男逮捕 (17日)TBS »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 携帯GPS情報、本人通知せず捜査に活用 指針見直しへ(17日)朝日 | トップページ | 路上で男性死亡、 危険運転致死とひき逃げ容疑で男逮捕 (17日)TBS »